原材料や成分などからおすすめドッグフードを紹介

お役立ち

初心者向けの飼いやすい小型犬ランキング

投稿日:2018-09-28 更新日:

犬

犬を飼いたいけど、たくさんの犬種があって、どの種類の犬を飼ったらいいのか迷ってしまいますよね。

愛犬を選ぶのは様々な基準があると思いますが、飼いやすい犬種が良いという人もいると思います。

ここでは、初心者にオススメの飼いやすい小型犬ランキングを紹介したいと思います。

No.1 トイプードル

犬

トイプードルは、可愛らしくてとても人気がありますが、とても飼いやすい犬種であることも特徴です。

社交的で、賢いのでしつけもしやすいです。

また、毛が抜けにくいので、室内が毛だらけになる心配も有りません。

無駄吠えも少ない犬種ですので、近所迷惑になることもないでしょう。

人懐っこく、甘えん坊なので、飼い主に依存しすぎてしまわないように注意してください。

No.2 シーズー

犬

ラサ・アプソとペキニーズを掛け合わせて作った小型犬のシーズーは、とても穏やかな性格をしています。

大人しく、無駄吠えも少ないので、高齢者の方でも飼いやすいでしょう。

抜け毛も少なく、賢いのでしつけもしやすいです。

頑固な一面がありますので、しつけはしっかりと行いましょう。

耳が垂れているので、耳の病気には注意してください。

No.3 ヨークシャテリア

犬

ヨークシャテリアは、美しい被毛が特徴で別名「動く宝石」とも言われます。

無駄吠えや抜け毛が少なく、運動量も少なくて大丈夫なので、老若男女におすすめできます。

頑固で負けん気が強いところがあるので、番犬としても活躍できるでしょう。

物覚えが良いので、トレーニングがしやすいです。

チワワの次に小型で身体が小さいので、室内で飼うのに適しています。

No.4 キャバリア・キングチャールズ・スパニエル

犬

イギリスの王室で長い間愛されてきたキャバリア・キングチャールズ・スパニエル。

気品の溢れる外見をしており、性格は優しくて温厚です。

人間が大好きで人懐っこく、他の動物とも仲良くすることができます。

王室に長年愛されてきたことからも伺えますが、とても忠誠心が強いので、初心者の方でも飼いやすいでしょう。

ただ、食欲旺盛なところがあるので、太りすぎないように注意してください。

No.5 パピヨン

犬

大きな耳が特徴なパピヨンは、マリー・アントワネットの愛した犬として有名です。

外見は、優雅で気品があり、パピヨンという名は、フランス語で蝶を意味します。

明るく好奇心が旺盛で、走り回ることが好きです。

無駄吠えをすることもありますが、とても賢い犬種なので、しつけはしやすいです。

体臭や抜け毛が少ないので、手入れもしやすいです。

No.6 マルチーズ

犬

マルチーズは、白い被毛が特徴で、世界最古の愛玩犬と呼ばれています。

明るく陽気な性格ですが、神経質な一面もあるので、見知らぬ人や他の動物に吠えることがあります。

甘えん坊で温厚ですが、ごく稀に攻撃的になることがあります。

純白が美しい被毛は、シングルコートなので抜け毛は少ないです。

しかし、汚れが目立ちやすく、放っておくと床につくほど長くなるので、定期的な手入れが必要です。

No.7 ミニチュアダックスフンド

犬

ミニチュアダックスフンドは、短足胴長な体系と垂れ耳が特徴な小型犬です。

好奇心旺盛でとても活発なので、散歩に連れて行ってあげると喜びます。

元々、狩猟犬として改良された犬種なので、見知らぬ人には攻撃的なこともあります。

無駄吠えがありますが、賢く順応性があるので、しつけはしやすいです。

しかし、甘やかすとわがままに育つので注意しましょう。

また、短足胴長の体型のため、肥満になると椎間板ヘルニアになりやすいので気をつけてください。

No.8 フレンチブルドッグ

犬

フレンチブルドッグは、コウモリのような耳と筋肉質な体型が特徴で、愛らしい顔つきをしています。

性格は、明るく陽気で、人懐っこく甘えん坊です。

被毛が短いので、手入れはしやすいです。

鼻が短いので、いびきをかく子が多いです。

また、呼吸器系の病気など短頭種特有の病気にかかりやすいので注意が必要です。

No.9 チワワ

犬

つぶらな瞳が特徴なチワワは、小型犬の中でも最も小さく超小型犬と言われています。

飼い主に献身的で、甘えん坊な性格をしています。

一方で、臆病な一面もあるので、少しの物音で驚くことがあります。

運動量は少なくて大丈夫ですが、防衛意識から無駄吠えをすることがあるので、定期的に散歩へ連れて行ってあげてください。

暑さや寒さに弱いので、温度の管理は気をつけてあげましょう。

No.10 パグ

犬

中国原産の小型犬であるパグは、短い鼻と愛嬌のある顔立ちが特徴的です。

落ち着いていて、明るく陽気なので、飼いやすい犬種であるといえます。

警戒心が薄く、無駄吠えがないので、飼いやすいですが、番犬としての活躍は期待できないでしょう。

短頭種なので、いびきをかきやすく、呼吸器系の病気にかかりやすいので注意が必要です。

まとめ

ここでは、抜け毛、体臭、無駄吠え、運動量、コスト、しつけのしやすさなどから総合的に小型犬の飼いやすさを評価しました。

もちろん、犬の性格には個体差があり、育った環境等によっても変わるので注意が必要です。

しかし、犬種によって性格の傾向があることも事実なので、愛犬選びの際に犬種それぞれの特徴を知っておくことは重要です。

特に、初めて犬を飼う方は、飼いやすさを重視することもあると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

-お役立ち

          

関連記事

犬

グレインフリーのおすすめドッグフードを紹介

犬は、穀物に対してアレルギーを持っていることがあるので、グレインフリーのドッグフードを探している方も多いと思います。 最近は、グレインフリーのドッグフードも増えてきたので、どれを選んでいいのか悩んでし …

犬

犬が元気なのにゼリー状の下痢が続く|食事が原因?

犬を飼っていると、下痢をしてしまうことがあります。 下痢にも様々な原因があり、一時的で軽微なものから、緊急を要する重病である場合もあります。 ここでは、犬の下痢の原因について紹介していきます。 目次1 …

犬

初心者向けの買いやすい室内犬おすすめランキング

犬を飼いたいけど、たくさんの犬種があって、どの種類の犬を飼ったらいいのか迷ってしまいますよね。 愛犬を選ぶのは様々な基準があると思いますが、飼いやすい犬種が良いという人もいると思います。 室内で飼いや …

犬

シニア犬・老犬向けのおすすめドッグフード|選び方のポイントは?

愛犬がシニア犬になったタイミングで、ドッグフードの切り替えを検討する飼い主の方は多いと思います。 愛犬が高齢になっても健康を維持するためには、日頃の食事がとても重要となってきます。 ここでは、シニア犬 …

犬

犬のお手の教え方|右と左どっちが正しい?嫌がる時の対処法

犬の動作には、様々な種類がありますが、その中の一つに「お手」があります。 お手は、犬の基本的な動作の一つで、覚えさせたいと思っている飼い主の方も多いと思います。 ここでは、お手の教え方のついて紹介して …