原材料や成分などからおすすめドッグフードを紹介

ドッグフードの評価

ZENドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

投稿日:2019-09-18 更新日:

犬

この記事で紹介するのは、最高級の原料を使用した国産のプレミアムドッグフード「ZEN」です。

ZENは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか?

この記事では、「ZEN プレミアムドッグ グレインフリー ベニソン 小粒」を原材料や成分表などから評価していきたいと思います。

実際に購入した飼い主の方の口コミやお得な購入方法なども紹介しているので、今後のドッグフード選びの参考にしてみてください。

ZENの概要

総合ポイント4pt

商品名 ZEN プレミアムドッグ グレインフリー ベニソン 小粒
販売業者 有限会社UGペット
フードの目的 総合栄養食
タイプ ドライタイプ
添加物 不使用
穀物 不使用(グレインフリー)
原産国 日本
対象年齢 オールステージ対応

原材料

好ましくない原材料は赤色で表示しています。

危険な原材料についてはこちらを参照ください。

日本鹿生肉、あずき、乾燥さつまいも、乾燥じゃがいも、クリル、アルファ化でん粉、えごま粉、りんご、ココナッツオイル、魚油、乾燥酵母、黒ごま粉、オリゴ糖、ブルーベリー、えのき、カシス、難消化性デキストリン、サイリウム、リモナイト、亜麻仁油、オリーブオイル、乾燥ごぼう、純りんご酢、柑橘果皮粉末、乳酸菌生成抽出物、海藻粉末、ガーリック粉、パセリ、タイム粉、ターメリック粉、緑茶カテキン抽出物、ビタミンP(ヘスペリジン)、グレープシード抽出物、フェルラ酸、ミルクペプチド、ショウガ抽出物、カンゾウ抽出物、エンジュ抽出物(ルチン)、マリーゴールド抽出物(ルテイン含有)、有胞子性乳酸菌/アミノ酸類(タウリン)、ミネラル類(焼成カルシウム、亜鉛酵母、塩、銅酵母、マンガン酵母)、ビタミン類(C、E、B3、B5、B1、B6、B2、A、B9、D、B12)、酸化防止剤(クエン酸、ローズマリー抽出物)

成分表

成分表の見方についてはこちらを参照ください。

粗タンパク27.5%以上、粗脂肪7.5%以上、粗繊維5.0%以下、水12.0%以下
エネルギー(100gあたり):341kcal

ZENの評価

総合ポイント4pt

原材料 5pt
添加物 4.5pt
アレルギー 5pt
成分 3.5pt
コスパ 2pt

原材料:粗悪な原料を使用していないか?

危険な食材 特になし

粗悪な原料は特に含まれていません。

ヒューマングレードを使用しているので、原材料の品質はとても高いです。

原産地も公表されているので安心して利用できます。

添加物:危険な添加物は使用していないか?

【危険な添加物】

エトキシキン(酸化防止剤) なし
BHA(酸化防止剤) なし
BHT(酸化防止剤) なし
合成着色料 なし
没食子酸プロピル(酸化防止剤) なし
ソルビン酸カリウム(保存料) なし
亜硝酸ナトリウム(発色剤) なし
プロピレングリコール(保湿剤) なし
グリシリジン・アンモニエート(甘味料) なし

危険性のある添加物は使われていません。

ビタミンやミネラルといった栄養添加物を使用していますが、素材だけでは不足しがちな栄養を補うもので危険性はありません。

アレルギー:アレルギーになりやすい食材を使用していないか?

【アレルギーの原因になりやすい食材】

牛肉 なし
小麦 なし
とうもろこし なし
大豆 なし
乳製品 なし

アレルギーになりやすい食材は含まれていません。

穀物不使用でグレインフリーのドッグフードです。

成分:栄養バランスは?

成分 数値 高〜低
タンパク質 27.5%以上 標準
脂質 7.5%以上 低め
繊維質 5.0%以下 標準
灰分
水分 12.0%以下
カロリー 341kcal/100g 標準

タンパク質が27.5%以上と健康維持に十分なタンパク質を摂ることができます。

脂質とカロリーは控えめでヘルシーなドッグフードです。

オールステージ対応ですが、パピー犬に与えるには脂質が低めです。

コスパ:価格は適切か?

価格 2,948円(税込)※楽天市場参照
容量 700g
100gあたりの価格 421円

100gあたり421円とドッグフードの中では非常に高額です。

その分品質も高く、高品質・高価格なドッグフードとなっています。

ZENの特徴

国内生産

海外産ドッグフードは輸入の際に高温の船内で長い時間かけて輸送されるので、どうしても品質が低下してしまうことがあります。

ZENは、衛生管理の徹底した国内の工場で生産されているので品質や安全性が高いです。

原材料についても、日本でほとんど生産されていないもの以外は国産のものを使用しています。

国産原料・国内生産により、入手安定性と高い品質を保つことができます。

低温調理

一般的なドッグフード高温で一気に調理することが多いですが、ZENは低温で丁寧に調理されています。

低温で調理することで油脂の酸化や栄養の損失を防ぐことができ、素材本来の良さを活かすことができます。

グレインフリー

原材料には、穀物が一切使用されてません。

犬は穀物に対してアレルギーを持っていることがあるので注意すべき食材の一つです。

グレインフリーであるZENは、穀物にアレルギーを持っているワンちゃんにも安心して与えることができます。

添加物不使用

合成着色料や合成保存料などの危険な添加物は使用されていません。

人工添加物を与えると、アレルギー反応を引き起こしたり健康に悪影響を与える恐れがあります。

ZENはビタミンやミネラルといった栄養添加物しか添加されていないので安全性が高いです。

酸化防止剤についても、安全性の高い天然由来のものを使用しています。

ニンニクやブドウは大丈夫?

気になる原材料として、ガーリック粉とグレープシード抽出物があります。

グレープシード抽出物とは、ブドウの種子から抽出されたエキスのことです。

ニンニクやブドウは、犬に与えてはいけない食べ物として知られているため不安を感じてしまいます。

しかし、ドッグフードに使用されている量では健康に悪影響を与えることはありません。

適量であれば犬にとってメリットの多い食材です。

口コミ・評判

初めて利用しましたが、残さず食べてくれました。
小粒なので小型犬でも食べやすそうです。
偏食気味の子ですが、美味しそうに食べています。
これにしてからウンチのニオイが軽減されたように感じます。
ZENに切り替えてからウンチが真っ黒になりました。
食いつきは最初の勢いがなくなりましたが食べてくれています。
高品質な食材を使っていていいドッグフードだと思います。
価格以外は特に不満はありません。

食いつきは比較的好評で、国産ということで安心して与えられるようです。

ウンチが黒くなった、ウンチのニオイが減ったという感想もいくつかみられました。

リモナイトによる効果が表れているようです。

粒の大きさ

ZEN ドッグフード

直径が約0.7cmで丸型の形状をしています。

ドッグフードの中でも小粒なので、小型犬でも食べやすいサイズです。

また、消化能力の低い幼犬やシニア犬、フードを丸呑みしがちなワンちゃんにもおすすめの大きさです。

与え方

ZENの1日あたりの給与量は以下になります。

ZEN 給与量

こちらの数値を参考に与えるようにしましょう。

ただし、個体差によって変わるので目安として考えるようにしてください。

適切な給与量は犬種、性別、年齢、運動量などによって異なります。

体重の増減や便の状態などを見ながら調整していくようにしてください。

ドッグフードの切り替え方

ドッグフードを切り替える時は、徐々に新しいものへ切り替えていくことをおすすめします。

急に新しいドッグフードに切り替えると、場合によっては下痢や嘔吐などを引き起こすことがあります。

愛犬の身体への負担を軽減させるためにも、便の状態や体調などを見ながら少しずつ新しいフードに慣れさせるようにしてください。

1〜3日目
前のフードをメインに新しいフードを少量ずつ混ぜる。

4〜6日目
新しいフードの割合を少しずつ増やしていく。

7〜10日目
最終的に新しいドッグフードのみにする。

お腹の弱いワンちゃんには、もう少し時間をかけて切り替えるようにしてください。

賞味期限と保存方法

愛犬のためにも、賞味期限を守り、適切な方法で保存するようにしてください。

ZENの賞味期限

ZENは、開封してから1ヶ月以内に使い切るようにしてください。

賞味期限が切れてしまったドッグフードは、愛犬の健康を損なう可能性があるので与えないようにしましょう。

上記の期限は、正しい方法で保存した場合の日付である点に注意してください。

正しい保存方法

ドッグフードが酸化しないために、できるだけ空気に触れさせないようにすることが大切です。

ZENはパッケージにチャックがついているので、中の空気を抜いてチャックをしっかり閉めるようにしてください。

保管場所は、劣化を防止するために冷暗所に保管してください。

冷暗所とは、多温多湿にならず直射日光の当たらない場所のことです。

冷蔵庫で保存する方もいるようですが、ドライフードは冷蔵庫で保存するのは避けるようにしてください。

外と冷蔵庫内の温度差によって結露が生じ、カビが発生することがあります。

ドライフードは、できるだけ常温で保存するようにしましょう。

商品ラインナップ

ZENには、以下のラインナップがあります。

  • グレインフリー フィッシュ
  • グレインフリー ワイルド ボア
  • グレインフリー ベニソン
  • ワイルド ボア アダルト&シニア
  • ベニソン アダルト&シニア

商品サイズは、700g/4kg/8kgがそれぞれ用意されています。

まとめ

犬

原材料の質も良く、グレインフリーでアレルギーにも配慮されています。

ガーリック粉やグレープシード抽出物が気になる方もいると思いますが、健康に悪影響を与えない程度の量しか含まれていないので問題ありません。

良質で安全性の高いドッグフードですが、非常に高額な点がネックです。

毎食利用するには現実的ではない価格なので、フードのローテーションの一つとして利用してみてはいかがでしょうか。

-ドッグフードの評価

          

関連記事

犬

スマイリードッグフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、乳酸菌配合の国産無添加ドッグフード「スマイリー」です。 スマイリーは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか? この記事では、「スマイリー チキンdeli」を原材料や …

犬

犬心を原材料から評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、様々な病気に対応した療法食フード「犬心」です。 犬心は、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。 ここでは、「犬心 糖&脂コントロール」を原材料や成分表などか …

犬

ピッコロドッグフードを原材料から評価|口コミや評判を紹介

シニア犬向けに作られたプレミアムドッグフード「ピッコロ」。 ピッコロは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか? ここでは、ピッコロを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 実際 …

犬

グゥード(goood)ドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、国産で無添加の生食ドッグフード「グゥード」です。 グゥードは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか? ここでは、「グゥード チキン」を原材料や成分表などから評価して …

犬

ANFドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、最新の栄養学(ADVANCE NUTRITION FORMURA)を活かして作られたドッグフード「ANF」です。 ANFは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか? …