原材料や成分などからおすすめドッグフードを紹介

ドッグフードの評価

ティンバーウルフドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

投稿日:2019-01-02 更新日:

犬

ティンバーウルフを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。

ここでは、「ティンバーウルフ オーシャンブルー レジェンド」を例に紹介していきます。

実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、今後のドッグフード選びの参考にしてみてください。

ティンバーウルフの概要

総合ポイント4.5pt

評価
原材料  :
添加物  :
アレルギー:
成分   :
コスパ  :
商品名 ティンバーウルフ オーシャンブルー レジェンド
販売業者 FRONTBELL
フードの目的 総合栄養食
タイプ ドライタイプ
価格 10,368円(税込)※Amazon参照
容量 5.45kg
100gあたり価格 192円
添加物 不使用
穀物 不使用
原産国 アメリカ
対象年齢 全年齢

ティンバーウルフの特徴

豊富な動物性タンパク質

ティンバーウルフは、動物性タンパク質の含有量が80%と非常に高いです。

ヒューマングレードの原料のみを使用し、ラムやサーモンといった良質な肉類を主原料としています。

動物性タンパク質を豊富に摂取することができるので、運動量が多いワンちゃんに向いているフードです。

人工添加物無添加

原材料には、合成着色料や合成保存料などの人工添加物を使用していません。

人工添加物は、与え続けると犬の健康を害する恐れがあるので、含まれていないものが望ましいです。

酸化防止剤には、天然由来のローズマリー抽出物が使用されているので安全性が高いです。

グレインフリー

原材料に、穀物が一切使用されていません。

犬は、穀物に対してアレルギーを持っていることがあるので気をつける必要があります。

穀物不使用のグレインフリーであれば、穀物アレルギーのワンちゃんにも安心して与えることができます。

肉副産物は不使用

原材料の表記に、ラムミールやサーモンミールと記載されている点が気になった方もいると思います。

一般的に、〇〇ミールと表記されている肉類は、肉副産物などの粗悪な原料から作られていることが多いです。

しかし、ティンバーウルフは肉副産物は使用していないことが明記されているので安心です。

ティンバーウルフの原材料

好ましくない原材料は赤色で表示しています。

危険な原材料についてはこちらを参照ください。

ラムミール、サーモンミール、ホワイトフィッシュミール、ラム、サーモン、レンズ豆、鶏脂肪、ヒヨコ豆、カボチャミール、エンドウ豆、乾燥ビーツ、サーモンオイル、ハーブブレンド:(シナモン、ローズマリー、クミン、コリアンダー、ターメリック、ウイキョウ種子、バジル、コロハ、粉末ショウガ、ペパーミント、タイム)、亜麻仁、出芽酵母、乾燥アルファルファ、乾燥サツマイモ、野菜ブレンド:(ニンジン、セロリ、ビーツ、パセリ、レタス、クレソン、ホウレン草)、乾燥トマト、海藻、ビタミンミックス:(B5、B12、E、B2、B1、B6、葉酸、A、ナイアシン、ビオチン、D3)、キレートミネラルミックス:{タンパク化合物}(亜鉛、鉄、マンガン、銅、ヨウ素、コバルト)、乾燥リンゴ、海塩、レシチン、塩化コリン、塩化カリウム、メチオニン、タウリン、プレバイオティクス:(イヌリン、フラクトオリゴ糖、マンナンオリゴ糖)、プロバイオティクス:(ラクトバチルス・アシドフィルス菌、バチルス・サブチリス菌、ビフィドバクテリウム・サーモフィラム菌、エンテロコッカス・フェシウム菌、ビフィドバクテリウム・シュードロングム)、L-カルニチン、ユッカシジゲラ、ローズマリー抽出物

ティンバーウルフの成分表

成分表の見方についてはこちらを参照ください。

粗タンパク質34%以上、 粗脂肪16%以上、 粗繊維質4%以下、 粗灰分11%以下、 水分9%、オメガ6脂肪酸3.0%、 オメガ3脂肪酸1.5%
エネルギー(100gあたり):406kcal

口コミ・評判

フードの匂いも良く、あっという間に食べてしまいます。
毛並みが以前に比べて、明らかに良くなりました。
食の細い子でしたが、ティンバーウルフにしてから食欲が旺盛になりました。
粒が小粒で食べやすそうです。
相当美味しいようで、あっという間に食べてしまいます。
便も軟便にならずちょうど良いです。
食いつきも体調も良好です。
原材料も良質なので安心して利用できます。

食いつきに関しては、ほとんどの方が満足しているようです。

毛並みが改善されたという感想も多数見られました。

まとめ

犬

ティンバーウルフについて評価しました。

原材料や栄養バランスなど、あらゆる面で高水準なドッグフードです。

コスパにも優れているので、主食としておすすめできるフードです。

残念なのが、商品の供給が安定しないとの理由から、在庫限りで販売が終了となることです。

主食として利用し続けるは難しいですが、気になる方は一度試してみてください。

また、(株)フロントベルでは、本製品の替わりに「ウルフブラット」を販売中なので、そちらもチェックしてみてください。

-ドッグフードの評価

          

関連記事

犬

プリモドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、生肉に近い食事を提供するドッグフード「プリモ」です。 プリモは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。 ここでは、プリモを原材料や成分表などから評価していきたいと思 …

犬

プリスクリプションw/dを原材料から評価|口コミや評判を紹介

ここでは、ヒルズのプリスクリプションw/dを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、今後のドッグフード選びの参考にしてみてください。 …

犬

プロフェッショナルバランスドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

プロフェッショナルバランスを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 ここでは、「プロフェッショナルバランス 1歳から 成犬用」を例に紹介していきます。 実際に購入した飼い主の方の口コミなど …

犬

ワイソン(WYSONG)ドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、40年間にわたり研究開発を行い続けているドッグフード「ワイソン」です。 ワイソンは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか? この記事では、「ワイソン アダルト」を原 …

犬

犬用ニュートロワイルドレシピを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、犬の祖先が食べていた食事を再現したドッグフード「ニュートロ・ワイルドレシピ」です。 ワイルドレシピは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。 ここでは、「ニュートロ …