原材料や成分などからおすすめドッグフードを紹介

ドッグフードの評価

ピュリナワンを原材料から評価|口コミや評判を紹介

投稿日:2018-11-03 更新日:

犬

ここでは、ピュリナワン(成犬用 1-6歳 ほぐし粒入り チキン) を原材料や成分表などから評価していきたいと思います。

実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、今後のドッグフード選びの参考にしてみてください。

ピュリナワンの概要

総合ポイント2.9pt

評価
原材料  :
添加物  :
アレルギー:
成分   :
コスパ  :
商品名 ピュリナワン 成犬用 1-6歳 ほぐし粒入り チキン
販売業者 ネスレ
フードの目的 総合栄養食
タイプ ドライタイプ
価格 1,653円(税込)※Amazon参照
容量 4.2kg
100gあたり価格 39円
添加物 不使用
穀物 米、コーングルテン、とうもろこし、小麦
原産国 アメリカ
対象年齢 成年期
賞味期限 開封前は製造後18ヶ月、開封後は1ヶ月

ピュリナワンの特徴

人工添加物無添加

ピュリナワンは、原材料に合成酸化防止剤や合成保存料などの人工添加物が含まれていません。

人工添加物が原材料に含まれていると、健康に悪影響を与える可能性があります。

そのため、愛犬の健康を考えると、人工添加物は無添加の方が望ましいです。

穀物アレルギーに注意

原材料に、米、トウモロコシ、小麦などの穀物が含まれています。

穀物は、一般的に、アレルギーと消化のしにくさが不安視されます。

消化については、製造過程で加熱・加工され、消化しやすい状態になっているので心配はいらないでしょう。

ただし、アレルギー持ちのワンちゃんに与えるのは避けた方が良いでしょう。

グレインフリーのおすすめドッグフードを紹介

チキンミールを使用している

原材料に、チキンミールが使用されています。

○○ミールと表記されている場合、4Dミートや副産物といった粗悪な肉類が使用されていることがほとんどです。

粗悪な肉類が含まれているフードを与え続けると、健康を害する恐れがあります。

ピュリナワンの原材料

好ましくない原材料は赤色で表示しています。

危険な原材料についてはこちらを参照ください。

チキン、コーングルテンとうもろこし、牛脂、チキンミール小麦脱脂大豆、たんぱく加水分解物、えんどう豆、にんじん、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン、硫黄)、グリセリン、カラメル色素、ビタミン類(A、D、E、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、B12、コリン、K、ビオチン)、アミノ酸類(リジン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)

チキン

筋肉や皮膚、内臓など体の組織を作るのに欠かせないタンパク質が豊富に含まれています。

チキンのタンパク質は必須アミノ酸のバランスが良いので、消化吸収に優れています。

粘膜を強くするビタミンA、皮膚の健康を助けるナイアシン(ビタミンB3)など健康に効果のある栄養素が多く含まれています。

コーングルテン

コーングルテンとは、トウモロコシからデンプンを取り除いた残りカスのことです。

トウモロコシよりも高タンパクですが、お肉に比べるとアミノ酸のバランスが悪いです。

糖質が高いので、過剰に摂取すると糖尿病などのリクスが上がります。

とうもろこし

必須脂肪酸のリノール酸多く含んでいるので、血中コレステロール値や中性脂肪値を抑える働きがあります。

ビタミンB1やビタミンB2といったビタミンB群が豊富で、カルシウム・マグネシウム・カリウム・鉄分など各種ミネラルも多く含んでいます。

高GI値なので血糖値が上昇しやすく、摂りすぎると肥満等のリスクが上がります。

小麦

小麦には、植物性タンパク質や炭水化物が多く含まれています。

ビタミンB1・B2・E・ナイアシン・パントテン酸などビタミン類、鉄・ナトリウム・カルシウム・リンなどミネラルも豊富に含まれています。

アレルギーには注意が必要で、全体の12~13%程度のワンちゃんがアレルギーを持っていると言われています。

脱脂大豆

脱脂大豆とは、大豆から有用成分と搾り取った残りカスのことです。

栄養素はほとんど含まれておらず、カサ増しをするために使用されることが多いです。

脱脂大豆はカルシウムや亜鉛の吸収を阻害したり、鼓腸症になるリスクが高くなる危険性があります。

えんどう豆

糖質の代謝を助け疲労回復に効果のあるビタミンB1、脂質の代謝をサポートし皮膚や粘膜の健康に効果のあるビタミンB2を多く含みます。

抗酸化物質として働くβ-カロテンも豊富に含まれています。

また、カルシウムやマグネシウム、リンなどのミネラルも多く含んでいます。

ピュリナワンの成分表

成分表の見方についてはこちらを参照ください。

粗たん白質26%以上、粗脂肪16%以上、粗繊維3%以下、粗灰分9%以下、水分12%以下
エネルギー(100gあたり):380kcal

口コミ

色々なフードを試しましたが、なかなか合うものが見つかりませんでした。
しかし、これは食いつきが良いです。特に、ほぐし粒が好きなようです。
うちの子は好き嫌いが激しいですが、こちらは完食してくれます。
便の状態も良くなりました。
うちの子には合わないようで食いつきが悪いです。
中に入ってるチキンしか食べません。
小型犬には少し粒が大きいような気がします。
それ以外は特に不満はありません。

食いつきは高評価が多かったですが、ほぐし粒しか食べないといった声も一部ありました。

小型犬にとっては、粒が大きいとの声もありました。

まとめ

犬

ピュリナワンについて評価しました。

人工添加物が無添加なのは良いですが、穀物が多数使用されているので、アレルギーには注意が必要です。

また、チキンミールが含まれている点も心配されるところです。

購入を考えている方は、そういった点も考慮して検討してみてください。

-ドッグフードの評価

          

関連記事

犬

ピュアロイヤルドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、よく食べる・食べ飽きがない食事を第一に考えて作られたドッグフード「ピュアロイヤル」です。 ピュアロイヤルは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。 ここでは、「ピュ …

犬

ヤラー(グレインフリー)ドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、穀物を使用していない唯一のオーガニックフード「ヤラー・グレインフリー」です。 ヤラー・グレインフリーは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。 ここでは、「ヤラー …

犬

ドクタープロドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

ドクタープロを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 ここでは、「ドクタープロ チキン&ターキー オールステージ」を例に紹介したいと思います。 実際に購入した飼い主の方の口コミなど …

犬

ワイソン(WYSONG)ドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、40年間にわたり研究開発を行い続けているドッグフード「ワイソン」です。 ワイソンは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか? この記事では、「ワイソン アダルト」を原 …

犬

エルモ(ELMO)ドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、原材料がすべてイタリア産のドッグフード「エルモ」です。 エルモは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか? この記事では、「エルモ プロフェッショナーレ アダルト サ …