原材料や成分などからおすすめランキングを紹介

ドッグフードの基本

ドッグフードの成分分析値(成分表示)の見方

投稿日:2018-08-14 更新日:

犬
ドッグフードのパッケージには、成分表示が義務付けられています。

メーカーによって、「成分分析値」「保証分析値」「成分値」など、記載の仕方は異なりますが、全てのドッグフードに必ず表示されています。

原材料についてはチェックする方はいると思いますが、成分表示までチェックする方は少ないかもしれません。

しかし、成分表示のチェックの仕方が分かれば、より愛犬に合ったドッグフードを選ぶことができるでしょう。

スポンサーリンク

成分分析値の基本

成分表示には、「タンパク質」「脂質」「繊維質」「灰分」「水分」の成分分析値が必ず記載されています。

この5項目については、「ペットフード公正競争規約」によって記載が義務付けられています。

メーカーによっては、オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸、カルシウム、マグネシウム、亜鉛など、その他の成分についても記載されていることがあります。

表示の仕方について、タンパク質・脂質は◯%以上、繊維質・灰分・水分は◯%以下と記載されています。

これは、多く含まれている方が好ましいものは◯%以上、あまり多すぎると好ましくないものは◯%以下となっています。

この数値は保証値であり、これだけは含まれていると保証しています。

また、粗タンパク質などのように、成分の頭に粗という文字が記載されていることがあります。

これは、純粋にその成分だけでなく、他の成分も混ざっているという意味です。

純粋にその成分だけを測定するのは難しいため、そのような記載となっています。

それぞれの成分のポイント

タンパク質

タンパク質は、筋肉や皮膚、血液などの元となる栄養素です。

とても重要な栄養素で、犬は人間の倍程度のタンパク質を必要とします。

タンパク質が不足すると、皮膚が荒れる、毛が細くなる、抜け毛が多くなるなどの影響があります。

おすすめとしては、25〜35%以上とパッケージに記載されているものを選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

脂質

脂肪は、エネルギー源となる大切な栄養素で、体温の維持やビタミン類の消化・吸収を高めるなどの役割を果たします。

脂肪が不足すると、免疫力の低下や皮膚炎の原因となります。

おすすめとしては、15%前後含まれているものが良いでしょう。

肥満気味の犬であれば、脂肪が控えめなドッグフードを選ぶという選択もありだと思います。

繊維質

繊維質には、水溶性と不溶性がありますが、水溶性食物繊維は測定ができないため、成分表示されているものは、不溶性食物繊維ということになります。

不溶性食物繊維は、消化されずそのまま便として排出されるので、栄養源とはなりません。

適量であれば、肥満や便秘に効果がありますが、過剰にとりすぎると、便秘が悪化してしまいます。

繊維質については、3〜5%前後含まれているものがおすすめとなります。

灰分

灰分とは、ミネラルのことを指し、体の調子を整えるのに役立ちます。

主要なものとしては、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、リン、カリウムなどがあります。

体の機能の維持に重要な役割を果たしますが、取りすぎると尿路結石などのリスクが高まってしまいます。

おすすめとしては、7%前後のものを選ぶと良いでしょう。

水分

水分については、あまり気にしなくて良いです。

ドッグフードの良し悪しに、水分の成分表示は関係ありません。

ちなみに、ドライフードであれば、10%以下の表示となります。

AAFCOの最低要求量について

ドッグフードのパッケージに、「AAFCOの基準をクリア」などの表記を見たことがある方もいると思います。

AAFCOとは、Association of American Feed Control Officialの略で、日本語では米国飼料検査官協会などと訳されます。

この機関では、ドッグフードの成分について、最低要求量を設定しています。

表記が義務付けられている5項目のうちでは、タンパク質と脂質について最低要求量が設定されており、

タンパク質に設定されている最低要求量は、成長期(子犬)で22.5%、維持期(成犬)で18%、

脂質で設定されている最低要求量は、成長期(子犬)で8.5%、維持期(成犬)で5.5%とされています。

ここで注意する点は、AAFCOの最低要求量は「乾燥重量比」であるということです。

乾燥重量比とは、フード中の水分量を引いた数値であるという意味です。

パッケージに記載されている成分表は、水分を含んでいる重量比なので、AAFCOの最低要求量と比較する場合は、乾燥重量比に計算し直して比較する必要があります。

計算式は、「数値÷(100-水分量)」となります。

また、上記でおすすめした数値は、乾燥重量比ではなく、パッケージに記載されている水分量を含んだ数値である点に注意してください。

まとめ

餌を食べる犬
原材料の表記は、安全性の高いドッグフードを選ぶ点でとても重要ですが、成分表記については、栄養バランスをチェックするという点で非常に重要です。

ちなみに、ソフトドライタイプ・セミモイストタイプ・ウエットタイプについては、水分量が多いので、乾燥重量比に直してからAAFCOの最低要求量と比較すると良いでしょう。

ドッグフードを選ぶ際には、原材料だけでなく、成分表記についてもチェックすることで、よち愛犬に合ったドッグフードを選ぶことができるでしょう。

スポンサーリンク

-ドッグフードの基本

          

関連記事

犬

ドッグフードに含まれる危険な原材料4Dミートについて

ドッグフードに関して調べていると、4Dミートという言葉を見かけたことがある人もいると思います。 4Dミートは、安価なドッグフードに含まれていることが多い、とても粗悪な原材料です。 愛犬の健康を考えるな …

犬

ドッグフードの原材料・ソルビン酸カリウムの危険性は?

ドッグフードには、様々な添加物が加えられています。 その中の一つに、ソルビン酸カリウムというものがあります。 このソルビン酸カリウムは、ドッグフードに含まれる危険な原材料としてたびたび紹介されます。 …

犬

ドッグフードに使用されている着色料について

ドッグフードには、着色料が添加されていることがあります。 着色料には、天然のものと、人工的に作られたものがあり、ドッグフードに使われているものは、ほとんど人工的なものです。 着色料とは、色をつけるため …

犬

ドッグフードの危険な酸化防止剤(エトキシキン、BHA、BHT)

酸化防止剤と聞いて、どのようなイメージを抱きますか? おそらく、あまり良い印象を持たない人が多いと思います。 しかし、販売されている多くのドッグフードには、酸化防止剤が含まれています。 酸化防止剤には …

犬

ドッグフードの原材料・亜硝酸ナトリウムの危険性は?

ドッグフードには、亜硝酸ナトリウムという原材料が使用されていることがあります。 あまり聞き慣れない原材料だと思いますが、意外と添加されているドッグフードは多くあります。 亜硝酸ナトリウムがドッグフード …