原材料や成分などからおすすめドッグフードを紹介

ドッグフードの基本

ドッグフードの種類 それぞれの特徴

投稿日:2018-07-27 更新日:

犬
ドッグフードは、様々な商品が店頭に並んでいますが、一般社団法人ペットフード協会によると、「総合栄養食」「間食」「療法食」「その他の目的食」と、目的別に分類されています。

それぞれの特徴を知ることができれば、愛犬にとって、より良い食生活にすることができると思います。

スポンサーリンク

総合栄養食

総合栄養食とは、犬が生きていくのに必要なカロリーや栄養素が、不足なく含まれているドッグフードのことです。

つまり、総合栄養食と水だけを与えていれば、犬が生きていくのに必要な栄養素を摂ることができます。

総合栄養食と表記するためには、ペットフード公正取引協議会が定めた基準を、分析試験と給与試験のいずれかで、クリアする必要があります。

この基準は、AAFCO(アアフコ、全米飼料検査官協会)による栄養基準が採用されています。

総合栄養食として認められたものには
「この商品は、ペットフード公正取引協議会の定める分析試験の結果、総合栄養食の基準を満たすことが証明されています。」
または、
「この商品は、ペットフード公正取引協議会の定める給与試験の結果、総合栄養食であることが証明されています。」
といった文言が記載されています。

気をつけていただきたいのは、総合栄養食と表記されているからといって、必ずしも安全とは限らないということです。

総合栄養食と判断される基準は、あくまでも栄養値としての基準であり、品質まではチェックされていません。
つまり、粗悪な原材料が使われていたり、添加物が多用されていても、栄養基準さえクリアしていれば、総合栄養食と表記することができます。

ドッグフードを選ぶ際には、総合栄養食という記載だけでなく、原材料等をチェックし、良質なものを選ぶように心がけましょう。

間食

間食は、おやつやスナックといわれるもので、ジャーキーや犬用のガムなどが代表的です。
主食としてではなく、おやつやしつけのご褒美としてあげるのが一般的です。

主食として食べているドッグフードだけで栄養は十分に足りているので、基本的には与えなくても問題ありません。
与え過ぎてしまうと、肥満や病気につながってしまうことも考えられます。

しかし、しつけのご褒美にあげたり、歯の健康のためにガムを利用したりと、有用な場面があるのも確かです。

もし、間食を与えるのであれば、1日のエネルギー所要量の20%以内に抑えるようにしましょう。

スポンサーリンク

療法食

特定の疾病などにかかってしまった場合、栄養面で特別なサポートが必要な場合があります。
療法食は、食事療法として使われることを目的としたもので、症状に応じて、栄養成分の比率などが調整されています。

食事療法食や食餌療法食、特別療法食などと記載されていることがあります。

店頭で販売されていますが、自己判断で購入するのではなく、獣医のアドバイスや処方によって与えるようにしましょう。

その他の目的食

その他の目的食とは、上記のいずれにも該当しない、特定の栄養の補給や嗜好増進などを目的としてものです。

一般食

総合栄養食とされていないドッグフードを一般食といいます。
主に、嗜好を満足させたり、食欲増進のために使用するドッグフードです。

一般食(おかずタイプ)や副食などと表記されています。

総合栄養食のように、必要な栄養分が不足なく含まれているわけではないので、これだけを与え続けると、栄養が偏ってしまい病気になる可能性があります。

主食としてあげるより、おやつとして利用したり、総合栄養食に混ぜて使用するのが良いでしょう。

栄養補助食

特定の栄養を補ったり、カロリーを補給することを目的としたドッグフードです。
栄養補完食やカロリー補給食、動物用栄養補助食(動物用サプリメント)などと表記されています。

骨や関節の強化、カロリーの補給、病気の予防など目的は様々ですが、獣医のアドバイスに従い上手に利用するのが良いでしょう。

まとめ

犬
普段の主食としては、総合栄養食を与えるようにするのが良いと思います。

それ以外のものは、必要があれば、目的に応じて適切なものをあげるようにすると良いでしょう。

スポンサーリンク

-ドッグフードの基本

          

関連記事

犬

ドッグフードのタイプ それぞれのメリットとデメリット

ドッグフードといっても、色々なタイプや種類があり、どれを与えるべきか迷ってしまう飼い主の方もいると思います。 それぞれのタイプや種類に特徴があるので、目的等によって、適切なものを選ぶ必要があります。 …

犬

ドッグフードに含まれる危険な原材料4Dミートについて

ドッグフードに関して調べていると、4Dミートという言葉を見かけたことがある人もいると思います。 4Dミートは、安価なドッグフードに含まれていることが多い、とても粗悪な原材料です。 愛犬の健康を考えるな …

犬

ドッグフードの原材料・ビートパルプとは?危険性はあるの?

ドッグフードの原材料に、ビートパルプというものが含まれていることがあります。 ビートパルプについては、危険性があるといった意見もあれば、問題ないという声もあり、賛否両論のようです。 ビートパルプが含ま …

犬

ドッグフードの危険な酸化防止剤(エトキシキン、BHA、BHT)

酸化防止剤と聞いて、どのようなイメージを抱きますか? おそらく、あまり良い印象を持たない人が多いと思います。 しかし、販売されている多くのドッグフードには、酸化防止剤が含まれています。 酸化防止剤には …

犬

ドッグフードはグレインフリーが良いのか?穀物不使用について

ドッグフードには、原材料に穀物が使用されていないもの、いわゆるグレインフリーのものが販売されています。 これは、穀物を犬に与えることが良くないという認識が、理由の一つにあります。 犬に穀物を与えるのは …