原材料や成分などからおすすめドッグフードを紹介

ドッグフードの評価

ドクターズダイエットドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

投稿日:2018-12-09 更新日:

犬

ドクターズダイエットについて評価していきます。

ここでは、「ドクターズダイエット 犬用 シニア」を例に紹介していきます。

実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、今後のドッグフード選びの参考にしてみてください。

ドクターズダイエットの概要

総合ポイント2.7pt

評価
原材料  :
添加物  :
アレルギー:
成分   :
コスパ  :
商品名 ドクターズダイエット 犬用 シニア
販売業者 エランコジャパン株式会社
フードの目的 療法食
タイプ ドライタイプ
価格 3,948円(税込)※Amazon参照
容量 3.8kg
100gあたり価格 103円
添加物 不使用
穀物 トウモロコシ、小麦粉、ライスブラン
原産国 日本
対象年齢 高齢期

ドクターズダイエットの特徴

主原料はトウモロコシ

第一主原料には、トウモロコシを使用しています。

トウモロコシは適量であれば問題ありませんが、過剰に摂取するのは注意が必要です。

炭水化物を多く含んでいるので、摂りすぎると肥満等のリスクが上がります。

もともと肉食動物である犬にとって、主原料は肉類の方が好ましいです。

人工添加物不使用

原材料に、合成保存料や合成着色料などの人工添加物は使用していません。

人工添加物は、与え続けると健康に悪影響を与える恐れがあります。

酸化防止剤についても、天然由来のものを使用しているので安全性が高いです。

肉類が不安

肉類として、フィッシュミール、ポークミール、チキンレバーパウダーを使用しています。

一般的に、〇〇ミールや〇〇パウダーなどと表記されている肉類は、4Dミートや副産物などの粗悪な肉類を使用していることがほとんどです。

このように低品質な肉類は、健康を害する恐れがあるので避けるべき原材料の一つです。

穀物アレルギーに注意

原材料には、トウモロコシ、小麦粉、ライスブランといった穀物を使用しています。

犬は穀物を消化しにくいと言われますが、製造過程で消しやすい状態になっているので問題ありません。

ただ、アレルギーに関しては注意が必要です。

穀物の中でも、小麦粉はアレルギーを持っているワンちゃんが多いです。

愛犬が穀物にアレルギーを持っている場合は、グレインフリーのドッグフードを与えるようにしてください。

ドクターズダイエットの原材料

好ましくない原材料は赤色で表示しています。

危険な原材料についてはこちらを参照ください。

トウモロコシ、フィッシュミール脱脂大豆、おから、動物性油脂ポークミール小麦粉、全卵粉末、セルロース、チキンレバーパウダー、フラクトオリゴ糖、ビール酵母、ライスブラン、卵黄粉末(グロビゲンPG)、γ-リノレン酸、グルコサミン、セレン酵母、マッシュルーム抽出物(シャンピニオンエキス)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンE、ビタミンK3、ビタミンB1、ビタミンB2、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸、ビオチン、ビタミンC、ビタミンB12、塩化コリン)、ミネラル類(炭酸カルシウム、硫酸鉄、亜鉛アミノ酸複合体、炭酸亜鉛、炭酸マンガン、硫酸銅、ヨウ素酸カルシウム、硫酸コバルト)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)

トウモロコシ 

必須脂肪酸のリノール酸多く含んでいるので、血中コレステロール値や中性脂肪値を抑える働きがあります。

ビタミンB1やビタミンB2といったビタミンB群が豊富で、カルシウム・マグネシウム・カリウム・鉄分など各種ミネラルも多く含んでいます。

高GI値なので血糖値が上昇しやすく、摂りすぎると肥満等のリスクが上がります。

脱脂大豆

脱脂大豆とは、大豆から有用成分と搾り取った残りカスのことです。

栄養素はほとんど含まれておらず、カサ増しをするために使用されることが多いです。

脱脂大豆はカルシウムや亜鉛の吸収を阻害したり、鼓腸症になるリスクが高くなる危険性があります。

おから

おからは豆腐を作るときにできる豆乳の搾りカスですが、非常に多くの栄養素を含んでいます。

タンパク質や食物繊維が豊富で、オリゴ糖も含まれているので整腸作用があります。

また、カルシウムやマグネシウム、カリウムなどミネラルも多く含まれています。

動物性油脂

動物性油脂と表記されている油脂類は、粗悪な原料から製造されていることが多いので避けた方が良い原材料です。

酸化を防止するために酸化防止剤が多用されていることも多いです。

油脂類については、「鶏肉油脂」などのように油脂の種類を明記されているものを選ぶようにしてください。

小麦粉

小麦粉には、植物性タンパク質や炭水化物が多く含まれています。

ビタミンB1・B2・E・ナイアシン・パントテン酸などビタミン類、鉄・ナトリウム・カルシウム・リンなどミネラルも豊富に含まれています。

アレルギーには注意が必要で、全体の12~13%程度のワンちゃんがアレルギーを持っていると言われています。

ビール酵母

ビール酵母とは麦からビールを製造する時に利用される発酵菌のことで、非常に多くの栄養素を含んでいます。

ビタミンB1・B2・B6といったビタミンB群や必須アミノ酸が豊富に含まれています。

また、カルシウム・マグネシウム・リン・鉄・カリウムなどの各種ミネラルも多く含んでいます。

ドクターズダイエットの成分表

成分表の見方についてはこちらを参照ください。

たんぱく質23.0%以上、脂質11.0%以上、粗繊維4.5%以下、粗灰分6.0%以下、水分10.0%以下
エネルギー(100gあたり):359kcal

口コミ・評判

獣医さんにオススメされて購入しました。
食いつきも良く、健康状態も問題ありません。
色々なフードを試してみましたが、一番食いつきがよかったです。
日本で作られている点も安心できます。
動物病院でオススメされて利用してみました。
獣医さんのオススメなので安心してあげられます。
気にいいているようで残さず食べます。
消化も良さそうで、便の状態も良いです。

動物病院でおすすめされたという方が多く、口コミも高評価が多かったです。

獣医さんにおすすめされたということで、安心して利用している方が多いようです。

まとめ

犬

ドクターズダイエットについて評価しました。

動物病院専用のフードということで、動物病院でおすすめされた方が多いようです。

人工添加物を使用していない点は評価できますが、穀物の使用量が多く、肉類も低品質なものを使用している可能性があります。

動物病院専用といっても原材料の質はそれほど高くないので、積極的にオススメできるフードとは言えません。

-ドッグフードの評価

          

関連記事

犬

シェフドッグドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、お母さんの手づくりごはんを目指した国産無添加フード「シェフドッグ」です。 シェフドッグは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか? この記事では、「シェフドッグ オー …

犬

リガロ(RIGALO)ドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、お腹の健康を考えて作られたハイプロテインドッグフード「リガロ」です。 リガロは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか? この記事では、「リガロ ラム」を原材料や成分 …

犬

ジウィピークドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、肉食性の強い犬の食事ニーズを満たすドッグフード「ジウィピーク」です。 ジウィピークは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。 ここでは、「ジウィピーク エアドライ・ …

犬

プリモドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、生肉に近い食事を提供するドッグフード「プリモ」です。 プリモは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。 ここでは、プリモを原材料や成分表などから評価していきたいと思 …

犬

リズム(Rhythm)ドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

リズム(Rhythm)は、計測器大手メーカーである株式会社タニタの前会長谷田大輔氏によってプロデュースされたドッグフードです。 リズムは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか? この記事で …