原材料や成分などからおすすめドッグフードを紹介

ドッグフードの評価

FINEPET’S(ファインペッツ)ドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

投稿日:2018-11-26 更新日:

犬

この記事で紹介するのは、全年齢・全犬種対応のドッグフード「FINEPET’S」です。

FINEPET’Sは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。

ここでは、FINEPET’S(ファインペッツ)を原材料や成分表などから評価していきたいと思います。

実際に購入した飼い主の方の口コミやお得な購入方法なども紹介しているので、今後のドッグフード選びの参考にしてみてください。

FINEPET’S(ファインペッツ)の概要

ファインペッツ

総合ポイント4.5pt

商品名 FINEPET’Sドッグフード 
販売業者 株式会社エヴリワンズ
フードの目的 総合栄養食
タイプ ドライタイプ
添加物 不使用
穀物 オートミール、大麦、全粒米
原産国 オランダ
対象年齢 全年齢対応

原材料

好ましくない原材料は赤色で表示しています。

危険な原材料についてはこちらを参照ください。

鹿肉、鶏肉、オートミール、大麦、全粒米、鶏脂、グリーンピース、ポテト、豆類繊維質、リンゴ、サーモン、鶏レバー、サーモンオイル(オメガ3・オメガ6)、チコリ抽出物、フラクトオリゴ糖、マンナンオリゴ糖、フラックスシード、ビール酵母、全卵粉、昆布、パセリ、ローズマリー、セイヨウイラクサ、カモマイル、セージ、タイム、コリアンダー、セイヨウタンポポ、甘草、魚介類抽出物(グルコサミン0.03%)、ユッカシジゲラ抽出、コンドロイチン0.01%

成分表

成分表の見方についてはこちらを参照ください。

粗タンパク質27.1%、粗脂肪分16%、粗繊維質4.5%、灰分8.2%、カルシウム1.91%、リン分1.24%、水分8%
エネルギー(100gあたり):440kcal(カロリー)

FINEPET’S(ファインペッツ)の評価

総合ポイント4.5pt

原材料 4.5pt
添加物 5pt
アレルギー 4.5pt
成分 4pt
コスパ 4.5pt

原材料:粗悪な原料を使用していないか?

好ましくない食材 ・特になし

好ましくない食材は特に含まれていません。

ヒューマングレードを使用しており、原材料の品質はとても高いです。

添加物:危険な添加物は使用していないか?

【危険な添加物】

エトキシキン(酸化防止剤) なし
BHA(酸化防止剤) なし
BHT(酸化防止剤) なし
合成着色料 なし
没食子酸プロピル(酸化防止剤) なし
ソルビン酸カリウム(保存料) なし
亜硝酸ナトリウム(発色剤) なし
プロピレングリコール(保湿剤) なし
グリシリジン・アンモニエート(甘味料) なし

危険性のある添加物は一切含まれていません。

栄養添加物も不使用で、完全無添加のフードとなっています。

アレルギー:アレルギーになりやすい食材を使用していないか?

【アレルギーの原因になりやすい食材】

牛肉 なし
小麦 なし
とうもろこし なし
大豆 なし
乳製品 なし

アレルギーになりやすい食材は特に含まれていません。

穀物を使用していますが、アレルギー性が低いものなので過度な心配はいりません。

成分:栄養バランスは?

成分 数値 高〜低
タンパク質 27.1%以上 高め
脂質 16.0%以上 高め
繊維質 4.5%以下 標準
灰分 8.2%以下 標準
水分 8.0%以下
カロリー 440kcal/100g 高め

タンパク質・脂質・カロリーが高めのフードになっています。

パピー犬や運動量の多いワンちゃんにおすすめです。

コスパ:価格は適切か?

価格 3,457円(税込)
容量 1.5kg
100gあたりの価格 230円

100gあたり230円とプレミアムフードの中では比較的リーズナブルな価格となっています。

品質を考えると非常にコスパは高いです。

初回お試し用のフードあり
安心、安全の『FINEPET’Sドッグフード』をお試しください。

FINEPET’S(ファインペッツ)の特徴

原材料はヒューマングレードを使用

食材

使用している原料は、すべてヒューマングレードです。

ヒューマングレードとは、人間が食べることができる品質という意味です。

粗悪な原料は使用していないので、非常に安全性が高いです。

人工添加物無添加

原材料には、人工添加物が一切使用されていません。

人工添加物を使用しているドッグフードは、アレルギー反応を引き起こしたり健康に悪影響を与える恐れがあります。

愛犬の健康を考えると、人工添加物不使用のドッグフードが望ましいです。

アレルギーに配慮

ファインペッツは、アレルギーに配慮した作りとなっています。

原材料に使用されている鹿肉・鶏肉は、肉類の中でもアレルギー性が低く、副産物などは含まれていません。

穀物として、オートミール・大麦・全粒米が使用されていますが、これらは穀物の中でもアレルギーになりにくいものとなっています。

粒の大きさを選べる

ファインペッツには、大粒と小粒の2種類が用意されています。

粒の大きさは、小粒は直径が約5mm、大粒は直径が約12mmとなっています。

犬種に応じて粒の大きさを選べるので、非常に便利です。

高い消化吸収効率

ファインペッツの消化吸収率は87%と非常に高いです。

この数字は、一般的なプレミアムドッグフードをと比べても倍以上です。

そのため、少量で十分な栄養を吸収でき、犬の体の負担も少なくて済みます。

関節のケアに効果がある

原材料には、グルコサミンやコンドロイチンが含まれてます。

これらの成分は関節のケアに効果があるので、関節の痛みや炎症を抑える効果が期待できます。

関節のケアに陥りやすいシニア犬にもオススメのドッグフードです。

口コミ・評判

美味しいようで、毎回あっという間に食べてしまいます。
好き嫌いが激しい子なので合うドッグフードが見つからなかったですが、これからはファインペッツを利用したいと思います。
食いつきは良く、いつも嬉しそうに食べています。
しばらく利用していますが、以前に比べて毛並みが良くなったように感じます。
触り心地が良くて、つい触ってしまいます。
ウンチの硬さもちょうど良く、体調も良好です。
アレルギーに配慮している点も嬉しいです。
ただ、価格が高めなのでもう少し安くなると嬉しいです。
初めて購入しましたが、うちの子は食べませんでした。
原材料も良さそうだったので残念です。

食いつきは好評のようで、毛並みが良くなったなど健康状態の改善も見られているようです。

ほとんどの飼い主の方は満足しているようですが、食べなかったという感想も一部でありました。

新しいドッグフードに切り替えたばかりだと、食いつきが悪いことがあります。

これまでのドッグフードの匂いや味に慣れていて、新しいフードに警戒心を示してしまいます。

前のフードに新しいフードを少しずつ混ぜ、徐々に慣れさせるようにしてあげてください。

初回お試し用のフードあり
安心、安全の『FINEPET’Sドッグフード』をお試しください。

与え方

ファインペッツの成犬の1日あたりの給与量は以下になります。

体重 給与量
2kg 20〜24g
4kg 40〜48g
6kg 60〜72g
8kg 80〜96g
10kg 100〜120g
15kg 150〜180g
20kg 200〜240g
25kg 250〜300g
30kg 300〜360g

こちらの数値を参考に与えるようにしましょう。

ただし、個体差によって変わるので目安として考えるようにしてください。

適切な給与量は犬種、性別、年齢、運動量などによって異なります。

体重の増減や便の状態などを見ながら調整していくようにしてください。

ドッグフードの切り替え方

ドッグフードを切り替える時は、徐々に新しいものへ切り替えていくことをおすすめします。

急に新しいドッグフードに切り替えると、場合によっては下痢や嘔吐などを引き起こすことがあります。

愛犬の身体への負担を軽減させるためにも、便の状態や体調などを見ながら少しずつ新しいフードに慣れさせるようにしてください。

1〜3日目
前のフードをメインに新しいフードを少量ずつ混ぜる。

4〜6日目
新しいフードの割合を少しずつ増やしていく。

7〜10日目
最終的に新しいドッグフードのみにする。

お腹の弱いワンちゃんには、もう少し時間をかけて切り替えるようにしてください。

賞味期限と正しい保存方法

愛犬のためにも、賞味期限を守り、適切な方法で保存するようにしてください。

ファインペッツの賞味期限

ファインペッツは、開封してから3ヶ月を目安に使い切るようにしましょう。

賞味期限が切れてしまったドッグフードは、愛犬の健康を損なう可能性があるので与えないようにしましょう。

上記の期限は、正しい方法で保存した場合の日付である点に注意してください。

正しい保存方法

ドッグフードが酸化しないために、できるだけ空気に触れさせないようにすることが大切です。

ファインペッツはパッケージにチャックがついているので、中の空気を抜いてチャックをしっかり閉めるようにしてください。

保管場所は、劣化を防止するために冷暗所に保管してください。

冷暗所とは、多温多湿にならず直射日光の当たらない場所のことです。

冷蔵庫で保存する方もいるようですが、ドライフードは冷蔵庫で保存するのは避けるようにしてください。

外と冷蔵庫内の温度差によって結露が生じ、カビが発生することがあります。

ドライフードは、できるだけ常温で保存するようにしましょう。

お得な購入方法

公式サイトから注文すると、初回限定でお試しパックを購入することができます。

通常1.5kgが3,457円(税込)で販売されていますが、初回限定お試しパックを利用することで1,100円で購入できます。

初めての購入の際、食いつき等が気になる方も多いと思いますので、ぜひ利用してみてください。

定期購入

定期購入(オートシッププログラム)とは、フードが切れるタイミングで定期的に商品を届けてくれるサービスです。

周期は、7日から90日の間で自由に決めることができます。

また、定期購入では、回数を重ねるほどお得になります。

1〜9回目は210円引き、10回目以降は10%割引となります。

さらに、20回目は20%割引、30回目は30%割引、40回目は40%割引となり、100回目は100%割引、つまり無料となります。

継続して利用される方は、定期購入が断然お得となります。

まとめ

犬

FINEPET’Sドッグフードについて評価しました。

原材料の質はとても高く、数あるプレミアムドッグフードの中でも安全性は非常に高いです。

粒の大きさが選べるのも嬉しいポイントです。

お試しパックがあるので、気になる方はぜひ利用してみてください。

初回お試し用のフードあり
安心、安全の『FINEPET’Sドッグフード』をお試しください。

-ドッグフードの評価

          

関連記事

犬

アイムスドッグフードを原材料から評価|口コミや評判を紹介

ここでは、アイムス(成犬用 健康維持用チキン 小粒)を原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、今後のドッグフード選びの参考にしてみて …

犬

ファーストチョイスドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、獣医師によって栄養バランスが考えられたドッグフード「ファーストチョイス」です。 ファーストチョイスは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。 ここでは、「ファースト …

犬

アカナドッグフードを原材料から評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、カナダ産の新鮮な原料を使用したプレミアムドッグフード「アカナ」です。 アカナは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。 ここでは、「アカナ アダルトスモールブリード …

犬

RAWZ(ラウズ)ドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、レンダリング原料不使用のプレミアムドッグフード「RAWZ」です。 RAWZ(ラウズ)は、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。 ここでは、「ラウズ サーモン ディハ …

犬

ナチュラルハーベストドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、日本の住環境を考えて作られたドッグフード「ナチュラルハーベスト」です。 ナチュラルハーベストは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。 ここでは、「ナチュラルハーベ …