原材料や成分などからおすすめドッグフードを紹介

ドッグフードの評価

ペットカインド(PetKind)ドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

投稿日:2019-09-21 更新日:

犬

この記事で紹介するのは、グリーントライプを配合したドッグフード「ペットカインド」です。

ペットカインドは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか?

この記事では、「ペットカインド グリーンラムトライプ」を原材料や成分表などから評価していきたいと思います。

実際に購入した飼い主の方の口コミやお得な購入方法なども紹介しているので、今後のドッグフード選びの参考にしてみてください。

ペットカインドの概要

総合ポイント4.3pt

商品名 ペットカインド グリーンラムトライプ
販売業者 ペットカインドジャパン
フードの目的 総合栄養食
タイプ ドライタイプ
添加物 不使用
穀物 不使用(グレインフリー)
原産国 カナダ
対象年齢 オールステージ

原材料

好ましくない原材料は赤色で表示しています。

危険な原材料についてはこちらを参照ください。

ラムトライプ、七面鳥、エンドウ豆、七面鳥ミール、エンドウたんぱく質(プロテイン)、キャノーラオイル(ローズマリー保存)、亜麻仁、天然香料、キノア、カボチャ、ホウレンソウ、ニンジン、ブロッコリー、クランベリー、りんご、ブルーベリー、バナナ、炭酸カルシウム、塩化ナトリウム、塩化カリウム、 チコリ根、塩化コリン、ビタミンA、ビタミン D3サプリメント、a-トコフェロール酢酸塩、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、リボフラビン、チアミンモノニトラート、第二リン酸カルシウム、サーモンオイル(トコフェロール混)、 塩化ピリドキシン、葉酸、ビタミン B12サプリメント 、ミネラル(硫酸亜鉛、硫酸鉄、亜鉛蛋白質化合物、鉄蛋白質化合物、硫酸銅、酸化マンガン、銅蛋白質化合物、マンガン蛋白質化合物、ムヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、タウリン、乾燥ラクトバチルス・アシドフィラス発酵物、乾燥ラクトバチルス・カゼイ発酵物、乾燥ビフィドバクテリウム・サーモフィラム発酵物、乾燥ストレプトコッカス・フェシウム発酵物、ユッカシジケラ、ローズマリー、トウガラシ、ペパーミント、タイム、緑茶抽出物

成分表

成分表の見方についてはこちらを参照ください。

粗タンパク質:30%以上、粗脂質:16%以上、粗繊維:4%以下、粗灰分:4%以下、水分:10%以下、リン:0.8%以上、マグネシウム:0.1%以下、タウリン:2790mg/kg以上、オメガ6:2.5%以上、オメガ3:1.4%以上
エネルギー(100gあたり):360.8kcal

ペットカインドの評価

総合ポイント4.3pt

原材料 4pt
添加物 4.5pt
アレルギー 5pt
成分 4pt
コスパ 4pt

原材料:粗悪な原料を使用していないか?

危険な食材 特になし

粗悪な原料は含まれていません。

ミール系のお肉を使用していますが、低品質な肉類は使われていないので安全です。

添加物:危険な添加物は使用していないか?

【危険な添加物】

エトキシキン(酸化防止剤) なし
BHA(酸化防止剤) なし
BHT(酸化防止剤) なし
合成着色料 なし
没食子酸プロピル(酸化防止剤) なし
ソルビン酸カリウム(保存料) なし
亜硝酸ナトリウム(発色剤) なし
プロピレングリコール(保湿剤) なし
グリシリジン・アンモニエート(甘味料) なし

危険性のある添加物は使われていません。

ビタミンやミネラルといった栄養添加物を使用していますが、素材だけでは不足しがちな栄養を補うもので危険性はありません。

嗜好性を高めるために天然香料を使用していますが、適量であれば健康上の問題はなく安全です。

アレルギー:アレルギーになりやすい食材を使用していないか?

【アレルギーの原因になりやすい食材】

牛肉 なし
小麦 なし
とうもろこし なし
大豆 なし
乳製品 なし

アレルギーになりやすい食材は含まれていません。

穀物不使用でグレインフリーのドッグフードです。

成分:栄養バランスは?

成分 数値 高〜低
タンパク質 30.0%以上 高め
脂質 16.0%以上 標準
繊維質 4.0%以下 標準
灰分 4.0%以下 低め
水分 10.0%以下
カロリー 360.8kcal/100g 標準

タンパク質が30%以上と高タンパクなドッグフードです。

運動量の多いワンちゃんにおすすめです。

コスパ:価格は適切か?

価格 5,184円(税込)※Amazon参照
容量 2.72kg
100gあたりの価格 190円

商品サイズ2.72kgの場合、100gあたり190円となっています。

品質を考えるとコスパは良いです。

ペットカインドの特徴

グリーントライプを配合

グリーントライプとは草食物動物の胃のことで、必須脂肪酸やミネラルなど多くの栄養素を含んでいます。

肉食動物は草食動物を捕獲した際、トライプを真っ先に食べて肉だけでは補えない栄養素を摂取します。

原材料にグリーントライプを配合することで、もともと肉食動物である犬の食性に近づけることができます。

カナダ産の良質な原料を使用

原材料に使用しているものは、カナダ食品検査庁で認められた最高品質のものです。

粗悪な原料は一切使用していないので安心して与えることができます。

ミールと表記された肉類が使用されていますが、良質な原料なので安全性が高いです。

グレインフリー

原材料には穀物が一切使用されていません。

犬は穀物に対してアレルギーを持っていることがあるので注意すべき食材の一つです。

グレインフリーであるペットカインドは、穀物にアレルギーを持つワンちゃんにも安心して利用できます。

添加物不使用

合成着色料や合成保存料などの人工添加物は一切使用していません。

人工添加物を与えると、アレルギー反応を引き起こしたり健康に悪影響を与える恐れがあります。

愛犬の健康を考えると、人工添加物は不使用のフードが望ましいです。

口コミ・評判

美味しいようで、あっという間に食べてしまいます。
体調も良さそうなのでこれからも利用したいと思います。
初めて購入しましたが、よく食べてくれます。
アレルギー持ちの子ですが安心して利用できます。
ウンチの状態が良いので、うちの子に合っているようです。
ただトイプードルには少し粒が大きいです。
長い間利用していますが、飽きずに食べてくれています。
価格がもう少し下がると嬉しいですが満足しています。

食いつきは比較的好評で、アレルギー対策として利用している方も多数いました。

小型犬には粒が大きめという感想もありました。

粒の大きさ

ペットカインド ドッグフード

直径が約1.0cmで丸型の形状をしています。

超小型犬に与える際にはふやかしたり細かく砕いてから与えると良いでしょう。

与え方

ペットカインドの1日あたりの給与量は以下になります。

 体重 給与量
1〜5kg 35〜115g
6〜10kg 120〜170g
11〜15kg 175〜225g
16〜25kg 230〜315g
26〜40kg 320〜440g
41〜50kg 445〜500g
51〜60kg 505〜560g
61〜70kg 565〜630g

こちらの数値を参考に与えるようにしましょう。

ただし、個体差によって変わるので目安として考えるようにしてください。

適切な給与量は犬種、性別、年齢、運動量などによって異なります。

体重の増減や便の状態などを見ながら調整していくようにしてください。

ドッグフードの切り替え方

ドッグフードを切り替える時は、徐々に新しいものへ切り替えていくことをおすすめします。

急に新しいドッグフードに切り替えると、場合によっては下痢や嘔吐などを引き起こすことがあります。

愛犬の身体への負担を軽減させるためにも、便の状態や体調などを見ながら少しずつ新しいフードに慣れさせるようにしてください。

1〜3日目
前のフードをメインに新しいフードを少量ずつ混ぜる。

4〜6日目
新しいフードの割合を少しずつ増やしていく。

7〜10日目
最終的に新しいドッグフードのみにする。

お腹の弱いワンちゃんには、もう少し時間をかけて切り替えるようにしてください。

賞味期限と保存方法

愛犬のためにも、賞味期限を守り、適切な方法で保存するようにしてください。

ペットカインドの賞味期限

ペットカインドは、開封してから1ヶ月以内に使い切るようにしてください

賞味期限が切れてしまったドッグフードは、愛犬の健康を損なう可能性があるので与えないようにしましょう。

上記の期限は、正しい方法で保存した場合の日付である点に注意してください。

正しい保存方法

ドッグフードが酸化しないために、できるだけ空気に触れさせないようにすることが大切です。

ペットカインドはパッケージにチャックがついているので、中の空気を抜いてチャックをしっかり閉めるようにしてください。

保管場所は、劣化を防止するために冷暗所に保管してください。

冷暗所とは、多温多湿にならず直射日光の当たらない場所のことです。

冷蔵庫で保存する方もいるようですが、ドライフードは冷蔵庫で保存するのは避けるようにしてください。

外と冷蔵庫内の温度差によって結露が生じ、カビが発生することがあります。

ドライフードは、できるだけ常温で保存するようにしましょう。

商品ラインナップ

ペットカインドには、以下のラインナップがあります。

ドライフード

  • グリーンビーフトライプ
    ビーフトライプと牛肉が主原料のドライフード
    サイズ:230g/907g/2.72kg/6.35kg/11.34kg
  • グリーンラムトライプ
    ラムトライプと七面鳥が主原料のドライフード
    サイズ:230g/907g/2.72kg/6.35kg/11.34kg
  • グリーントライプ&バイソン
    バイソントライプ・ビーフトライプ・七面鳥が主原料のドライフード
    サイズ:230g/907g/2.72kg/6.35kg/11.34kg
  • グリーントライプ&ワイルドサーモン
    ラムトライプとサーモンが主原料のドライフード
    サイズ:230g/907g/2.72kg/6.35kg/11.34kg
  • ベニソントライプ
    ベニソントライプとビーフトライプが主原料のドライフード
    サイズ:230g/907g/2.72kg/11.34kg
  • ラムトライプSAP 小粒タイプ
    動物性タンパク質を1種類のみ使用した小粒のドライフード
    サイズ:230g/907g/2.72kg/11.34kg
  • グリーントライプ&レッドミート
    低脂肪のレッドミート(赤身)を使用したドライフード
    サイズ:230g/907g/2.72kg/11.34kg

ウェットフード

  • ビーフトライプ
    ビーフトライプが主原料のウェットフード
    サイズ:369g×12缶
  • ラムトライプ
    ラムトライプが主原料のウェットフード
    サイズ:369g×12缶
  • ワイルドサーモン
    野生のサケが主原料のウェットフード
    サイズ:369g×12缶
  • ダック
    鴨肉が主原料のウェットフード
    サイズ:369g×12缶
  • ベニソントライプ
    ベニソントライプが主原料のウェットフード
    サイズ:369g×12缶
  • SAPラムトライプ
    動物性タンパク質を1種類のみ使用したウェットフード
    サイズ:369g×12缶
  • レッドミート
    ビーフ・ラム・レッドミートを使用したウェットフード
    サイズ:369g×12缶

まとめ

犬

トライプを使用した珍しいフードで、カナダ産の高品質な原料を使っています。

グレインフリーで人工添加物も不使用なので非常に安全性が高いです。

品質の割にそれほど高額ではないので、コスパにも優れています。

高タンパクなので活動的なワンちゃんにおすすめです。

-ドッグフードの評価

          

関連記事

犬

BLUE(ブルー)ドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、ライフソースTMビッツを使用したアメリカの自然派ペットフード「BLUE」です。 BLUE(ブルー)は、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。 ここでは、「ブルーバッ …

犬

アボダームドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

アボダームを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 ここでは、アボダーム(オリジナルビーフ 小粒)を例に紹介していきます。 実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、今後のド …

犬

ヤラー(グレインフリー)ドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、穀物を使用していない唯一のオーガニックフード「ヤラー・グレインフリー」です。 ヤラー・グレインフリーは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。 ここでは、「ヤラー …

犬

ビゴー&セージドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、ハーブの力を取り入れたドッグフード「ビゴー&セージ」です。 ビゴー&セージは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか? ここでは、「ビゴー&セージ ジンセン ウェルビ …

犬

犬用ニュートロワイルドレシピを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、犬の祖先が食べていた食事を再現したドッグフード「ニュートロ・ワイルドレシピ」です。 ワイルドレシピは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。 ここでは、「ニュートロ …