原材料や成分などからおすすめドッグフードを紹介

お役立ち

モグワンドッグフードは子犬やシニア犬に与えてもいいの?

投稿日:

犬

モグワンは、イギリス産のグレインフリードッグフードです。

とても有名なドッグフードなので、購入を検討している方もいると思います。

モグワンドッグフードを与えるのに最適な年齢はあるのでしょうか?

ここでは、モグワンを与えるのにおすすめなライフステージを解説したいと思います。

モグワンドッグフードの基本情報

モグワン

商品名 モグワンドッグフード
販売業者 株式会社レティシアン
フードの目的 総合栄養食
タイプ ドライタイプ
添加物 不使用
穀物 不使用(グレインフリー)
原産国 イギリス
対象年齢 全年齢対象
価格 4,356円(税込)
容量 1.8kg

原材料

好ましくない原材料は赤色で表示しています。

危険な原材料についてはこちらを参照ください。

チキン&サーモン56%(チキン生肉21%、生サーモン12%、乾燥チキン12%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ジンジャー、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン、乳酸菌

成分表

成分表の見方についてはこちらを参照ください。

粗たんぱく質28%、粗脂肪12%、粗灰分8%、粗繊維3%、水分8%、オメガ6脂肪酸1.63%、オメガ3脂肪酸1.29%
エネルギー(100gあたり):344kcal(カロリー)

モグワンドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

モグワンドッグフードの特徴

モグワンドッグフード

高タンパク

モグワンは、タンパク質が28%と高タンパクなドッグフードです。

肉類を56%使用しているので、豊富な動物性タンパク質を摂取することができます。

チキンのタンパク質はアミノ酸のバランスが良く、消化吸収に優れています。

低脂質

モグワンは脂質が12%となっています。

これは一般的なドッグフードと比べても、比較的控えめな数値です。

カロリーについても、100gあたり344kcalとそれほど高くありません。

高タンパクでありながらヘルシーなドッグフードとなっています。

ヒューマングレード

モグワンの原材料はヒューマングレードを使用しています。

ヒューマングレードとは、人間が食べることができる品質という意味です。

良質な食材を使用しているので、とても高品質なドッグフードとなっています。

シニア犬に与えてもいいの?

モグワンドッグフードは、シニア犬にも与えていいのでしょうか?

シニア犬もタンパク質は重要

これまでは、シニア犬には低タンパクなドッグフードは良いと言われることもありました。

最近ではシニア犬も高タンパクフードが望ましく、成犬よりも多くのタンパク質が必要とも言われています。

シニア犬は代謝能力が落ちてくるので、より多くのタンパク質を摂らないと筋肉・被毛・免疫力などを維持することができません。

脂質やカロリーは控えめ

一方で、シニア犬には脂質やカロリーが控えめな方が望ましいです。

代謝が低下し運動量も落ちてくるので、脂質やカロリーを摂りすぎると肥満等になるリスクが上がってしまいます。

良質な動物性タンパク質

もともと肉食動物である犬は、その身体の構造から動物性タンパク質の消化を得意としています。

そのため、穀物(植物性タンパク質)がメインのドッグフードよりも、肉類(動物性タンパク質)がメインのドッグフードの方が向いています。

特にシニア犬は消化機能が衰えてくるので、消化吸収に優れた肉類メインのフードを選ぶことが重要です。

また、低品質な肉類は消化吸収が悪く肝臓や腎臓に負担をかけてしまうので、良質な肉類を使用しているドッグフードを選ぶようにしましょう。

モグワンはシニア犬におすすめ

モグワンは、シニア犬にもおすすめのドッグフードとなっています。

高タンパクなので十分な栄養を摂ることができる一方で、脂質やカロリーは控えめとなっています。

また良質な原材料を使用しているので、消化吸収に優れています。

子犬に与えてもいいの?

シニア犬におすすめなことは分かりましたが、子犬には与えても良いのでしょうか?

タンパク質は子犬でも十分

子犬は成長のスピードが早く、筋肉・骨格・内臓など体を作る重要な時期です。

タンパク質は筋肉・骨・被毛などを構成する重要な栄養素で、子犬は成犬の2倍近く栄養を必要と言われています。

モグワンには28%のタンパク質が含まれているので、子犬の成長にも十分なタンパク質を摂取することができます。

良質な肉類

子犬と成犬と比べて消化器官が未発達なので、消化吸収に優れたドッグフードを選ぶ必要があります。

良質が肉類がメインのモグワンは、子犬にとっても消化吸収のしやすいドッグフードです。

小粒で子犬でも食べやすい

モグワン

粒の大きさは、直径は約0.8〜1.2cmで厚さは約0.4〜0.5cm程度となっています。

ドッグフードの中でも小粒なので、子犬でも食べやすいサイズとなっています。

また真ん中に空洞があるので、子犬でも噛み砕きやすいです。

カロリーは少し低い

成長スピードの速い子犬には、より多くの栄養が必要となります。

カロリーも例外ではなく、健全に成長するためには豊富なカロリーが必要となります。

モグワンは100gあたりのカロリーが344kcalとなっています。

ドッグフードとしては標準的な数値ですが、子犬に与えるにはもう少し高い方が望ましいです。

まとめ

犬

モグワンは、全年齢対象のドッグフードです。

子犬に与えても問題ありませんが、カロリーが子犬には少し低めなのが気がかりです。

モグワンの原材料や成分を考えると、成犬からシニア犬に与えるのが適しています。

子犬からシニア犬まで全ライフステージ対象のフードですが、成犬以降のわんちゃんに特におすすめのドッグフードとなっています。

-お役立ち

          

関連記事

犬

ネルソンズドッグフードはアマゾンや楽天より定期コースがおすすめ

ネルソンズドッグフードといえば、イギリスのトップブリーダーが開発したプレミアムフードです。 とても評判のいいドッグフードで、購入を検討している方もいるのではないでしょうか? せっかく利用するなら、最安 …

犬

ネルソンズドッグフードの原材料を徹底分析|安全性は高い?

ネルソンズといえば、イギリスのトップブリーダーが開発したプレミアムフードです。 とても好評なドッグフードで、気になっている方も多いのではないでしょうか? ドッグフード選びにおいて、原材料のチェックをす …

犬

ネルソンズドッグフードの成分表を徹底分析|カロリーは高め?

ネルソンズドッグフードは、イギリスのトップブリーダーが開発したプレミアムフードです。 利用者の評判の良く、気になっている方も多いのではないでしょうか? ドッグフードを選ぶ際には、成分表をチェックするこ …

犬

オリジンドッグフードの種類と選び方|それぞれの違いは?

オリジンドッグフードは、数々の賞を受賞しているアメリカ産のプレミアムドッグフードです。 国際的にも非常に評価の高いドッグフードで、気になっている方も多いのではないでしょうか? しかしオリジンは種類が多 …

犬

モグワンとカナガンドッグフードを比較|それぞれの違いは?

モグワンとカナガンは、株式会社レティシアンから販売されているプレミアムドッグフードです。 とても有名なドッグフードなので、購入を検討している方も多いのではないでしょうか。 同じような価格帯なので、どち …