原材料や成分などからおすすめランキングを紹介

ドッグフードの基本

ドッグフードはグレインフリーが良いのか?穀物不使用について

投稿日:2018-07-31 更新日:

犬
ドッグフードには、原材料に穀物が使用されていないもの、いわゆるグレインフリーのものが販売されています。
これは、穀物を犬に与えることが良くないという認識が、理由の一つにあります。

犬に穀物を与えるのは、良くないことなのでしょうか?

スポンサーリンク

穀物が良くないと言われる理由

消化が悪い

小麦や米、トウモロコシなどの穀物は、犬にとって、消化の悪いものだといわれています。

犬の唾液には、アミラーゼという酵素が含まれていません。
アミラーゼは、デンプンをブドウ糖に分解しますが、犬は、炭水化物の主な成分であるデンプンを、唾液で消化することができないのです。

トウモロコシを犬にあげたら、消化できず、そのままの形で便と一緒に出てきたという経験をしたことがある方もいると思います。
消化が悪いと、嘔吐や下痢の原因にも繋がってしまいます。

アレルギーの心配

穀物は、アレルギーを引き起こす原因になるという指摘があるようです。

これは、穀物に含まれているグルテンというタンパク質の一種が、免疫器官を刺激することで、アレルギーを引き起こすことが心配されています。

それによって、皮膚のかゆみやただれ、下痢などの症状を引き起こします。

スポンサーリンク

犬に穀物はいらない?

犬は、肉食動物なので、肉類を与えていれば良いと思っている方もいるようです。

しかし、肉食だけでは、必要な栄養素を全て補うことはできません。
もちろん、犬に必要な栄養素は、穀物以外からも摂取できるので、必ずしも穀物が必要というわけではありません。

しかし、穀物にもメリットがあります。
まず、便秘の予防が挙げられます。穀物は、繊維質を多く含んでいるので、便秘解消の効果があります。

また、穀物は、少量でも満腹感を感じることができるので、ダイエット効果も期待され、肥満対策になります。

穀物入りを選んでも良いのか?

上記で説明した通り、犬にとって穀物が心配される点はいくつかあります。
では、穀物入りは選んでも大丈夫なのでしょうか?

穀物が消化しにくいことについて、販売されているドッグフードに含まれている穀物は、製造の際に加熱・加工されているので、デンプンはゼラチン状になっていて、犬が消化できるようになっています。

なので、穀物入りのドッグフードによる消化の問題は、気にしなくて大丈夫だと思われます。

また、アレルギーについて、確かに穀物によるアレルギーの心配はあります。

穀物の場合、グルテンによる影響を心配する方も多いと思います。
これについては、グルテンフリーのドッグフードも販売されているので、そちらを購入するのも良いでしょう。

選び方

穀物は、犬の健康に必要な炭水化物を多く含んでいるので、ドッグフードに使われることが多いです。
しかし、必要な栄養素は他の原材料で補えば良いので、必ずしも穀物入りでなければいけないわけではありません。

選び方としては、アレルギーの心配のある犬は、グレインフリーやグルテンフリーのドッグフードを選んだ方が良いでしょう。

しかし、全ての犬がアレルギー体質ではありませんし、穀物にもメリットがあります。
さらに、グレインフリーやグルテンフリーのドッグフードは、他のものより高価なことが多いので、穀物入りを選ぶ人もいると思います。

穀物使用のドッグフードを選ぶ際の注意点は、「麦粉」「米粉」「トウモロコシ粉」「コーングルテン」などと記載されているものは選ばないようにしてください。

米や麦とはっきり表現されていないものは、古かったりカビが生えているような粗悪なものが混ざっている可能性があります。

そうではなく、「小麦粉」「ひきわり全粒玄米」「ひきわり全粒大麦」のように明確な表現をしているものを選びましょう。

また、犬は肉食動物なので、穀物中心のドッグフードより肉類中心のものが良いでしょう。

原材料の表記は、含まれているものが多い順序で記載されているので、肉類が上位に記載されているドッグフードを選ぶと良いでしょう。

まとめ

犬
アレルギーの心配のない犬については、穀物が使用されているドッグフードでも、特に問題はありません。

ただ、ドッグフードによっては、粗悪な穀物が使用されているものがあるので注意してください。

スポンサーリンク

-ドッグフードの基本

          

関連記事

犬

ドッグフードに含まれる動物性脂肪と植物性脂肪

ドッグフードには、栄養バランスのために、油脂類が含まれています。 脂肪は、主に動物性と植物性に分けることができます。 どちらの油脂が含まれているかによって、犬に与える影響も異なってきます。 それでは、 …

犬

ドッグフードのタイプ それぞれのメリットとデメリット

ドッグフードといっても、色々なタイプや種類があり、どれを与えるべきか迷ってしまう飼い主の方もいると思います。 それぞれのタイプや種類に特徴があるので、目的等によって、適切なものを選ぶ必要があります。 …

犬

ドッグフードの種類 それぞれの特徴

ドッグフードは、様々な商品が店頭に並んでいますが、一般社団法人ペットフード協会によると、「総合栄養食」「間食」「療法食」「その他の目的食」と、目的別に分類されています。 それぞれの特徴を知ることができ …

犬

ドッグフードの危険な酸化防止剤(エトキシキン、BHA、BHT)

酸化防止剤と聞いて、どのようなイメージを抱きますか? おそらく、あまり良い印象を持たない人が多いと思います。 しかし、販売されている多くのドッグフードには、酸化防止剤が含まれています。 酸化防止剤には …

犬

ドッグフードに使用されている着色料について

ドッグフードには、着色料が添加されていることがあります。 着色料には、天然のものと、人工的に作られたものがあり、ドッグフードに使われているものは、ほとんど人工的なものです。 着色料とは、色をつけるため …