原材料や成分などからおすすめドッグフードを紹介

お役立ち

ナチュロルは子犬に与えても大丈夫?パピー犬の給餌量

投稿日:

犬

ナチュロルといえば、国産で無添加のプレミアムドッグフードです。

子犬を飼っている方の中には、ナチュロルを検討している方もいると思います。

そもそもナチュロルは子犬に与えても良いのでしょうか?

この記事では、子犬にナチュロルを与える場合について紹介したいと思います。

ナチュロルの基本情報

ナチュロルドッグフード

商品名 ナチュロルドッグフード
販売業者 楽しい製薬株式会社
フードの目的 総合栄養食
タイプ ドライタイプ
価格 3,300円(税込)
容量 850g
原産国 日本
対象年齢 全年齢対象

✔︎原材料

新鮮牛生肉(北海道・兵庫県産)、新鮮鶏生肉(兵庫県産)、新鮮馬生肉(カナダ産)、新鮮魚生肉(兵庫県産)、タピオカ(タイ産)、魚粉(北海道産、長崎県産)、紫さつまいも(タイ産)、チーズ(国産)、ココナッツ(フィリピン産)、リンゴ繊維、鶏粉末、ゴマ、ひまわり油、乳清、安定・特続型ビタミンC、天然バイオフラボノイド、海藻、脱脂粉乳、オリゴ糖、乳酸菌

✔︎成分表

粗タンパク質23-27%、粗脂肪7-9%、粗繊維2-4%、水分9%以下、安定・持続型ビタミンC1,000mg/kg、天然バイオフラボノイド200mg/kg
カロリー:400Kcal/100g

ナチュロルドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

子犬に適したドッグフードとは?

高い栄養価・高カロリー

成長スピードの早い子犬は、成犬よりも多くの栄養を必要とします。

タンパク質は特に重要で、骨、筋肉、被毛などを構成する大切な栄養素となります。

身体をつくるのに欠かせない栄養素なので、25%以上のタンパク質が含まれているものが望ましいです。

また子犬は体を成長させるために、多くのカロリーを必要とします。

成犬の2倍のカロリーが必要とも言われていて、子犬用のドッグフードはカロリーが高めとなています。

消化吸収に優れた食事

子犬は成犬よりも消化器官が未発達なので、より消化吸収に優れたドッグフードを選ぶ必要があります。

もともと肉食動物である犬は、その体の構造からお肉(動物性タンパク質)の消化を得意としています。

そのため、穀物(植物性タンパク質)がメインのドッグフードよりも肉類(動物性タンパク質)がメインのドッグフードの方が望ましいです。

また低品質な肉類は消化吸収が悪いので、良質な肉類を使用しているドッグフードを選ぶようにしましょう。

ナチュロルは子犬に与えてもいいの?

子犬に与えても大丈夫

ナチュロルは、全ライフステージ対象の総合栄養食です。

総合栄養食とは、犬が生きていくのに必要な栄養素が過不足なく含まれているドッグフードのことです。

ナチュロルは全ての年齢に対応しているので子犬に与えても大丈夫です。

タンパク質は23〜27%と標準的ですが、子犬に与えても問題ない範囲です。

カロリーは400kcalと高く、成長期である子犬に適しています。

さらに良質な肉類がメインなので、消化吸収にも優れたドッグフードです。

唯一気になるのが、脂質が7〜9%と低めであるということです。

脂肪もエネルギー源となる非常に大切な栄養素なので、子犬に与える場合はもう少し高い方が望ましいです。

小粒で食べやすい

ナチュロルドッグフード

ナチュロルは、直径は約0.5cm、全長は約1.0cmで円柱型の形状をしています。

大きさは不揃いで、触ると崩れやすい硬さです。

小粒で砕きやすいので、子犬でも食べやすいフードとなっています。

子犬の給餌量

公式サイトで推奨している成犬の1日あたりの給餌量は以下になります。

体重 運動量が少ない 運動量が多い
1kg 23g 28g
2kg 28g 47g
3kg 46g 63g
5kg 56g 92g
10kg 85g 155g
20kg 196g 296g
30kg 225g 401g
50kg 337g 682g

子犬に与える場合は以下を参考にしてください。

  • 離乳から成犬体重の50%までは2倍の量
  • 成犬体重の50〜80%までは1.5倍の量
  • 成犬体重の80〜100%までは1.2倍の量

成犬時の体重と現在の体重を比較して、給餌料を計算してください。

子犬は胃が小さいので、一度に大量のフードを与えるとお腹に負担をかけてしまいます。

1日3回以上に分けて、少量ずつ与えるようにしてください。

様子を見て調整する

犬には個体差があるので、犬種・性別・運動量などによって適切な給餌量は異なります。

そのため、上記で紹介した給餌量はあくまでも目安として考えるようにしてください。

子犬は成長スピードが早いので、定期的に体重を計って給餌量を調整することが重要です。

また便が軟らかすぎるのは食事の与えすぎ、便が硬すぎるのは食事が足りない合図です。

愛犬に合った給餌量を与えることで、健康的に成長することができます。

まとめ

犬

ナチュロルは全ライフステージ対象のフードで、子犬にも与えることができます。

良質な肉類がメインなので、消化吸収に優れていて子犬にも適しています。

ナチュロルには、100円のお試しフードや返金保証などもあるので安心して利用することができます。

高品質で安全性の高いフードなので、気になる方は是非利用してみてください。

-お役立ち

          

関連記事

犬

モグワンドッグフードの原材料を徹底分析|安全性は高い?

モグワンといえば、チキンとサーモンを使用したイギリス産のドッグフードです。 ドッグフードに迷っている方の中には、モグワンを検討している人もいるのではないでしょうか? ドッグフードを選ぶ際には、原材料を …

犬

モグワンを安く買う方法|アマゾンや楽天より定期購入がお得

モグワンは、チキンとサーモンを使用したイギリス産のドッグフードです。 とても有名なフードなので、気になっている方や既に利用している方も多いと思います。 せっかく利用するなら、やはり安く購入したいですよ …

犬

初心者向けの飼いやすい大型犬ランキング

大型犬を飼ってみたいけど、たくさんの犬種があって、どの種類の犬を飼ったらいいのか迷ってしまいますよね。 愛犬を選ぶのは様々な基準があると思いますが、飼いやすい犬種が良いという人もいると思います。 ここ …

犬

犬がチョコレートを食べてしまった時の症状や対処法は?

チョコレートは、犬が食べてはいけない食べ物の一つです。 チョコレートを与えてはいけないということはとても有名で、犬の飼い主であれば知っている方がほとんどだと思います。 しかし、症状や対処法などを知って …

犬

ピッコロドッグフードの原材料を徹底分析|安全性は高い?

ピッコロドッグフードといえば、シニア犬向けに作られたイギリス産のプレミアムフードです。 とても評判の良いドッグフードで、気になっている方も多いのではないでしょうか? ドッグフード選びにおいて、原材料チ …