原材料や成分などからおすすめドッグフードを紹介

ドッグフードの評価

ファーストメイトドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

投稿日:

犬

この記事で紹介するのは、世界初のグレインフリードッグフード「ファーストメイト」です。

ファーストメイトは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか?

ここでは、「ファーストメイト オーストラリアンラム 小粒」を原材料や成分表などから評価していきたいと思います。

実際に購入した飼い主の方の口コミやお得な購入方法なども紹介しているので、今後のドッグフード選びの参考にしてみてください。

ファーストメイトの概要

総合ポイント3.7pt

評価
原材料:
安全性:
成分 :
コスパ:
嗜好性:
商品名 ファーストメイト
販売業者 株式会社ボンビアルコン
フードの目的 総合栄養食
タイプ ドライタイプ
価格 4,644円(税込)※Amazon参照
容量 2.3kg
100gあたり価格 231円
添加物 不使用
穀物 不使用(グレインフリー)
原産国 カナダ
対象年齢 全年齢対応

ファーストメイトの特徴

グレインフリー

ファーストメイトは、世界で初めてのグレインフリードッグフードです。

犬は穀物にアレルギーを持っていることがあるので注意すべき食材の一つです。

グレインフリーのファーストメイトは、穀物アレルギーのワンちゃんにも安心して与えることができます。

シンプルな製法

動物性タンパク源・炭水化物源は1種類のみとシンプルに作られています。

シンプルな製造方法により、消化吸収に優れアレルギーリスクが軽減されたドッグフードになっています。

フードローテーションしながら利用するのがオススメです。

第一主原料はジャガイモ

第一主原料には、ジャガイモが使用されています。

肉類が少ないように感じますが、タンパク質のうち70%以上が動物性タンパク質となっているためタンパク質源は肉類がメインとなっています。

また、炭水化物が多すぎる気がしますが、炭水化物源がジャガイモだけなので他のフードと比べて特別多いわけではありません。

ただ、ジャガイモは高GI値で血糖値が上がりやすいので、摂りすぎると肥満などのリスクが上がります。

安全な原材料

原材料にラムミールが使われているので肉類の品質が気になります。

一般的に、ミール系の肉類は低品質な素材を使用していることがあります。

公式サイトによると、副産物などは使用していないと記載されているので粗悪な原料は使われていないことが分かります。

良質な素材を使用しているので、安心して利用することができます。

ファーストメイトの原材料

好ましくない原材料は赤色で表示しています。

危険な原材料についてはこちらを参照ください。

ジャガイモ、ラムミール、トマト絞りかす、鶏脂肪*(保存用に混合トコフェロールを使用)、塩化カリウム、DL メチオニン、塩化コリン、プロピオン酸カルシウム、ブルーベリー、ラズベリー、クランベリー、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、銅、ヨウ素、炭酸コバルト、セレン酵母)、ビタミン類(ビタミンE、リボフラビン、ナイアシン、D-パントテン酸、チアミン塩酸塩、ビタミンA、ピリドキシン塩酸塩、ビオチン、葉酸、ビタミンB12、ビタミンD3)、タウリン、酵母エキス(プレバイオティクスの原料)、グルコサミン塩酸塩
*ファーストメイトのペットフードに使用されている鶏脂肪は、鶏肉由来のアレルギーのリスクをなくすために、あらかじめタンパク質が除去されています。

ジャガイモ

ジャガイモはビタミンCは豊富で、ミカンと同じくらい含まれています。

ビタミンCは抗酸化作用があり、ジャガイモのビタミンCは加熱しても壊れにくいので効率よく吸収できます。

ナトリウム(塩分)を排泄する役割があるカリウムも多く含まれるので、血圧降下作用があります。

ラムミール

タンパク質が豊富で、ビタミン類やミネラルも多く含まれています。

ラムは他の肉類より脂肪の融点が高いので、体内で脂肪が吸収されにくいです。

また、脂肪燃焼を促進する作用のあるL-カルニチンも豊富に含まれています。

トマト絞りかす

トマトジュースやケチャップなどの製造時にできたものを使用しています。

トマトに多く含まれるリコピンは、抗酸化作用があるので細胞の老化を防ぐ効果があります。

また、βカロテンなどのビタミン類も豊富に含まれています。

鶏脂肪

鶏脂肪は他の動物性脂肪よりもコレステロールが少なめで、抗酸化作用の高いビタミンEが多く含まれています。

体に有毒な活性酸素を抑制するセレンも豊富なので、筋肉や肌、血管などの老化を防ぐ効果があります。

クランベリー

アメリカで多く栽培されるクランベリーは、ポリフェノールを多く含んでいます。

ポリフェノールの一種であるアントシアニンは視機能の改善に効果があり、ケルセチンは細胞の老化を防いでくれます。

抗酸化作用のあるビタミンCも豊富なので、アンチエイジングに効果があります。

ファーストメイトの成分表

成分表の見方についてはこちらを参照ください。

粗タンパク質:24%以上、粗脂質:13%以上、粗繊維:7.5%以下、粗灰分:8%以下、水分:10%以下、カルシウム:2.4%以上、リン:1.4%以上、グルコサミン:100mg/kg以上
エネルギー(100gあたり):326kcal

粒の大きさ

ファーストメイト

直径が約0.8cmで丸型の形状をしています。

ドッグフードの中でも小粒なので、小型犬でも食べやすいサイズです。

与え方

ファーストメイトの1日あたりの給与量は以下になります。

【シニア犬・おとなしい犬】

 体重 給与量
1.0〜2.3kg 19〜39g
2.3〜4.5kg 19〜39g
4.5〜9.0kg 39〜78g
9.0〜13.6kg 78〜116g
13.6〜23.0kg 116〜233g
23.0〜32.0kg 233〜310g
32.0〜41.0kg 310〜388g
41.0〜50.0kg 388〜465g
50.0〜64.0kg 465〜620g

【成犬】

 体重 給与量
1.0〜2.3kg 19〜39g
2.3〜4.5kg 39〜52g
4.5〜9.0kg 52〜103g
9.0〜13.6kg 103〜155g
13.6〜23.0kg 155〜271g
23.0〜32.0kg 271〜349g
32.0〜41.0kg 349〜465g
41.0〜50.0kg 465〜581g
50.0〜64.0kg 581〜698g

【子犬】

 体重 給与量
1.0〜2.3kg 19〜39g
2.3〜4.5kg 39〜52g
4.5〜9.0kg 52〜116g
9.0〜13.6kg 116〜194g
13.6〜23.0kg 194〜310g
23.0〜32.0kg 310〜426g
32.0〜41.0kg 426〜543g
41.0〜50.0kg 543〜659g
50.0〜64.0kg 659〜775g

こちらの数値を参考に与えるようにしましょう。

ただし、個体差によって変わるので目安として考えるようにしてください。

適切な給与量は犬種、性別、年齢、運動量などによって異なります。

体重の増減や便の状態などを見ながら調整していくようにしてください。

ドッグフードの切り替え方

ドッグフードを切り替える時は、徐々に新しいものへ切り替えていくことをおすすめします。

急に新しいドッグフードに切り替えると、場合によっては下痢や嘔吐などを引き起こすことがあります。

愛犬の身体への負担を軽減させるためにも、便の状態や体調などを見ながら少しずつ新しいフードに慣れさせるようにしてください。

1〜3日目
前のフードをメインに新しいフードを少量ずつ混ぜる。

4〜6日目
新しいフードの割合を少しずつ増やしていく。

7〜10日目
最終的に新しいドッグフードのみにする。

お腹の弱いワンちゃんには、もう少し時間をかけて切り替えるようにしてください。

賞味期限と保存方法

愛犬のためにも、賞味期限を守り、適切な方法で保存するようにしてください。

ファーストメイトの賞味期限

ファーストメイトは、開封してから1ヶ月以内に使い切るようにしてください。

賞味期限が切れてしまったドッグフードは、愛犬の健康を損なう可能性があるので与えないようにしましょう。

上記の期限は、正しい方法で保存した場合の日付である点に注意してください。

正しい保存方法

ドッグフードが酸化しないために、できるだけ空気に触れさせないようにすることが大切です。

ファーストメイトはパッケージにチャックがついているので、中の空気を抜いてチャックをしっかり閉めるようにしてください。

保管場所は、劣化を防止するために冷暗所に保管してください。

冷暗所とは、多温多湿にならず直射日光の当たらない場所のことです。

冷蔵庫で保存する方もいるようですが、ドライフードは冷蔵庫で保存するのは避けるようにしてください。

外と冷蔵庫内の温度差によって結露が生じ、カビが発生することがあります。

ドライフードは、できるだけ常温で保存するようにしましょう。

口コミ

試しにあげてみたらあっという間に食べてしまいました。
グレインフリーなので安心して利用できます。
食い付きはこれまでのフードと比べてもかなりいいです。
他の種類とローテーションしながら利用したいと思います。
これにしてから涙やけが改善されました。
食いつきも良く満足しています。

食いつきが良いという感想が多く、嗜好性は高いようです。

涙やけが良くなったといった意見もありました。

商品ラインナップ

ファーストメイトには、以下のラインナップがあります。

【オーストラリアンラム】
ラム肉を使用したグレインフリーフード
サイズ:1kg/2.3kg/6.6kg/13kg

【オーストラリアンラム・小粒】
ラム肉を使用した小粒のフード
サイズ:1kg/2.3kg/6.6kg

【チキンウィズブルーベリー】
チキンを使用したグレインフリーフード
サイズ:1kg/2.3kg/6.6kg/13kg

【チキンウィズブルーベリー・小粒】
チキンを使用した小粒のフード
サイズ:1kg/2.3kg/6.6kg

【パシフィックオーシャンフィッシュ】
太平洋産の魚を使用したグレインフリーフード
サイズ:1kg/2.3kg/6.6kg/13kg

【パシフィックオーシャンフィッシュ・小粒】
太平洋産の魚を使用した小粒のフード
サイズ:1kg/2.3kg/6.6kg

【パシフィックオーシャンフィッシュ エンデュランス/パピー】
子犬や活動犬におすすめ
サイズ:1kg/2.3kg/6.6kg

【パシフィックオーシャンフィッシュ ラージブリード】
中〜大型犬におすすめの大粒フード
サイズ:6.6kg/13kg

【パシフィックオーシャンフィッシュ ウエイトコントロール/シニア】
シニア犬や体重管理用におすすめ
サイズ:1kg/2.3kg/6.6kg/13kg

まとめ

犬

原材料は良質なものを使い、添加物は栄養添加物以外のものは使用していません。

グレインフリーで単一の動物性タンパク質なので、アレルギーに配慮された作りになっています。

ジャガイモの使用量が多いので、糖質の摂りすぎには注意が必要です。

ローテーションしながら利用することで、食べ飽きを防いだりアレルギー対策に効果があります。

-ドッグフードの評価

          

関連記事

犬

プリモドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、生肉に近い食事を提供するドッグフード「プリモ」です。 プリモは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。 ここでは、プリモを原材料や成分表などから評価していきたいと思 …

犬

アルモネイチャードッグフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、ヨーロッパで人気のイタリア産ドッグフード「アルモネイチャー」です。 アルモネイチャーは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。 ここでは、「アルモネイチャー ホリス …

犬

オネストキッチンドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、手軽にオリジナルフードが作れる「オネストキッチン」です。 オネストキッチンは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか? ここでは、「オネストキッチン プレファレンス」 …

犬

ビオナチュールドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは。無添加で無農薬の原材料を使用したオーガニックフード「ビオナチュール 」です。 ビオナチュールは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。 ここでは、「ビオナチュール …

犬

テイストオブザワイルドドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、魚がメインのアメリカ産ドッグフード「テイストオブザワイルド」です。 テイストオブザワイルドを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 ここでは、「テイストオブザワイル …