原材料や成分などからおすすめドッグフードを紹介

ドッグフードの評価

カークランドを原材料から評価|口コミや評判を紹介

投稿日:2018-12-04 更新日:

犬

会員制マーケットのコストコから販売されてるドッグフード「カークランド」。

カークランドは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。

ここでは、「カークランドグランドシグネチャー スーパープレミアムドッグフード ラム・ライス・ベジタブル」を原材料や成分表などから評価していきたいと思います。

実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、今後のドッグフード選びの参考にしてみてください。

カークランドの概要

総合ポイント3.3pt

評価
原材料:
安全性:
成分 :
コスパ:
嗜好性:
商品名 カークランドグランドシグネチャー スーパープレミアムドッグフード ラム・ライス・ベジタブル
販売業者 コストコホールセールジャパン
フードの目的 総合栄養食
タイプ ドライタイプ
価格 6,950円(税込)※Amazon参照
容量 18.14kg
100gあたり価格 38円
添加物 調味料
穀物 玄米、米ぬか、米、精製麦、キビ
原産国 アメリカ

カークランドの特徴

大容量

カークランドは、内容量が18.14kgと非常に大容量です。

ドッグフードは一度開封したらそれほど長期間保存ができないので、小型犬1匹しか飼っていない場合は賞味期限内に食べきれないことも考えられます。

逆に、大型犬を数匹飼っているような家庭に向いています。

ラム肉が主原料

主原料には、ラム肉が使用されています。

ラム肉は、肉類の中でもアレルギー性が低いので、安心して与えることができます。

しかし、ラム肉だけでなくラムミールが使用されている点が気になります。

〇〇ミールと表記されている肉類は、低品質なものを使用している恐れがあるので注意が必要です。

アレルギー性の低い穀物を使用

カークランドには、玄米や米ぬか、米などの穀物が使用されています。

犬は穀物を消化できないと言われることがありますが、製造過程で消化しやすい状態になっているので問題ありません。

また、犬は穀物に対してアレルギーを持っていることがあります。

カークランドで使用している穀物は、アレルギー性の低いものなので過度な心配はいりません。

人工添加物を使用

原材料に、調味料が添加されています。

この調味料は、具体的に何を使用しているのか分かりません。

詳細が分からないので、安全性が不明確で不安を感じてしまいます。

カークランドの原材料

好ましくない原材料は赤色で表示しています。

危険な原材料についてはこちらを参照ください。

ラム、ラムミール、玄米、米ぬか、米、卵類、精製麦、鶏脂、ビートパルプ、ジャガイモ、フィッシュミール、フラックスシード、調味料、イースト、キビ、えんどう豆、ニンジン、ケルプ、リンゴ、スキムミルク、クランベリーパウダー、塩化カリウム、食塩、塩化コリン、ミネラル類、ビタミン類、ローズマリーエキス、グルコサミン、コンドロイチン、パセリ、チコリールート

ラム

タンパク質が豊富で、ビタミン類やミネラルも多く含まれています。

ラムは他の肉類より脂肪の融点が高いので、体内で脂肪が吸収されにくいです。

また、脂肪燃焼を促進する作用のあるL-カルニチンも豊富に含まれています。

玄米

ビタミンB群が豊富で、ビタミンB1は糖質の代謝や疲労回復、ビタミンB2は脂質の代謝や粘膜・皮膚の健康維持、ビタミンB6はタンパク質や脂質の代謝に効果があります。

セルロース(不溶性食物繊維)も多く含まれているので、便通をよくする効果が期待できます。

カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルも豊富に含まれています。

鶏脂

鶏脂は他の動物性脂肪よりもコレステロールが少なめで、抗酸化作用の高いビタミンEが多く含まれています。

体に有毒な活性酸素を抑制するセレンも豊富なので、筋肉や肌、血管などの老化を防ぐ効果があります。

ビートパルプ

ビートパルプとは、甜菜(砂糖大根)から砂糖等を搾り取った残りカスのことです。

不溶性食物繊維が豊富なので整腸作用がありますが、過剰に摂りすぎると便秘になる恐れがあります。

また、製造過程で使用した薬剤が残留している可能性があるので注意が必要です。

フラックスシード

フラックスシードに多く含まれるαリノレン酸は、体内に入るとDHAやEPAに変換されます。

DHAやEPAは、血液をサラサラにしたり老化を予防する効果があります。

また、ポリフェノールの一種であるリグナンも多いので、肥満予防や血流の改善、骨の健康維持などに効果があります。

カークランドの成分表

成分表の見方についてはこちらを参照ください。

粗タンパク質23.0%以上、粗脂肪14.0%以上、粗繊維4.0%以下、粗灰分7.5%以下、水分10.0%以下、ビタミンA15,000IU/kg以上、ビタミンD800IU/kg以上、ビタミンE150IU/kg以上、オメガ6脂肪酸2.2%以上、オメガ3脂肪酸0.4%以上
エネルギー(100gあたり):365kcal

粒の大きさ

カークランドは、直径約1cmで平たい丸型の形状をしています。

比較的小粒なので、小型犬でもたべやすいサイズです。

また、消化能力の低い幼犬やシニア犬、フードを丸呑みしがちなワンちゃんにもおすすめの大きさです。

与え方

1日あたりの給与量は以下になります。

体重 目安量(カップ)
〜4.5kg 2/3〜1
4.5〜9kg 1〜1+1/2
9〜13.5kg 1+1/2〜2
13.5〜18kg 2〜2+2/3
18〜27kg 2+2/3〜3+1/2
27〜36kg 3+1/2〜4+1/3
36〜45kg 4+1/3〜5

1杯が200mlのカップを基準とし、1カップが約80gとして計算しています。

体重が45kg以上の場合は、9kg増えるごとに2/3〜3/4カップずつ追加するようにしてください。

ただし、適切な給与量は犬種、性別、年齢、運動量などによって異なるので、あくまでも目安として考えるようにしてください。

体重の増減や便の状態などを見ながら調整していくと良いでしょう。

ドッグフードの切り替え方

ドッグフードを切り替える時は、徐々に新しいものへ切り替えていくことをおすすめします。

急に新しいドッグフードに切り替えると、場合によっては下痢や嘔吐などを引き起こすことがあります。

愛犬の身体への負担を軽減させるためにも、便の状態や体調などを見ながら少しずつ新しいフードに慣れさせるようにしてください。

1〜3日目
前のフードをメインに新しいフードを少量ずつ混ぜる。

4〜6日目
新しいフードの割合を少しずつ増やしていく。

7〜10日目
最終的に新しいドッグフードのみにする。

お腹の弱いワンちゃんには、もう少し時間をかけて切り替えるようにしてください。

賞味期限と保存方法

愛犬のためにも、賞味期限を守り、適切な方法で保存するようにしてください。

カークランドの賞味期限

カークランドの賞味期限についての詳細は記載されていませんでしたが、開封後は2ヶ月程度を目安に使い切るようにしてください。

期限が切れてしまったドッグフードは、愛犬の健康を損なう可能性があるので与えないようにしましょう。

上記の期限は、正しい方法で保存した場合の日付である点に注意してください。

正しい保存方法

ドッグフードが酸化しないために、できるだけ空気に触れさせないようにすることが大切です。

カークランドはパッケージにチャックがついていないので、チャックのついている袋に小分けにして入れておくと良いでしょう。

小分けにすることで、空気に触れる機会を軽減することができます。

保管場所は、劣化を防止するために冷暗所に保管してください。

冷暗所とは、多温多湿にならず直射日光の当たらない場所のことです。

冷蔵庫で保存する方もいるようですが、ドライフードは冷蔵庫で保存するのは避けるようにしてください。

外と冷蔵庫内の温度差によって結露が生じ、カビが発生することがあります。

ドライフードは、できるだけ常温で保存するようにしましょう。

口コミ

大型犬を多頭飼いしているので、大容量で助かります。
食いつきも良く、みんな嬉しそうに食べています。
ラブラドールを3匹飼っていますが、たくさん入っているので使い勝手が良いです。
お気に入りのようで、残さず食べています。
フード自体には満足していまが、量が多いので開封後の劣化が気になります。
小分けにしてもらえると嬉しいです。
食いつきや健康状態など特に問題ありません。
価格を考えるとコスパは良いと思います。

大容量ということで、多頭飼いしている方の利用が多いようです。

食いつきは比較的好評で、コスパが良いのも嬉しいポイントです。

一方で、小分けにして欲しい、小さいサイズも出して欲しいといった意見も見られました。

商品ラインナップ

カークランドには、以下のラインナップがあります。

  • スーパープレミアムドッグフード 成犬用 ラム&ライス&ベジタブル(18.14kg)
  • スーパープレミアムドッグフード 子犬用 チキン&ライス&ベジタブル(9.07kg)
  • スーパープレミアムドッグフード 成犬用 チキン&ライス&ベジタブル(12kg)
  • スーパープレミアムドッグフード 小型犬用 チキン&ライス&ベジタブル(9.07kg)
  • ネイチャーズドメイン サーモン&ポテト(15.87kg)

まとめ

犬

カークランドについて評価しました。

コストコから販売されているだけあって非常に大容量なので、多頭飼いしている方に向いています。

原材料は好ましくないものがいくつかありますが、価格を考えるとフードの質は悪くありません。

激安フードの中で選ぶなら、選択肢の一つとしてありだと思います。

-ドッグフードの評価

          

関連記事

犬

アイムスドッグフードを原材料から評価|口コミや評判を紹介

ここでは、アイムス(成犬用 健康維持用チキン 小粒)を原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、今後のドッグフード選びの参考にしてみて …

犬

ロータスを原材料から評価|口コミや評判を紹介

オーブンで焼きあげるオーブンベイク製法で作られたドッグフード「ロータス」。 ロータスは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。 ここでは、「ロータス アダルトチキンレシピ小粒」を原材料や成 …

犬

アランズナチュラルドッグフードを原材料から評価|口コミや評判を紹介

自然素材にこだわって作られた「アランズナチュラルドッグフード」。 アランズナチュラルドッグフードは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか? この記事では、アランズナチュラルドッグフードを原 …

犬

ナチュラルナースを原材料から評価|口コミや評判を紹介

日本の愛犬のために作られたオーストラリア産のドッグフード「ナチュラルナース」。 ナチュラルナースは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。 ここでは、ナチュラルナースを原材料や成分表などか …

犬

ペディグリーを原材料から評価|口コミや評判を紹介

ペディグリーを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 ここでは、ペディグリー(成犬用 旨みビーフ&緑黄色野菜入り)を例に紹介していきます。 実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介してい …