原材料や成分などからおすすめドッグフードを紹介

ドッグフードの評価

ニュートロシュプレモを原材料から評価|口コミや評判を紹介

投稿日:2018-10-28 更新日:

犬ここでは、ニュートロシュプレモ(小型犬用・成犬用)を原材料や成分表などから評価していきたいと思います。

実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、今後のドッグフード選びの参考にしてみてください。

ニュートロシュプレモの概要

総合ポイント3.9pt

評価基準
原材料   :
安全性   :
栄養バランス:
コスパ   :
食いつき  :
商品名 ニュートロシュプレモ 小型犬用 成犬用
販売業者 マースジャパン
フードの目的 総合栄養食
フードのタイプ ドライタイプ
価格 3,498円(税込)※Amazon参照
容量 3.0kg
100gあたり価格 116円
合成酸化防止剤 不使用
合成保存料・合成着色料 不使用
穀物 玄米等
原産国 アメリカ
対象年齢 生後8ヵ月以上の成犬向け
賞味期限 開封前は6ヶ月、開封後は1ヶ月が目安

ニュートロシュプレモの原材料

好ましくない原材料は赤色で表示しています。

危険な原材料についてはこちらを参照ください。

チキン(肉)、チキンミール、玄米粗挽き米、米糠、鶏脂※、ラムミール、サーモンミール、タンパク加水分解物、エンドウタンパク、ひまわり油※、亜麻仁、ビートパルプオーツ麦、ココナッツ、チアシード、乾燥卵、トマト、ケール、パンプキン、ホウレン草、ブルーベリー、リンゴ、ニンジン、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸)
※ミックストコフェロールで保存

第一主原料には、チキンを使用しています。

玄米やオーツ麦などの穀物が使用されていますが、これらは穀物の中でもアレルギー性の低いものです。

ただし、穀物にアレルギーを持つワンちゃんにあげるのは避けた方が良いでしょう。

酸化防止剤として、ミックストコフェノールやローズマリー抽出物などが使用されていますが、これらは天然型の酸化防止剤です。

ニュートロシュプレモの成分表

成分表の見方についてはこちらを参照ください。

粗タンパク質 : 26.00%以上、脂質 : 15.0%以上、粗灰分 : 10.5%以下、粗繊維 : 4.00%以下、水分 : 10.00%以下
エネルギー(100gあたり):360kcal

タンパク質が26%以上含まれているので、健康を維持するのに十分な栄養を摂ることができます。

脂質やカロリーも平均的で、バランスのとれたフードとなっています。

ニュートロシュプレモの特徴

主原料に肉を使用

シュプレモは、主原料にチキンなどの肉類を使用しています。

そのため、豊富な動物性タンパク質を摂取することができます。

もともと肉食動物である犬にとって、動物性タンパク質は重要な栄養源となります。

ホリスティック・ブレンド

シュプレモの大きな特徴の一つに、ホリスティックブレンドがあります。

ホリスティックブレンドとは、自然素材同士を最適に組み合わせることにより、栄養素による相互作用を引き出すブレンド方法です。

これにより、さらに美味しさが増し、より高い栄養価を引き出すことができます。

チキンミールやラムミールは大丈夫?

シュプレモには、チキンミール・ラムミール・サーモンミールが含まれています。

一般的に、○○ミールと記載されている肉類には、4Dミートや副産物といった低品質な肉類が含まれていることがあります。

しかし、シュプレモには4Dミートや副産物は含まれていないようなので安心です。

気になるのは、以前は「乾燥チキン」という表記だったのにも関わらず、最近になって「チキンミール」と表記を変えた点です。

中身は同じのままただ表記を変えただけなのか、お肉のグレードを落としたのか、それとも他の理由があるのか詳細は分かりません。

ただ、副産物のような健康に害を与える恐れがある肉類は含まれていないので、心配はいらないでしょう。

気になる原材料

ビートパルプは、甜菜(砂糖大根)から糖分等を絞りいとった残りカスのことです。

製造過程で使用される薬剤が残留している恐れや過剰摂取で便秘になる可能性があります。

タンパク加水分解物とは、フードにコクやうま味を与えるアミノ酸混合物です。

3つの製造方法(塩酸分解法、酵素分解法、熱水抽出法)があり、塩酸分解法で製造すると、クロロプロパノールという発ガン性の疑いがある物質が少量生成されることが分かっています。

シュプレモがどの製造方法か分からないので、安全性に不安を感じます。

口コミ

あっという間に食べ終わってしまうほど食いつきは良いです。
価格についても、全然許容範囲です。
色々試して、結局シュプレモに戻ってきました。
他のフードだと便の状態が悪いので、これからもこちらを与え続けます。
「乾燥チキン」だった表記が、「チキンミール」に変わっていました。
副産物は使用していないとのことですが、なぜ表記を変えたのか疑問です。
以前から気になっていたので、購入してみました。
シュプレモにしてから毛並みや毛ツヤが良くなった気がします。

食いつきについては、おおよそ高評価のようです。

涙やけや毛並みの改善など、外見上の効果も見られるようです。

まとめ

ニュートロシュプレモについて紹介しました。

気になるとこは、やはり「チキンミール」「ラムミール」といった表記だと思います。

副産物は使用していないので、危険性はないと思われます。

安全性も高く、バランス良いフードだといえるでしょう。

-ドッグフードの評価

          

関連記事

犬

サクラペットフードを原材料から評価|口コミや評判を紹介

サクラペットフードを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 ここでは、「サクラペットフード ドライフード」を例に紹介していきます。 実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、 …

犬

家族のごはんを原材料から評価|口コミや評判を紹介

家族のごはんを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 ここでは、「家族のごはんすき焼味」を例に紹介していきます。 実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、今後のドッグフード …

ランミールを原材料から評価|口コミや評判を紹介

ランミールを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 ここでは、「ランミール ビーフ&バターミルク味」を例に紹介していきます。 実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので …

犬

ブリスミックスを原材料から評価|口コミや評判を紹介

ブリスミックスについて評価していきます。 ここでは、小型犬全年齢対象の「ブリスミックス ラム 小粒」を例に紹介していきます。 実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、今後のドッグフード …

犬

ヤラー(オーガニック)を原材料から評価|口コミや評判を紹介

ヤラー(オーガニック)を原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 ここでは、「ヤラー オーガニックドッグフード チキン」を例に紹介していきます。 実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介し …