原材料や成分などからおすすめドッグフードを紹介

ドッグフードの評価

アニモンダ・グランカルノを原材料から評価|口コミや評判を紹介

投稿日:2018-12-10 更新日:

犬
お肉本来の味を引き出したドッグフード「アニモンダ・グランカルノ」。

アニモンダ・グランカルノは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。

ここでは、「アニモンダ グランカルノ ドライフード アダルト」を原材料や成分表などから評価していきたいと思います。

実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、今後のドッグフード選びの参考にしてみてください。

アニモンダ・グランカルノの概要

総合ポイント3pt

評価基準
原材料   :
安全性   :
栄養バランス:
コスパ   :
食いつき  :
商品名 アニモンダ グランカルノ ドライフード アダルト
販売業者 ジャーマンペット株式会社
フードの目的 総合栄養食
フードのタイプ ドライタイプ
価格 1,512円(税込)※Amazon参照
容量 1kg
100gあたり価格 151円
合成酸化防止剤 不使用
合成保存料・合成着色料 不使用
穀物 コーン、ライス、コーングルテン
原産国 ドイツ
対象年齢 1〜7歳

アニモンダ・グランカルノの特徴

第一主原料はチキン

第一主原料は鳥肉粉、つまりチキンが使用されています。

一般的に、〇〇粉と表記されている肉類は粗悪な原料を使用していることがほとんどですが、グランカルノは副産物が含まれておらず、良質な肉類を使用しています。

良質な肉類を新鮮なまま加工することで、素材本来の味や香りを活かすことができます。

人工添加物無添加

原材料に、合成酸化防止剤や合成着色料などの人工添加物を使用していません。

人工添加物は、発ガン性が確認されているものなど、健康に悪影響を与える恐れがあります。

愛犬の健康を考えると、人工添加物無添加のフードを選ぶ方が好ましいです。

アレルギーになりにくい穀物を使用

原材料には、コーン、ライス、コーングルテンといった穀物が使用されています。

犬は穀物を消化しにくいと言われますが、製造過程で消化しやすい状態になっているので問題ありません。

また、穀物はアレルギーの心配をする方もいるかもしれません。

アニモンダ・グランカルノで使用している穀物は、アレルギーになりにくいものなので過度な心配はいりません。

コーンはアレルギーになりやすいイメージがあるかもしれませんが、コーンにアレルギーを持っているワンちゃんは全体の5%以下です。

穀物の使用量に注意

原材料表記は、使用している量が多い順に記載されています。

第一主原料は鳥肉粉であるものの、その次にコーン・ライスと続き、穀物が多めに使用されていることが分かります。

穀物は炭水化物を多く含んでいるので、過剰に摂取すると肥満や糖尿病などのリスクが上がります。

穀物は適量であれば問題ありませんが、過剰摂取には注意が必要です。

アニモンダ・グランカルノの原材料

好ましくない原材料は赤色で表示しています。

危険な原材料についてはこちらを参照ください。

鳥肉粉、コーン、ライス、ビートパルプ、鳥脂肪、牛脂肪、鳥レバー、コーングルテン、魚油、イースト、ホウレンソウ(乾燥)、チコリ繊維、乾燥全卵、塩化ナトリウム、グレープシード粉、ミドリイガイ抽出物、ユッカシジゲラ、ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンC、リノール酸、ミネラル(ヨウ素、銅、亜鉛、セレン)

鳥肉粉

筋肉や皮膚、内臓など体の組織を作るのに欠かせないタンパク質が豊富に含まれています。

鳥肉のタンパク質は必須アミノ酸のバランスが良いので、消化吸収に優れています。

粘膜を強くするビタミンA、皮膚の健康を助けるナイアシン(ビタミンB3)など健康に効果のある栄養素が多く含まれています。

コーン

必須脂肪酸のリノール酸多く含んでいるので、血中コレステロール値や中性脂肪値を抑える働きがあります。

ビタミンB1やビタミンB2といったビタミンB群が豊富で、カルシウム・マグネシウム・カリウム・鉄分など各種ミネラルも多く含んでいます。

高GI値なので血糖値が上昇しやすく、摂りすぎると肥満等のリスクが上がります。

ライス

エネルギーの源となる炭水化物をはじめ、タンパク質・脂質・食物繊維などを豊富に含んでいます。

ビタミンも豊富で、疲労回復に効果のあるビタミンB1や抗酸化作用のあるビタミンEなどを多く含みます。

鉄分やカルシウム、亜鉛など各種ミネラルも多く含んでいます。

ビートパルプ

ビートパルプとは、甜菜(砂糖大根)から砂糖等を搾り取った残りカスのことです。

不溶性食物繊維が豊富なので整腸作用がありますが、過剰に摂りすぎると便秘になる恐れがあります。

また、製造過程で使用した薬剤が残留している可能性があるので注意が必要です。

鳥脂肪

鳥脂肪は、他の動物性脂肪よりもコレステロールが少なめで、抗酸化作用の高いビタミンEが多く含まれています。

体に有毒な活性酸素を抑制するセレンも豊富なので、筋肉や肌、血管などの老化を防ぐ効果があります。

アニモンダ・グランカルノの成分表

成分表の見方についてはこちらを参照ください。

蛋白質25 %、脂肪14 %、粗繊維 4 %、粗灰分 5.5 %、水分 8 %、カルシウム 1%、リン 0.8 %
エネルギー(100gあたり):370kcal

口コミ

食いつきが良く、健康面でも問題ありません。
色々なフードを試してきましたが、これからはこちらを利用したいと思います。
軟便に悩んでいましたが、これに切り替えてから便の硬さがちょうど良いです。
美味しいようで残さず食べています。
前にあげていたフードが食べなくなったので購入してみました。
穀物の使用が多いように感じますが、原材料の質は良さそうです。
最初はなかなか食べませんでしたが、徐々に食べるようになりました。
商品自体は良いのですが、少し高いのがネックです。

食いつきはほとんどの方が高評価で、便の状態が良くなったという感想もありました。

対して、価格に対する不満も一部でありました。

まとめ

犬
アニモンダ・グランカルノについて評価しました。

人工添加物は無添加で、原料は高品質なものを使用しています。

ただ、穀物の使用量が多いことやビートパルプを使用している点が気になります。

価格も高めなので、他のフードと比較・検討してみると良いでしょう。

-ドッグフードの評価

          

関連記事

犬

ファーストチョイスを原材料から評価|口コミや評判を紹介

獣医師によって栄養バランスが考えられたドッグフード「ファーストチョイス」。 ファーストチョイスは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。 この記事では、「ファーストチョイス 成犬 小粒チキ …

犬

プロフェッショナルバランスを原材料から評価|口コミや評判を紹介

プロフェッショナルバランスを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 ここでは、「プロフェッショナルバランス 1歳から 成犬用」を例に紹介していきます。 実際に購入した飼い主の方の口コミなど …

ジウィピークを原材料から評価|口コミや評判を紹介

ジウィピークを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 ここでは、「ジウィピーク エアドライ・ドッグフード グラスフェッドビーフ」を例に紹介していきます。 実際に購入した飼い主の方の口コミな …

犬

アルモネイチャーを原材料から評価|口コミや評判を紹介

アルモネイチャーについて評価していきます。 ここでは、「アルモネイチャー ホリスティック サーモン 小型犬用」を例に紹介していきます。 実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、今後のド …

犬

ビルジャックを原材料から評価|口コミや評判を紹介

ビルジャックを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 ここでは、「ビルジャック スモールブリードアダルト」を例に紹介していきます。 実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、 …