原材料や成分などからおすすめランキングを紹介

ドッグフードの評価

ペディグリーを原材料から評価|口コミや評判を紹介

投稿日:2018-11-11 更新日:

ペディグリーペディグリーを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。

ここでは、ペディグリー(成犬用 旨みビーフ&緑黄色野菜入り)を例に紹介していきます。

実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、今後のドッグフード選びの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ペディグリーの概要

総合ポイント1pt

評価基準
原材料   :
安全性   :
栄養バランス:
コスパ   :
食いつき  :
商品名 ペディグリー 成犬用 旨みビーフ&緑黄色野菜入り
販売業者 MARS
フードの目的 総合栄養食
フードのタイプ ドライタイプ
価格 1,610円(税込)※Amazon参照
容量 5.5kg
100gあたり価格 29円
合成酸化防止剤 使用
合成保存料・合成着色料 使用
穀物 使用
原産国 タイ
対象年齢 成犬期
賞味期限 開封前は製造から18ヶ月、開封後は1ヶ月

ペディグリーの原材料

好ましくない原材料は赤色で表示しています。

危険な原材料についてはこちらを参照ください。

穀類肉類(チキン加水分解物、チキン、ビーフ等)大豆油脂類(パーム油等)、タンパク加水分解物、植物性タンパク、ビートパルプキシロース、野菜類(トマト、ほうれん草、にんじん)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、カルシウム、クロライド、セレン、鉄、銅、マンガン、ヨウ素、リン)、アミノ酸(グリシン、システイン、メチオニン)、着色料(青2、赤102、黄4、黄5、二酸化チタン)保存料(ソルビン酸K)、酸化防止剤(BHABHT、クエン酸)、pH調整剤

ペディグリーの成分表

成分表の見方についてはこちらを参照ください。

タンパク質18.0%以上、脂質10.0%以上、粗繊維4.0%以下、灰分8.0%以下、水分10.5%以下
エネルギー(100gあたり):約350kcal

ペディグリーの特徴

第一主原料が穀物

第一主原料には、穀物が使用されています。

一般的に、原材料表記には穀物の種類が記載されていることが多いです。

しかし、ペディグリーには、穀物とだけ書かれているだけで、何の穀物が使用されているのか分かりません。

このような表記は、利用者に対して不親切で、安全性も不透明なので、特に穀物アレルギーのワンちゃんは選ばない方が良いでしょう。

スポンサーリンク

〇〇等の表記に注意

肉類や油脂類をみてみると、〇〇等という表記がされています。

〇〇等と曖昧な表記をしている場合は、低品質な原材料が使用されていることがほとんどです。

もしかしたら、肉類に4Dミートや副産物などの粗悪な原材料が使用されているかもしれません。

原材料表記に、このような曖昧な表記ある場合は、どのような原料が含まれているのか不明なので、選ばない方が無難です。

ビートパルプを使用

ビートパルプとは、甜菜(砂糖大根)から砂糖を搾り取った際の残りカスのことです。

ドッグフードには、かさ増し目的で使用されることが多いです。

ピートパルプは、製造過程で使用される薬剤が残留している恐れや過剰摂取で便秘になる可能性があります。

ドッグフードに使用するメリットはほとんどないので、避けた方が良い原材料の一つです。

危険な人工添加物を使用

着色料として使用されている青色2号、赤色102号、二酸化チタンは、発がん性が確認され、黄色4号と黄色5号にはアレルギーを引き起こす恐れがあります。

保存料として使用しているソルビン酸カリウムは、急性症状があり、大量に摂取すると、嘔吐や昏睡などの中毒症状を引き起こす恐れがあります。

酸化防止剤として使用されているBHAは、発がん性が堪忍されており、BHTは、変異原型や催奇形性の疑いがあります。

どれも犬の健康に悪影響を与える恐れがあり、危険性の高い添加物です。

口コミ

食いつきはよく、残さず食べます。
便の調子も良く、お腹を壊しません。
美味しそうに食べているので、特に問題ありません。
ただ、着色料のせいか、色がカラフルすぎて違和感があります。
食いつきは良いのですが、下痢になってしまいます。
うちの子には合わなかったようです。
価格が安くて、量がたくさん入っているので助かります。
安いので仕方ないですが、原材料はやっぱり不安です。

激安で食いつくが良いということで、購入者の口コミは比較的好評のようです。

継続的に利用している人は、原材料をあまり気にせず、価格を重視している方が大半のようです。

まとめ

犬ペディグリーについて評価しました。

原材料に危険性のあるものが多数含まれているので、愛犬の健康を考えるのであれば、おすすめできません。

激安のフードを与えつづけた結果、フードが原因で病気になってしまい、余計にコストがかかることもあります。

価格だけでなく、原材料の質に注目してドッグフードを選んでみてください。

スポンサーリンク

-ドッグフードの評価

          

関連記事

スーパーゴールド ドッグフード

スーパーゴールドを原材料から評価|口コミや評判を紹介

スーパーゴールドを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 ここでは、スーパーゴールド フィッシュアンドポテトを例に紹介します。 実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、今後 …

家族のごはん ドッグフード

家族のごはんを原材料から評価|口コミや評判を紹介

家族のごはんを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 ここでは、「家族のごはんすき焼味」を例に紹介していきます。 実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、今後のドッグフード …

ファインペッツ ドッグフード

FINEPET’S(ファインペッツ)を原材料から評価|口コミや評判を紹介

ここでは、FINEPET’S(ファインペッツ)を原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 実際に購入した飼い主の方の口コミやお得な購入方法なども紹介しているので、今後のドッグフー …

犬心 ドッグフード

犬心を原材料から評価|口コミや評判を紹介

ここでは、犬心を原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 犬心は、「糖&脂コントロール」「消化器ケア」「元気キープ」の3種類がありますが、ここでは、「糖&脂コントロール」について評価 …

ピュリナワン

ピュリナワンを原材料から評価|口コミや評判を紹介

ここでは、ピュリナワン(成犬用 1-6歳 ほぐし粒入り チキン) を原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、今後のドッグフード選びの …