原材料や成分などからおすすめドッグフードを紹介

ドッグフードの評価

シェフドッグドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

投稿日:2019-09-23 更新日:

犬

お母さんの手づくりごはんを目指した国産無添加フード「シェフドッグ」。

シェフドッグは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか?

この記事では、「シェフドッグ オールミックス」を原材料や成分表などから評価していきたいと思います。

実際に購入した飼い主の方の口コミやお得な購入方法なども紹介しているので、今後のドッグフード選びの参考にしてみてください。

シェフドッグの概要

総合ポイント3.6pt

評価
原材料:
安全性:
成分 :
コスパ:
嗜好性:
商品名 シェフドッグ
販売業者 株式会社レガールファクトリー
フードの目的 総合栄養食
タイプ ドライタイプ
価格 4,620円(税込)※楽天市場参照
容量 2.1kg
100gあたり価格 220円
添加物 不使用
穀物 大麦全粒粉、玄米粉、脱脂大豆、たかきび、脱脂米ぬか
原産国 日本
対象年齢 全年齢対象

シェフドッグの特徴

主原料に生肉を使用

主原料は、良質な生肉を使用しています。

生肉を使うことで、風味や香りが引き立ち食いつきも良くなります。

健康維持に十分な動物性タンパク質を摂取することができます。

整腸作用

原材料には、整腸作用のあるオリゴ糖や乳酸菌が配合されています。

善玉菌である乳酸菌は、悪玉菌を抑制し腸内フローラを良好に保ってくれます。

オリゴ糖は、腸内で善玉菌のエサとなることで腸内環境を整える効果があります。

腸内を綺麗にすることで、消化吸収を助けたり病気への抵抗力をつけることができます。

添加物不使用

原材料には人工添加物が一切使用されていません。

人工添加物を与えると、アレルギー反応を引き起こしたり健康に悪影響を与える恐れがあります。

愛犬の健康を考えると、人工添加物は不使用のフードが望ましいです。

無添加のため賞味期限は短くなっていますが、安全性は非常に高いです。

シェフドッグの原材料

好ましくない原材料は赤色で表示しています。

危険な原材料についてはこちらを参照ください。

生肉(牛、鶏、馬、魚肉、豚レバー)、穀物(大麦全粒粉、玄米粉、脱脂大豆、たかきび、脱脂米ぬか)、魚粉、ヤシ粉末、いも類(サツマイモ、ジャガイモ)、煎りゴマ、ひまわり油、乳清タンパク、海藻粉末、卵殻カルシウム、脱脂粉乳、フラクトオリゴ糖、乳酸菌群

牛肉に多く含まれているタンパク質は、アミノ酸のバランスが良く消化吸収に優れています。

肉類の中でも脂質やカロリーは高めですが、適度な脂質はエネルギーを効率よく摂取する働きがあります。

脂質の代謝や粘膜・皮膚の健康維持に効果があるビタミンB2、赤血球を作るのに欠かせない鉄分なども多く含まれています。

筋肉や皮膚、内臓など体の組織を作るのに欠かせないタンパク質が豊富に含まれています。

鶏肉のタンパク質は必須アミノ酸のバランスが良く、消化吸収に優れています。

粘膜を強くするビタミンA、皮膚の健康を助けるナイアシンなど健康に効果のある栄養素が多く含まれています。

高タンパクでありながら、他の肉類よりもカロリーが低くヘルシーです。

亜鉛が豊富に含まれているので、皮膚や粘膜の健康維持をサポートします。

疲労回復効果のあるグリコーゲンも多く含まれています。

脱脂大豆

脱脂大豆とは、大豆から有用成分と搾り取った残りカスのことです。

栄養素はほとんど含まれておらず、カサ増しをするために使用されることが多いです。

脱脂大豆はカルシウムや亜鉛の吸収を阻害したり、鼓腸症になるリスクが高くなる危険性があります。

脱脂米ぬか

玄米を精米する際に発生する米ぬかから油を搾り取った残りの部分を脱脂米ぬかといいます。

ビタミンE・ミネラル・食物繊維などが豊富で、米ぬかに比べるとタンパク質は高く脂質は少なくなっています。

脱脂する際に使用するヘキサンという薬品の安全性が懸念されます。

安く手に入るのでドッグフードに使用されることもありますが、一般的には飼料として使われることが多いです。

シェフドッグの成分表

成分表の見方についてはこちらを参照ください。

粗タンパク質28.0%以上、粗脂肪10.0%以上、粗繊維4.0%以下、粗灰分7.0%以下、水分10.0%以下
エネルギー(100gあたり):360.0kcal

粒の大きさ

シェフドッグ

直径が約0.6cm、長さが約0.5〜1.5cmとなっています。

比較的小粒なので、小型犬でも食べやすいサイズです。

消化能力の低い幼犬やシニア犬、フードを丸呑みしがちなワンちゃんにもおすすめの大きさです。

与え方

シェフドッグの給与量は公式サイトで計算することができます。

給与量の計算はこちら

計算した数値を参考に1日数回に分けて与えるようにしましょう。

ただし、個体差によって変わるので目安として考えるようにしてください。

適切な給与量は犬種、性別、年齢、運動量などによって異なります。

体重の増減や便の状態などを見ながら調整していくようにしてください。

ドッグフードの切り替え方

ドッグフードを切り替える時は、徐々に新しいものへ切り替えていくことをおすすめします。

急に新しいドッグフードに切り替えると、場合によっては下痢や嘔吐などを引き起こすことがあります。

愛犬の身体への負担を軽減させるためにも、便の状態や体調などを見ながら少しずつ新しいフードに慣れさせるようにしてください。

1〜3日目
前のフードをメインに新しいフードを少量ずつ混ぜる。

4〜6日目
新しいフードの割合を少しずつ増やしていく。

7〜10日目
最終的に新しいドッグフードのみにする。

お腹の弱いワンちゃんには、もう少し時間をかけて切り替えるようにしてください。

賞味期限と保存方法

愛犬のためにも、賞味期限を守り、適切な方法で保存するようにしてください。

シェフドッグの賞味期限

シェフドッグの賞味期限は、未開封の場合は製造から6ヶ月、開封後は1ヶ月となっています。

賞味期限が切れてしまったドッグフードは、愛犬の健康を損なう可能性があるので与えないようにしましょう。

上記の期限は、正しい方法で保存した場合の日付である点に注意してください。

正しい保存方法

ドッグフードが酸化しないために、できるだけ空気に触れさせないようにすることが大切です。

シェフドッグはパッケージにチャックがついているので、中の空気を抜いてチャックをしっかり閉めるようにしてください。

保管場所は、劣化を防止するために冷暗所に保管してください。

冷暗所とは、多温多湿にならず直射日光の当たらない場所のことです。

冷蔵庫で保存する方もいるようですが、ドライフードは冷蔵庫で保存するのは避けるようにしてください。

外と冷蔵庫内の温度差によって結露が生じ、カビが発生することがあります。

ドライフードは、できるだけ常温で保存するようにしましょう。

口コミ

食いつきにムラのある子ですが、これは毎回完食してくれます。
国産で無添加なので安心して利用できます。
無添加のフードを探してこちらの商品にたどり着きました。
美味しいようでがっついて食べています。
うちの子のお気に入りで何回もリピートしています。
少々高めですが、国産無添加なので妥当だと思います。
トイプードルにあげていますが、小粒なので食べやすいみたいです。
これにしてからいいウンチをするようになりました。

よく食べてくれるという感想が多く、嗜好性は高いようです。

粒のサイズは小型犬でも食べやすい大きさのようで。

商品ラインナップ

シェフドッグには、以下のラインナップがあります。

  • オールミックス
  • ライト
  • フィッシュ
  • チキン
  • ビーフ
  • ホース
  • パピー

商品サイズは、それぞれ850g/2.1kg/4.2kg/6.2kgが販売されています。

まとめ

犬

生肉を主原料とした国産無添加のドッグフードです。

脱脂大豆や脱脂米ぬかを使用している点は気になりますが、高タンパクで栄養バランスが優れたフードとなってます。

Amazonでは取り扱っていないので、購入される際は楽天市場やYahooショッピングをご利用ください。

-ドッグフードの評価

          

関連記事

犬

モアソフトドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

ドッグフード「モアソフト」は、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。 この記事では、「モアソフト アダルト チキン」を原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 実際に購入した飼い …

犬

プロフェッショナルバランスドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

プロフェッショナルバランスを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 ここでは、「プロフェッショナルバランス 1歳から 成犬用」を例に紹介していきます。 実際に購入した飼い主の方の口コミなど …

犬

ネイチャーズバラエティドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、独自技術のフリーズドライ生肉を使用したドッグフード「ネイチャーズバラエティ」です。 ネイチャーズバラエティは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。 ここでは、「ネ …

犬

アズミラ(Azmira)ドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、最高級の素材を使用した高品質フード「アズミラ」です。 アズミラは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか? ここでは、「アズミラ ライフスタイルドッグフォーミュラ」を …

犬

リガロ(RIGALO)ドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

お腹の健康を考えて作られたハイプロテインドッグフード「リガロ」。 リガロは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか? この記事では、「リガロ ラム」を原材料や成分表などから評価していきたいと …