原材料や成分などからおすすめドッグフードを紹介

ドッグフードの評価

犬心を原材料から評価|口コミや評判を紹介

投稿日:2018-10-22 更新日:

犬

この記事で紹介するのは、様々な病気に対応した療法食フード「犬心」です。

犬心は、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。

ここでは、「犬心 糖&脂コントロール」を原材料や成分表などから評価していきたいと思います。

実際に購入した飼い主の方の口コミやお得な購入方法なども紹介しているので、今後のドッグフード選びの参考にしてみてください。

犬心(糖&脂コントロール)の概要

犬心

総合ポイント4.2pt

商品名 犬心(糖&脂コントロール)
販売業者 大和菌学研究所
フードの目的 特別療法食
タイプ ドライタイプ
添加物 不使用
穀物 玄米、大麦、とうもろこし
原産国 日本
対象年齢 全年齢対応

原材料

好ましくない原材料は赤色で表示しています。

危険な原材料についてはこちらを参照ください。

生牛肉、生鶏肉、生馬肉、植物油、魚粉、ココナッツ、大豆、ゴマ、とうもろこし、生魚、玄米、大麦、さつまいも、じゃがいも、海藻、はなびらたけ、冬虫夏草、オリゴ糖、ホエイ、ビール酵母、乳酸菌群

成分表

成分表の見方についてはこちらを参照ください。

粗タンパク質23~27%、粗脂肪5~9%、粗繊維5~8%、可消化性炭水化物40~45%、リジン約1.9%、L-カルニチン300ppm以上、ビタミンE400IU/kg以上、ビタミンC100mg/㎏以上、セレン約0.7mg/㎏、ナトリウム約0.3%、カリウム約0.7%
エネルギー(100gあたり):325kcal(カロリー)

犬心(糖&脂コントロール)の評価

総合ポイント4.2pt

原材料 5pt
添加物 5pt
アレルギー 3pt
成分 4.5pt
コスパ 3.5pt

原材料:粗悪な原料を使用していないか?

【好ましくない原料】

4Dミート・肉副産物 なし
動物性脂肪 なし
ビートパルプ なし
大豆ミール なし

粗悪な原料は特に使われていません。

食材の品質は、ヒューマングレードの良質なものを使用しています。

添加物:危険な添加物は使用していないか?

【危険な添加物】

エトキシキン(酸化防止剤) なし
BHA(酸化防止剤) なし
BHT(酸化防止剤) なし
合成着色料 なし
没食子酸プロピル(酸化防止剤) なし
ソルビン酸カリウム(保存料) なし
亜硝酸ナトリウム(発色剤) なし
プロピレングリコール(保湿剤) なし
グリシリジン・アンモニエート(甘味料) なし

危険性のある添加物は含まれていません。

合成ミネラルなど栄養添加物も不使用で完全無添加となっています。

アレルギー:アレルギーになりやすい食材を使用していないか?

【アレルギーの原因になりやすい食材】

牛肉 あり
小麦 なし
とうもろこし あり
大豆 あり
乳製品 なし

アレルギーになりやすい食材として、牛肉・とうもろこし・大豆が使われています。

特に牛肉は、3割強のワンちゃんがアレルギーを持っているので注意が必要な食材です。

もし愛犬がアレルギーを持っている場合は、他のフードを利用するようにしてください。

成分:栄養バランスは?

成分 数値 高〜低
タンパク質 23〜27% 標準
脂質 5〜9% 低め
繊維質 5〜8%以下 標準
灰分
水分 10.0%以下
カロリー 325kcal/100g 低め

高血糖や高脂血のトラブルに対応したフードということで、脂質やカロリーが控えめとなっています。

タンパク質は標準的で、健康維持に十分な栄養を摂ることができます。

ダイエット目的で与えるのもおすすめです。

コスパ:価格は適切か?

価格 2,860円(税込)
容量 1.0kg
100gあたりの価格 286円

ドッグフードの中でも高額の部類ですが、品質を考えると納得の価格です。

定期コースを利用するこでお得に購入することができます。

犬心(糖&脂コントロール)の特徴

犬心

7つの疾患のケア

犬心(糖&脂コントロール)は、クッシング症候群、膵炎、甲状腺機能低下症、高脂血症、糖尿病、メタボ肥満、胆泥症・胆嚢粘液嚢腫といった7つの疾患を同時にケアすることができます。

消化されやすい糖質を制限することで糖質を抑え、糖の吸収をブロックために食物繊維のバランスを考慮することで、血糖値のコントロールを実現しています。

7大疾患に対応した栄養バランスで作られているので、7疾患のケアには最適なフードとなっています。

腸内環境を整え、免疫力キープ

原材料に含まれるオリゴ糖や乳酸菌により、腸内に含まれる善玉菌をアップすることができます。

これにより、免疫細胞が約70%も集まる腸の健康を維持することが期待できます。

さらに、免疫成分である「βグルカン」が多く含まれる花びらたけにより、免疫力をキープすることができます。

リピート率95%以上

犬心は、実際に購入した方のリピート率が95%以上とかなり高い数字となっています。

この数字から、購入された方の評価が高いことが分かります。

療法食は食いつきが悪いことが多いですが、食いつきに満足している飼い主の方も多いようです。

原料はヒューマングレード

食材

原材料には、ヒューマングレードのものを使用しています。

ヒューマングレードとは、人間が食べることができる品質という意味です。

粗悪な原料を使用せず良質な素材のみを使用しているので、安心して利用することができます。

人工添加物無添加

原材料には、人工添加物が一切使われていません。

人工添加物を使用しているドッグフードは、アレルギー反応を引き起こしたり健康に害を与える恐れがあります。

愛犬の健康を考えると、人工添加物は無添加のドッグフードが望ましいです。

ノンオイルコーティング

一般的なドッグフードは、嗜好性を上げるために粒にオイルコーティングを行うことが多いです。

オイルコーティングをすると、油脂の酸化やベタつきを抑えるために多くの添加物を使用しなければなりません。

また、素材本来の風味が消えてしまいます。

ノンオイルコーティングにすることで、原材料の風味を引き立たせることができます。

アレルギー性の低い穀物を使用

原材料には、玄米、大麦、とうもろこしといった穀物が使用されています。

犬は穀物を消化しにくいと言われますが、製造過程で消化しやすい状態になっているので問題ありません。

穀物については、アレルギーを心配する人もいると思います。

犬心で使用している穀物は、アレルギー性の低いものなので過度な心配はいりません。

穀物は有用成分を多く含んでいるので、適量であれば犬にとってメリットの多い食材です。

様々な病気に対応したラインナップ

本記事で紹介している「糖&脂コントロール」をはじめ、犬心は様々な病気に対応したラインナップが用意されています。

様々な病気に対応しているので、愛犬のトラブルに応じて選ぶことができます。

【元気キープ】
がん・腫瘍生疾患に対応

【糖&脂コントロール】
高血糖&高脂血に関わる7つの病気に対応

【消化器ケア】
「消化器トラブル」に対応

【皮膚サポート+】
「皮膚トラブル」に対応

【シニアサポート+】
「認知機能の低下」「関節炎」「活力・免疫力の低下」のシニア3大トラブルに対応

口コミ・評判

療法食で食いつきの良いドッグフードを探していました。
色々な療法食を試しましたが、こちらが一番食いつきが良いです。
クッシング症候群を患い、食欲もなくなっていました。
犬心にしてから食欲を取り戻し、どんどん元気になりました。
獣医さんに勧められた療法食は全然食べず困っていました。
犬心はとても食いつきが良く、美味しそうに食べています。
糖尿病と高脂血を併発してしまい、ドッグフードの切り替えを検討していました。
国産でヒューマングレードの犬心なら安心して与えることができます。

実際に疾患にかかっているワンちゃんの飼い主の方も、健康状態の改善を感じている方が多数いました。

食いつきに関しても高評価の方が多く、療法食の中でも食いつきはかなり良い方だといえるでしょう。

粒の大きさ

犬心

粒の大きさは小粒となっています。

小型犬でも食べやすいサイズで、消化能力の低い幼犬やシニア犬、フードを丸呑みしがちなワンちゃんにもおすすめの大きさです。

与え方

犬心の1日あたりの給与量は以下になります。

体重 給与量
5kg 100g
10kg 160g
15kg 220g
20kg 280g
30kg 380g

こちらの数値を参考に与えるようにしましょう。

ただし、個体差によって変わるので目安として考えるようにしてください。

適切な給与量は犬種、性別、年齢、運動量などによって異なります。

体重の増減や便の状態などを見ながら調整していくようにしてください。

ドッグフードの切り替え方

ドッグフードを切り替える時は、徐々に新しいものへ切り替えていくことをおすすめします。

急に新しいドッグフードに切り替えると、場合によっては下痢や嘔吐などを引き起こすことがあります。

愛犬の身体への負担を軽減させるためにも、便の状態や体調などを見ながら少しずつ新しいフードに慣れさせるようにしてください。

1〜3日目
前のフードをメインに新しいフードを少量ずつ混ぜる。

4〜6日目
新しいフードの割合を少しずつ増やしていく。

7〜10日目
最終的に新しいドッグフードのみにする。

お腹の弱いワンちゃんには、もう少し時間をかけて切り替えるようにしてください。

賞味期限と正しい保存方法

愛犬のためにも、賞味期限を守り、適切な方法で保存するようにしてください。

犬心の賞味期限

犬心の賞味期限は、未開封の場合は製造から1年間となっています。

開封後は、1〜2ヶ月を目安に使い切るようにしてください。

賞味期限が切れてしまったドッグフードは、愛犬の健康を損なう可能性があるので与えないようにしましょう。

上記の期限は、正しい方法で保存した場合の日付である点に注意してください。

正しい保存方法

ドッグフードが酸化しないために、できるだけ空気に触れさせないようにすることが大切です。

犬心はパッケージにチャックがついているので、中の空気を抜いてチャックをしっかり閉めるようにしてください。

保管場所は、劣化を防止するために冷暗所に保管してください。

冷暗所とは、多温多湿にならず直射日光の当たらない場所のことです。

冷蔵庫で保存する方もいるようですが、ドライフードは冷蔵庫で保存するのは避けるようにしてください。

外と冷蔵庫内の温度差によって結露が生じ、カビが発生することがあります。

ドライフードは、できるだけ常温で保存するようにしましょう。

お得な購入方法

犬心は店頭では販売されておらず、インターネットからのみの購入となります。

公式サイト・Amazon・楽天、それぞれのサイトを比較してみましょう。

  公式サイト Amazon 楽天
価格(税抜) 2,600円 なし なし
割引 あり なし なし
送料 ※参照 なし なし

※通常購入は送料510円(ただし、北海道・沖縄県へは1,210円、東北地方へは810円)
 まとめ買いや定期コースは送料200円(ただし、北海道・沖縄県へは送料800円、東北地方へは送料400円)

犬心は、公式サイトのみからの購入となります。

通常購入の場合、1袋2,600円で販売されています。

また、まとめ買いや定期コースを利用することでお得に購入することができます。

まとめ買い

  価格(税抜) 割引額
3kg(1kg×3袋)購入 6,500円 1,300円割引
6kg(1kg×6袋)購入 11,500円 4,100円割引
9kg(1kg×9袋)購入 16,000円 7,400円割引
12kg(1kg×12袋)購入 19,800円 11,400円割引

まとめて購入することで、通常購入より安く購入することができます。

購入する個数に応じて割引率も大きくなっていきます。

定期コース

  価格(税抜) 割引額
3kg(1kg×3袋)購入 6,400円 1,400円割引
6kg(1kg×6袋)購入 11,400円 4,200円割引
9kg(1kg×9袋)購入 15,900円 7,500円割引
12kg(1kg×12袋)購入 19,700円 11,500円割引

定期コースは、フードが切れるタイミングで定期的に届けてくれるサービスです。

定期コースを使用し、まとめ購入するとかなり割安で購入できます。

お届け予定の3日前までにご連絡すれば、お届けサイクルの変更・休止・キャンセルができるので安心して利用できます。

初回限定無料サンプル(200g)

まとめ買い・定期コース利用の方限定で、初回無料サンプル(200g)をお試しいただけます。

また、無料サンプルの発送から9日以内に連絡すると商品のキャンセルをすることができます。

食いつきが不安な場合などでも安心して利用できるので嬉しいサービスですね。

まとめ

犬

犬心(糖&脂コントロール)は、併発しやすい7つの疾患を同時にケアすることができる特別療法食です。

療法食は食いつきが悪い傾向がありますが、犬心は食いつきの評価も高いです。

無料サンプルもあるので、療法食を探している方はぜひ試してみてください。

-ドッグフードの評価

          

関連記事

犬

ビューティープロドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

ビューティープロを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 ここでは、ビューティープロ(低脂肪 1歳から 国産チキン)を例に紹介していきます。 実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介して …

犬

フィッシュ4ドッグ(スーペリア)ドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、天然海洋サプリメントを配合した魚ベースのドッグフード「フィッシュ4ドッグ(スーペリア)」です。 フィッシュ4ドッグ(スーペリア)は、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょ …

犬

オネストキッチンドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、手軽にオリジナルフードが作れる「オネストキッチン」です。 オネストキッチンは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか? ここでは、「オネストキッチン プレファレンス」 …

犬

プレイアーデン(Plaiaden)ドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、ドイツで300年以上の歴史を持つペットフードメーカーと日本の共同開発で作られたドッグフード「プレイアーデン」です。 プレイアーデンは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでし …

犬

プリスクリプションw/dを原材料から評価|口コミや評判を紹介

ここでは、ヒルズのプリスクリプションw/dを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、今後のドッグフード選びの参考にしてみてください。 …