原材料や成分などからおすすめドッグフードを紹介

ドッグフードの評価

セレクトバランスを原材料から評価|口コミや評判を紹介

投稿日:2018-11-04 更新日:

犬
栄養バランスに優れたライフステージ別に選べるドッグフード「セレクトバランス」。

セレクトバランスは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。

ここでは、セレクトバランス(アダルト チキン)を原材料や成分表などから評価していきたいと思います。

実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、今後のドッグフード選びの参考にしてみてください。

セレクトバランスの概要

総合ポイント3.3pt

評価基準
原材料   :
安全性   :
栄養バランス:
コスパ   :
食いつき  :
商品名 セレクトバランス アダルト チキン
販売業者 ベッツチョイスジャパン
フードの目的 総合栄養食
フードのタイプ ドライタイプ
価格 3,186円(税込)※Amazon参照
容量 3.0kg
100gあたり価格 106円
合成酸化防止剤 不使用
合成保存料・合成着色料 不使用
穀物 とうもろこし、米、玄米
原産国 アメリカ
対象年齢 1才以上の成犬用
賞味期限 開封前は製造後1年、開封後は1ヶ月

セレクトバランスの特徴

主原料に良質なチキンを使用

第一主原料には、良質なチキンを使用しています。

チキンには、動物性タンパク質が多く含まれています。

動物性タンパク質を豊富に摂取することができるので、健康を維持するのに十分な栄養を取ることができます。

原料はヒューマングレードを使用

原材料には、ヒューマングレードの品質のものを使用しています。

ヒューマングレードとは、人間が食べることができる品質であるということです。

低品質な原材料は使用していないので、高品質なドッグフードとなっています。

整腸作用、関節ケアに効果あり

原材料に含まれているフラクトオリゴ糖は、腸内環境を整える効果があります。

これにより、腸内を綺麗にして、免疫力を高めてくれる効果が期待できます。

また、関節のケアに効果があるグルコサミンとコンドロイチンが配合されています。

そのため、関節の痛みや炎症を抑えたり、関節のトラブルの予防にも効果があります。

アレルギー性の低い穀物を使用

原材料に、とうもろこし、米、玄米といった穀物が使用されています。

犬は穀物を消化しにくいと言われますが、製造過程で消化しやすい状態になっているので問題ありません。

アレルギーについて、セレクトバランスはアレルギー性が低い穀物を使用しています。

とうもろこし、米、玄米にアレルギーを持っているワンちゃんは、全体の5%にも満たないのでそれほど多くありません。

ビートパルプを使用している

ビートパルプとは、甜菜(砂糖大根)の残りカスのことです。

ビートパルプは、製造過程で使用された薬剤が残留している恐れや便秘になる可能性があります。

カサ増し目的で使用されることも多く、避けた方が良い原材料の一つです。

セレクトバランスの原材料

好ましくない原材料は赤色で表示しています。

危険な原材料についてはこちらを参照ください。

チキン、とうもろこし、米、玄米、ソイビーンミール、鶏脂、ビートパルプ、チキンエキス、乾燥卵、キャノーラ油、乾燥ミルクプロテイン、ビール酵母、クランベリー、フラクトオリゴ糖、グルコサミン、コンドロイチン、コエンザイムQ10、ビタミン類(A、D、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、硫酸亜鉛、鉄、銅、マンガン、セレン、ヨウ素)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)

チキン

筋肉や皮膚、内臓など体の組織を作るのに欠かせないタンパク質が豊富に含まれています。

鶏肉のタンパク質は必須アミノ酸のバランスが良いので、消化吸収に優れています。

粘膜を強くするビタミンA、新陳代謝を促進するビタミンB2など健康に効果のある栄養素が多く含まれています。

とうもろこし

必須脂肪酸のリノール酸多く含んでいるので、血中コレステロール値や中性脂肪値を抑える働きがあります。

ビタミンB1やビタミンB2といったビタミンB群が豊富で、カルシウム・マグネシウム・カリウム・鉄分など各種ミネラルも多く含んでいます。

高GI値なので血糖値が上昇しやすく、摂りすぎると肥満等のリスクが上がります。

玄米

ビタミンB群が豊富で、ビタミンB1は糖質の代謝や疲労回復、ビタミンB2は脂質の代謝や粘膜・皮膚の健康維持、ビタミンB6はタンパク質や脂質の代謝に効果があります。

セルロース(不溶性食物繊維)も多く含まれているので、便通をよくする効果が期待できます。

カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルも豊富に含まれています。

ソイビーンミール

ソイビーンミールとは、大豆から有用成分と搾り取った残りカスのことです。

栄養素はほとんど含まれておらず、カサ増しをするために使用されることが多いです。

チキンエキス

一般的に、〇〇エキスと表記された肉類は粗悪な原料を使用していることが多いです。

4Dミートのような低品質な肉類を使用しており、健康に悪影響を与える可能性があります。

しかし、セレクトバランスは高品質な原料のみを使用しているので安心して利用することができます。

クランベリー

アメリカで多く栽培されるクランベリーはポリフェノールを多く含んでいます。

ポリフェノールの一種であるアントシアニンは視機能の改善に効果があり、ケルセチンは細胞の老化を防いでくれます。

抗酸化作用のあるビタミンCも豊富なので、アンチエイジングに効果があります。

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10は、エネルギーを生みだすための酵素を助ける補酵素として働きます。

抗酸化作用もあるので、アンチエイジングに効果があります。

細胞の老化を防ぎ、体の内部から健康を維持します。

セレクトバランスの成分表

成分表の見方についてはこちらを参照ください。

粗たんぱく質22.0%以上、粗脂肪13.0%以上、粗繊維5.0%以下、粗灰分7.0%以下、水分10.0%以下、カルシウム0.6%以上2.5%以下、リン0.8%以上1.6%以下、メチオニン0.3%以上1.0%以下
エネルギー(100gあたり):350kcal

口コミ

愛犬のトイプードルの食いつきがとても良いです。
これまで食べ残したことはありません。
ペットショップで勧められてからずっと利用しています。
健康で毛並みも良いです。
食いつきが良く、あっという間に食べてしまいます。
あまり扱っている店がないので不便ですが、満足しています。
初めて購入しましたが、残さず食べてくれました。
なかなか食いつきは良いと思います。

食いつきについては、満足している飼い主の方が多いようです。

取扱店が少なくて不便だという感想も、一部ありました。

まとめ

犬
セレクトバランスについて紹介しました。

原材料は質の高いものを使用しており、口コミも比較的好評のようです。

好ましくない原料を一部使用していますが、フードの質は高いので価格を考えるとコスパは良いです。

コスパ重視の方にオススメのドッグフードです。

-ドッグフードの評価

          

関連記事

犬

C&Rを原材料から評価|口コミや評判を紹介

C&Rについて評価していきます。 ここでは、「C&R プレミアムドッグ・スモール 」を例に紹介していきます。 実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、今後のドッグフード …

犬

ウェルネスを原材料から評価|口コミや評判を紹介

ウェルネスを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 ここでは、「ウェルネス 小型犬 成犬用 骨抜き七面鳥&オートミール」を例に紹介していきます。 実際に購入した飼い主の方の口コミな …

犬

ピュリナワンを原材料から評価|口コミや評判を紹介

ここでは、ピュリナワン(成犬用 1-6歳 ほぐし粒入り チキン) を原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、今後のドッグフード選びの …

犬

ロータスを原材料から評価|口コミや評判を紹介

ロータスを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 ここでは、「ロータス アダルトチキンレシピ小粒」を例に紹介していきます。 実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、今後のド …

犬

クプレラを原材料から評価|口コミや評判を紹介

グルテンフリーで無添加のドッグフード「クプレラ」。 クプレラは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。 この記事では、「クプレラ ベニソン&スイートポテト・ドッグフード」を原材料や …