原材料や成分などからおすすめドッグフードを紹介

ドッグフードの評価

グゥード(goood)ドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

投稿日:

犬

この記事で紹介するのは、国産で無添加の生食ドッグフード「グゥード」です。

グゥードは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか?

ここでは、「グゥード チキン」を原材料や成分表などから評価していきたいと思います。

実際に購入した飼い主の方の口コミやお得な購入方法なども紹介しているので、今後のドッグフード選びの参考にしてみてください。

グゥードの概要

総合ポイント4.5pt

評価
原材料:
安全性:
成分 :
コスパ:
嗜好性:
商品名 グゥード
販売業者 株式会社ファースト
価格 5,286円(税込)※Amazon参照
容量 75g×18本
100gあたり価格 406円
添加物 不使用
穀物 不使用(グレインフリー)
原産国 日本
対象年齢 オールステージ

グゥードの特徴

生食フード

グゥードは、非加熱製造で作られています。

加熱せずに製造することで、酵素や栄養素を損なうことなく効果的に摂取することができます。

素材本来の栄養を摂取することができ、消化吸収にも優れています。

ヒューマングレードを使用

原材料には、ヒューマングレードのものを使用しています。

ヒューマングレードとは、人間が食べることができる品質という意味です。

原材料の産地も公表されているので、安心して利用することができます。

完全無添加

原材料には、人工添加物が一切使用されていません。

人工添加物を与えると、アレルギー反応を引き起こしたり健康に悪影響を与える恐れがあります。

愛犬の健康を考えると、人工添加物は不使用のフードが望ましいです。

グゥードは栄養添加物も含まれず完全無添加となっています。

グレインフリー

原材料には穀物が使われていません。

犬は穀物にアレルギーを持っていることがあるので注意すべき食材の一つです。

グレインフリーのグゥードは、穀物にアレルギーを持つワンちゃんにも安心して利用することができます。

グゥードの原材料

好ましくない原材料は赤色で表示しています。

危険な原材料についてはこちらを参照ください。

鶏肉・鶏レバー・鶏筋胃・鶏骨・ニンジン・キャベツ・全卵・ブロッコリー・ほうれん草・かぼちゃ・みかん・林檎・パセリ・亜麻仁油・フーカス・アルファルファ・昆布・エキナセア・乳酸菌(FK-23)

鶏肉

筋肉や皮膚、内臓など体の組織を作るのに欠かせないタンパク質が豊富に含まれています。

鶏肉のタンパク質は必須アミノ酸のバランスが良く、消化吸収に優れています。

粘膜を強くするビタミンA、皮膚の健康を助けるナイアシンなど健康に効果のある栄養素が多く含まれています。

ニンジン

ニンジンは、カロテンを豊富に含んでいます。

カロテンは体内でビタミンAに変換され、皮膚の健康維持などに効果があります。

カリウムも豊富なので、余分な塩分を排出する働きがあります。

かぼちゃ

βカロチンの他、ポリフェノールやビタミンC、ビタミンEなども多く含んでいます。

これらは抗酸化ビタミンとも呼ばれ、細胞が老化するのを防ぐ効果があります。

林檎

リンゴには、ポリフェノールの一種であるプロシアニジンが豊富に含まれています。

プロシアニジンは抗酸化作用があり、皮膚の老化を防ぐ効果があります。

また、カリウムや食物繊維なども多く含んでいます。

アルファルファ

野菜の王様とも呼ばれるアルファルファは、必須アミノ酸が豊富で疲労回復に効果があります。

粘膜や皮膚を健康に保つ効果があるビタミンAは、レバー以上に含まれています。

抗酸化作用のあるビタミンEも多いので、老化防止などにも効果があります。

グゥードの成分表

成分表の見方についてはこちらを参照ください。

粗蛋白18.2%以上、粗脂肪6.1%以上、粗繊維0.5%以下、水分73.1%以下、カルシウム1.2%以上、リン0.7%以上 エネルギー(1本あたり):116kcal

与え方

グゥードの1日あたりの給与量は以下になります。

 体重 本数
〜3kg 0.5〜1本
3〜5kg 1〜2本
5〜8kg 2〜2.5本
8〜9kg 2.5〜3本
9〜11kg 3〜3.5本
11〜12kg 3.5〜4本
12〜14kg 4〜4.5本
14〜15kg 4.5〜5本
15〜20kg 5.5〜6.5本
20〜30kg 6.5本〜

こちらの数値を参考に与えるようにしましょう。

ただし、個体差によって変わるので目安として考えるようにしてください。

適切な給与量は犬種、性別、年齢、運動量などによって異なります。

体重の増減や便の状態などを見ながら調整していくようにしてください。

ドッグフードの切り替え方

ドッグフードを切り替える時は、徐々に新しいものへ切り替えていくことをおすすめします。

急に新しいドッグフードに切り替えると、場合によっては下痢や嘔吐などを引き起こすことがあります。

愛犬の身体への負担を軽減させるためにも、便の状態や体調などを見ながら少しずつ新しいフードに慣れさせるようにしてください。

1〜3日目
前のフードをメインに新しいフードを少量ずつ混ぜる。

4〜6日目
新しいフードの割合を少しずつ増やしていく。

7〜10日目
最終的に新しいドッグフードのみにする。

お腹の弱いワンちゃんには、もう少し時間をかけて切り替えるようにしてください。

保存方法と賞味期限

愛犬のためにも、賞味期限を守り、適切な方法で保存するようにしてください。

正しい保存方法

グゥードは、冷凍保存するようにしてください。

ご使用の際は、冷蔵庫で自然解凍、または流水で解凍するようにしましょう。

室温で長時間解凍するとフードが傷んでしまいます。

1度解凍したら、再度冷凍はしないようにしてください。

グゥードの賞味期限

グゥードの賞味期限は、未開封の場合は製造から約1年間です

解凍後は冷蔵保存した上で、未開封は2日・開封後は1日で使い切るようにしてください。

賞味期限が切れてしまったドッグフードは、愛犬の健康を損なう可能性があるので与えないようにしましょう。

口コミ・評判

好き嫌いの多い子ですが、これだけは美味しそうに食べてくれます。
これじゃないと食べないので、いつも買い溜めしてあります。
アレルギー持ちですが、安心して利用することができます。
食いつきも良く満足しています。
何度もリピートしていますが、いまだに食いつきが抜群です。
体調も良好で、便の状態もいいです。
フード自体に不満はありませんが、高額なのがネックです。
もう少し安くなると嬉しいです。

口コミは好評で、食いつきが良いという感想が特に多かったです。

価格に対する不満はあるものの、利用者の満足度は高いようです。

商品ラインナップ

グゥードには、以下のラインナップがあります。

【チキン】
18本入り、30本入り

【ホース】
18本入り、30本入り

【ジープ】
18本入り、30本入り

【3種セット】
18本入り(各6本)、36本入り(各12本)、54本入り(各18本)

【お試しセット】
6本入り(各2本)

まとめ

犬

ヒューマングレードで無添加と非常に安全性の高いフードとなっています。

カロリーや食事量が少ないと感じるかもしれませんが、生食のためカロリーは低く栄養価は高くなっています。

そのため、グゥードを与えるだけで健康維持に必要な栄養素を摂取することができます。

お試しサイズもあるので、気になる方は是非試してみてください。

-ドッグフードの評価

          

関連記事

犬

いぬのしあわせを原材料から評価|口コミや評判を紹介

いぬのしあわせを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 ここでは、「いぬのしあわせ 小粒 1歳から」を例に紹介していきます。 実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、今後の …

犬

ウェルケアドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

ウェルケアを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 ここでは、「ウェルケア オールステージ レトリバー専用」を例に紹介したいと思います。 実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介している …

犬

ソリッドゴールドを原材料から評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、プレミアムドッグフードの先駆者「ソリッドゴールド」です。 ソリッドゴールドは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。 ここでは、小型犬全年齢対象の「ソリッドゴールド …

犬

リズム(Rhythm)ドッグフードを原材料から評価|口コミや評判を紹介

リズム(Rhythm)は、計測器大手メーカーである株式会社タニタの前会長谷田大輔氏によってプロデュースされたドッグフードです。 リズムは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか? この記事で …

犬

BLUE(ブルー)ドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、ライフソースTMビッツを使用したアメリカの自然派ペットフード「BLUE」です。 BLUE(ブルー)は、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。 ここでは、「ブルーバッ …