原材料や成分などからおすすめドッグフードを紹介

ドッグフードの評価

JPスタイルドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

投稿日:2018-11-07 更新日:

犬

JPスタイルを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。

ここでは、JPスタイル(和の極み 小粒 11歳から)を例に紹介していきます。

実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、今後のドッグフード選びの参考にしてみてください。

JPスタイルの概要

総合ポイント2.2pt

評価
原材料  :
添加物  :
アレルギー:
成分   :
コスパ  :
商品名 JPスタイル 和の極み 小粒 11歳から
販売業者 日清ペットフード株式会社
フードの目的 総合栄養食
タイプ ドライタイプ
価格 2,545円(税込)※Amazon参照
容量 4.2kg
100gあたり価格 60円
添加物 使用
穀物 小麦全粒粉、中白糠、ホミニーフィード、脱脂米糠
原産国 日本
対象年齢 1歳から成犬用
賞味期限 開封前は製造から1年6ヶ月、開封後は1ヶ月

JPスタイルの特徴

人工添加物不使用

JPスタイルには、合成酸化防止剤や合成保存料などの人工添加物が含まれていません。

人工添加物は、与え続けることで健康に悪影響を与えるリスクがあります。

愛犬の健康を考えるのであれば、人工添加物は無添加の方が良いでしょう。

整腸作用がある

原材料には、整腸作用のあるオリゴ糖や乳酸菌が含まれています。

善玉菌である乳酸菌は、悪玉菌を抑制し腸内フローラを良好に保ってくれます。

消化吸収を助けたり、病気への抵抗力をつけるなど有用な働きをします。

オリゴ糖は、腸内で善玉菌(乳酸菌等)のエサとなることで腸内環境を整える効果があります。

穀物アレルギーに注意

原材料に、小麦全粒粉や中白糠などの穀物が含まれています。

また、聞き慣れないかもしれませんが、ホミニーフィードはコーングリッツやコーンフラワーを製造する際に分離される副産物のことです。

これらの穀物は、犬にとってアレルギーを発症しやすい原材料です。

そのため、穀物にアレルギーを持っているワンちゃんに与えるのは避けた方が良いでしょう。

不安な原材料が含まれる

原材料に含まれるビートパルプは、甜菜(砂糖大根)から栄養分を取り除いた残りカスのことです。

製造過程で使用される薬剤が残留している恐れや過剰に与えると便秘になる可能性があります。

チキンミールのように、〇〇ミールと表記されている肉類は、4Dミートや副産物といった粗悪な肉類が含まれている可能性が高いです。

ビーフオイルやフィシュオイルなども、どのような品質のものが使われているのか分からないので、安全性が不安視されます。

JPスタイルの原材料

好ましくない原材料は赤色で表示しています。

危険な原材料についてはこちらを参照ください。

小麦全粒粉、中白糠、チキンミール脱脂大豆ビーフオイルビートパルプホミニーフィードフィッシュオイル、ビール酵母、チキンレバーパウダー、オリゴ糖、β-グルカン、脱脂米糠、N-アセチルグルコサミン、クロレラ、フィッシュコラーゲン、有胞子性乳酸菌、ミネラル類(カルシウム、カリウム、ナトリウム、塩素、銅、亜鉛、ヨウ素)、ビタミン類(A、D、E、B1、B2、B6、B12、パントテン酸、ナイアシン、コリン、イノシトール)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)

小麦全粒粉

小麦には、植物性タンパク質や炭水化物が多く含まれています。

ビタミンB1・B2・E・ナイアシン・パントテン酸などビタミン類、鉄・ナトリウム・カルシウム・リンなどミネラルも豊富に含まれています。

アレルギーには注意が必要で、全体の12~13%程度のワンちゃんがアレルギーを持っていると言われています。

チキンミール

〇〇ミールと表記されている肉類には、粗悪な原料が使われている可能性があります。

4Dミートなどの低品質な肉類を使用していることが多いので避けるべき食材の一つです。

このような粗悪な肉類は、愛犬の健康を害する恐れがあるので注意が必要です。

脱脂大豆

脱脂大豆とは、大豆から有用成分と搾り取った残りカスのことです。

栄養素はほとんど含まれておらず、カサ増しをするために使用されることが多いです。

脱脂大豆はカルシウムや亜鉛の吸収を阻害したり、鼓腸症になるリスクが高くなる危険性があります。

ホミニーフィード

ホミニーフィードとは、とうもろこしを挽いて作られるコーングリッツやコーンフラワー製造時の副産物を意味します。

炭水化物・タンパク質・繊維を多く含み、脂質はトウモロコシよりも2倍程度高くなっています。

高GI値なので血糖値が上昇しやすく、摂りすぎると肥満等のリスクが上がります。

JPスタイルの成分表

成分表の見方についてはこちらを参照ください。

粗たん白質20%以上、粗脂肪10%以上、粗繊維5%以下、粗灰分8%以下、水分10%以下
エネルギー(100gあたり):340kcal

口コミ・評判

うちの子は好き嫌いの激しいですが、残さず食べてくれます。
なかなか合うフードがなかったのでこれからも利用しようと思います。
よく食べてくれるので、ずっとこちらを利用しています。
毛並みや毛ツヤもよくなってきたように思います。
小さな袋に小分けにされているので利便性が良いです。
ただ、便が少し硬くなったように感じます。
うちのワンちゃんには合わなかったようで、食べてくれませんでした。
日本製で安全そうだったので残念です。

食いつきに関しては、賛否両論あるようです。

小袋で小分けにされている点については、便利で好評のようです。

まとめ

犬

JPスタイルについて評価しました。

人工添加物を使用していないのは良いのですが、チキンミールなど品質に不安ある原材料が含めれている点が残念です。

小分けにされているのは便利ですが、愛犬の健康を考えるのであれば他のフードを検討してみるのが良いと思います。

-ドッグフードの評価

          

関連記事

犬

ドゥロイヤルドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

牛肉をベースにライフステージ別に作られたドッグフード「ドゥロイヤル」。 ドゥロイヤルは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。 ここでは、「ドゥロイヤルオリジナル」を原材料や成分表などから …

犬

アカナドッグフードを原材料から評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、カナダ産の新鮮な原料を使用したプレミアムドッグフード「アカナ」です。 アカナは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。 ここでは、「アカナ アダルトスモールブリード …

犬

グゥード(goood)ドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、国産で無添加の生食ドッグフード「グゥード」です。 グゥードは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか? ここでは、「グゥード チキン」を原材料や成分表などから評価して …

犬

Dr.ケアワンを原材料から評価|口コミや評判を紹介

動物栄養学博士監修の国産・無添加ドッグフード「Dr.ケアワン」。 Dr.ケアワンは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか? この記事では、Dr.ケアワンを原材料や成分表などから評価していき …

犬

アニモンダ・グランカルノドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、お肉本来の味を引き出したドッグフード「アニモンダ・グランカルノ」です。 アニモンダ・グランカルノは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。 ここでは、「アニモンダ …