ピッコロドッグフードは涙やけに効果的?原材料や成分から徹底解説

犬

ピッコロは株式会社レティシアンが販売するシニア犬向けのドッグフードです。

ピッコロの購入を検討している飼い主の中には愛犬の涙やけに悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

ピッコロドッグフードは涙やけに効果があるのでしょうか?

この記事ではピッコロは涙やけに効果的なのか徹底解説したいと思います。

ピッコロの概要

ピッコロ ドッグフード
商品名 ピッコロ
販売業者 株式会社レティシアン
フードの目的 総合栄養食
タイプ ドライタイプ
添加物 不使用
穀物 不使用(グレインフリー)
原産国 イギリス
対象年齢 7歳以上
原材料

骨抜きチキン生肉(29%)、骨抜き生サーモン(20%)、乾燥チキン(13%)、サツマイモ、ジャガイモ、エンドウ豆、乾燥サーモン(6%)、チキングレイビー(1%)、鶏脂(1%)、アルファルファ、乾燥卵、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD)、グルコサミン1,780mg/kg、メチルスルフォニルメタン(MSM)1,780mg/kg、コンドロイチン硫酸1,250mg/kg、リンゴ、ニンジン、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、ホウレンソウ、クランベリー、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

成分

粗たんぱく質32%、粗脂肪15%、粗灰分9%、粗繊維3%、水分8%、オメガ6脂肪酸2.50%、オメガ3脂肪酸0.80%、カルシウム1.5%、リン1.20%
エネルギー(100gあたり):355kcal

涙やけとは

そもそも涙やけとはどういった状態なのでしょうか?

涙やけは「流涙症(りゅうるいしょう)」とも呼ばれ、涙が溢れ出ることによって目の周りが茶色く変色している状態を意味します。

通常、涙は涙点から吸収されて鼻涙管を通って鼻腔から喉へ流れていきます。

しかし、何らかの原因によって涙が溢れ出てしまい涙やけが発症することがあります。

涙やけになる主な原因
  • 目に異物が入る
  • 目の疾患
  • 体質
  • 代謝の低下
  • アレルギー
  • 鼻涙管の異常

ドッグフードが原因となる場合

涙やけには様々な原因がありますが、ドッグフードが原因となる場合はあるのでしょうか。

ドッグフードが原因で涙やけになる場合
  • 食物アレルギー
  • 粗悪な原料
  • 人工添加物

ドッグフードが原因となって涙やけになるのは上記の場合が考えられます。

食物アレルギー

ドッグフードの原材料が原因でアレルギー反応を引き起こしている場合です。

アレルギー報告の多い食材として穀物や乳製品が挙げられます。特に穀物の中でも小麦はアレルギー報告が多いので注意が必要です。

またタンパク源となる肉類もアレルギーの原因となり、特に牛肉は全体の3分の1程度の犬がアレルギーを持っていると言われています。

粗悪な原料

ドッグフードに粗悪な原料が使われていて鼻涙管に異常をもたらす場合です。特に主原料に使われる肉類には注意が必要です。

4Dミートや肉副産物などの低品質な肉類は、消化吸収が悪く鼻涙管を詰まらせる原因となってしまいます。

人工添加物

合成保存料や合成着色料などの人工添加物は長期的に摂取することで体内に老廃物が溜まってしまいます。それが原因で鼻涙管を詰まらせてしまい涙やけになってしまうことがあります。

人工添加物は涙やけだけでなく様々な病気を引き起こす原因となるので注意が必要です。

涙やけに効果的なドッグフード

ドッグフードが原因で涙やけになっている場合、ドッグフードを切り替えることで症状の改善が期待できます。

涙やけに効果的なドッグフードの選び方
  • 肉類がメイン
  • 良質な食材を使用
  • 人工添加物無添加
  • アレルギー対応

涙やけの原因となるドッグフードと真逆の食事に切り替えることが涙やけの対策になります。

肉類がメイン

涙やけに悩んでいる場合は肉類をメインに使用しているドッグフードを選ぶことが重要です。

もともと肉食動物であった犬は穀物のような植物性タンパク質よりも肉類といった動物性タンパク質の方が身体に適しています。

植物性タンパク質よりも動物性タンパク質の方が消化吸収に優れているので鼻涙管をつまらせるリスクが低いです。

良質な食材を使用

原材料に含まれている食材は良質なものを使用している方が望ましいです。新鮮で良質な食材の方が消化吸収に優れています。

ドッグフードを購入する際には産地等から低品質なものは含まれていないか確認することが重要です。

注意すべき食材
  • ○肉副産物
  • ○ミール
  • ○パウダー
  • 動物性脂肪
  • 植物性脂肪

肉類に関しては副産物・ミール・パウダーなどと付いている原材料には注意が必要です。一般的にこのように表記している原材料は4Dミートのような粗悪な素材を使用している可能性があります。

また動物性脂肪や植物性脂肪を使用している原材料も注意すべきです。動物性や植物性などと曖昧な表記をしている場合は低品質な食材を使っている可能性があります。

人工添加物無添加

人工添加物が原因で老廃物が溜まり鼻涙管が詰まることがあるので人工添加物不使用のドッグフードが望ましいです。

避けるべき人工添加物
  • エトキシキン
  • BHA
  • BHT
  • 合成着色料
  • 没食子酸プロピル
  • ソルビン酸カリウム
  • 亜硝酸ナトリウム
  • プロピレングリコール
  • リシリジン アンモニエート

これらが原材料に含まれているドッグフードは出来る限り避けるようにしてください。涙やけだけでなく様々な病気の原因となる可能性があります。

アレルギー対応

アレルギーが原因で涙や目やにが多くなり涙やけになることがあるのでグレインフリーのようなアレルギー対応をしているドッグフードが望ましいです。

以下はアレルギー報告の多い主な食材です。

アレルギー報告の多い食材
  • 牛肉
  • 乳製品
  • 小麦
  • 大豆

ただ犬によってアレルギーは異なるので愛犬のアレルギーを把握しておくことが重要です。アレルギーについてはかかりつけの獣医に相談することをお勧めします。

ピッコロは涙やけに効果的

チキンが主原料

ピッコロは主原料に肉類であるチキンが使われています。

植物性タンパク質でなく動物性タンパク質がメインなので消化吸収性に優れていて犬の身体に合っています。

動物性タンパク質をメインに使用しているピッコロは涙やけ対策に最適なドッグフードです。

良質な原材料を使用

ピッコロは原材料全てにヒューマングレードを使用しています。ヒューマングレードとは人間の食品と同等レベルの品質という意味です。

粗悪な食材は鼻涙管に異常をもたらして涙やけの原因となることがあります。

良質な原材料を使用しているーーは涙やけの改善や予防に適しています。

人工添加物は不使用

ピッコロは涙やけの原因となる人工添加物が一切含まれていません。

ビタミンやミネラルといった栄養添加物は含まれていますが、食材だけでは不足しがちな栄養を補うもので危険性はありません。

保存料はビタミンやハーブなどから効果を得ていて非常に安全性が高いです。

グレインフリー

ピッコロは穀物を一切使用していないグレインフリーのドッグフードです。小麦をはじめ穀物はアレルギー報告の多い食材なので注意が必要です。

また牛肉や乳製品などアレルギー報告の多い食材が含まれていないので涙やけ対策にも安心して使うことができます。

ただチキンは一部の犬がアレルギーを持っているのでチキンアレルギーのワンちゃんには避けた方が良いでしょう。

まとめ

犬

良質なチキンを主原料にしたピッコロは涙やけの対策や改善には最適なドッグフードです。

危険性のある人工添加物も含まれていないので安心して利用することができます。

ドッグフードが原因で涙やけになっている場合はピッコロに切り替えることで改善が期待できます。

公式サイトから注文できる定期便を利用するとお得に購入できるので気になる方はぜひチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました