原材料や成分などからおすすめランキングを紹介

ドッグフードの評価

メディコートを原材料から評価|口コミや評判を紹介

投稿日:2018-11-11 更新日:

メディコート ドッグフードメディコートを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。

ここでは、メディコート(アレルゲンカット 魚&お米 1歳から 成犬用)を例に紹介していきます。

実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、今後のドッグフード選びの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

メディコートの概要

総合ポイント2.6pt

評価基準
原材料   :
安全性   :
栄養バランス:
コスパ   :
食いつき  :
商品名 メディコート アレルゲンカット 魚&お米 1歳から 成犬用
販売業者 PETLINE
フードの目的 総合栄養食
フードのタイプ ドライタイプ
価格 1,264円(税込)※Amazon参照
容量 3.0kg
100gあたり価格 42円
合成酸化防止剤 不使用
合成保存料・合成着色料 不使用
穀物 米、米粉、米ぬか
原産国 日本
対象年齢 12ヶ月以上
賞味期限 開封前は製造から1年半、開封後は1ヶ月

メディコートの原材料

好ましくない原材料は赤色で表示しています。

危険な原材料についてはこちらを参照ください

穀類(米粉米ぬか)、魚介類(フィッシュミール:DHA・EPA源、フィッシュエキス、フィッシュコラーゲン)、油脂類(動物性油脂 、ライスファットカルシウム、ガンマ-リノレン酸)、種実類(ゴマ粉末)、糖類(フラクトオリゴ糖)、グルタチオン酵母、シャンピニオンエキス、ブドウ種子エキス、ビタミン類(A、E、K3、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、C、コリン)、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、塩素、鉄、コバルト、銅、マンガン、亜鉛アミノ酸複合体、亜鉛、ヨウ素)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)

メディコートの成分表

成分表の見方についてはこちらを参照ください。
たんぱく質20%以上、脂質10%以上、粗繊維3%以下、粗灰分10%以下、水分10%以下、カルシウム1.1%以上、リン0.9%以上、ナトリウム0.3%以上
エネルギー(100gあたり):約335kcal

メディコートの特徴

アレルゲンカット

メディコートは、アレルギーになりやすい原材料をカットして作られています。

アレルゲンカットのため、たんぱく質はアレルギーになりにくい「魚」と「お米」に限定しています。

お米は穀物の一つですが、穀物の中でも、アレルギーになりにくいものです。

スポンサーリンク

魚介類が不安

魚介類の中に、フィッシュミールやフィッシュエキスが含まれています。

〇〇ミールや〇〇エキスと表記されている場合、粗悪な原料から作られていることがほとんどで、どの部位をしようしているのかも分かりません。

そのため、〇〇ミールや〇〇エキスは避けた方が良い原材料といえます。

動物性油脂を使用

原材料に、動物性油脂が使用されています。

動物性油脂と記載されている場合、低品質な原料から採れた油脂であることがほとんどです。

動物性油脂と曖昧な表記でなく、「鶏肉油脂」や「米油」などと明確に油脂の種類を記載している方が安全性が高いです。

ブドウは犬に与えてはいけない

メディコートには、ブドウ種子エキスが原材料に含まれています。

犬を飼っている方は、知っている人もいると思いますが、ブドウは犬に与えてはいけない食品として知られています。

犬がブドウによって中毒症状を起こすと、下痢や嘔吐を繰り返し、最悪の場合、急性腎不全から死に至ることもあります。

原材料には少量しか使用されていませんが、ブドウが犬に与えてはいけない食品である以上、できるだけ避けた方が良い原材料であるといえます。

口コミ

食いつきは、これまでのフードで一番良いです。
アレルギー症状も出ていないので、安心してあげることができます。
うちの子はアレルギー体質なので、いつもこちらを利用しています。
お肉や小麦にアレルギーにあるワンちゃんにはオススメです。
アレルギーに悩んでいましたが、メディコートにしてからアレルギー症状がなくなりました。
毛ツヤも良くなったように感じます。
初めて購入しましたが、下痢になってしまいました。
犬によって合う合わないがあるようです。

食いつきは良かったという感想が多かったですが、一部食べなかったワンちゃんもいるようです。

アレルゲンカットについても、効果を感じている方が多いようです。

しかし、ブドウの影響か分かりませんが、下痢をしてしまう子もいるようで、合う合わないがありそうです。

まとめ

犬メディコートについて紹介しました。

アレルギー持ちのワンちゃんには効果があるようですが、不安な原材料が含まれているのも事実です。

特に、ブドウは犬に与えてはいけない食材なので、不安な方は他のフードを選んだ方が良いでしょう。

スポンサーリンク

 

-ドッグフードの評価

          

関連記事

ブリスミックス ドッグフード

ブリスミックスを原材料から評価|口コミや評判を紹介

ブリスミックスについて評価していきます。 ここでは、小型犬全年齢対象の「ブリスミックス ラム 小粒」を例に紹介していきます。 実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、今後のドッグフード …

ドゥロイヤル ドッグフード

ドゥロイヤルを原材料から評価|口コミや評判を紹介

ドゥロイヤルを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 ここでは、「ドゥロイヤルオリジナル」を例に紹介していきます。 実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、今後のドッグフー …

ドクタープロ ドッグフード

ドクタープロを原材料から評価|口コミや評判を紹介

ドクタープロを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 ここでは、「ドクタープロ チキン&ターキー オールステージ」を例に紹介したいと思います。 実際に購入した飼い主の方の口コミなど …

ウェルケア ドッグフード

ウェルケアを原材料から評価|口コミや評判を紹介

ウェルケアを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 ここでは、「ウェルケア オールステージ レトリバー専用」を例に紹介したいと思います。 実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介している …

ドッグフード

ナチュロルドッグフードを原材料から評価|口コミや評判を紹介

ここでは、プレミアムドッグフード「ナチュロル」を原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 実際に購入した飼い主の方の口コミやお得な購入方法なども紹介しているので、今後のドッグフード選びの参考 …