原材料や成分などからおすすめドッグフードを紹介

お役立ち

カナガンドッグフードはパピーに与えてもいいの?子犬に与える量は?

投稿日:

犬

カナガンドッグフードといえば、チキンを主原料にしたイギリス産のプレミアムドッグフードです。

有名なドッグフードなので、気になっている方も多いと思います。

カナガンドッグフードは、子犬に与えても良いのでしょうか?

この記事では、カナガンドッグフードの子犬への与え方について紹介したいと思います。

カナガンの基本情報

カナガン

商品名 カナガンドッグフード
販売業者 株式会社レティシアン
フードの目的 総合栄養食
タイプ ドライタイプ
添加物 不使用
穀物 不使用(グレインフリー)
原産国 イギリス
対象年齢 全年齢対象
価格 4,356円(税込)
容量 2.0kg

原材料

好ましくない原材料は赤色で表示しています。

危険な原材料についてはこちらを参照ください。

骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、メチルスルフォニルメタン(MSM)1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

成分表

成分表の見方についてはこちらを参照ください。

粗たんぱく質33.00%、脂質17.00%、粗繊維3.50%、粗灰分9.00%、炭水化物32.50%、水分8.50%、オメガ6脂肪酸2.80%、オメガ3脂肪酸0.90%、カルシウム1.86%、リン1.42%
エネルギー(100gあたり):約361.25kcal

子犬に向いているドッグフード

高タンパク

子犬は成長のスピードが早く、筋肉・骨格・内臓など体を作る重要な時期です。

タンパク質は筋肉・骨・被毛などを構成する重要な栄養素で、子犬は成犬の2倍近く栄養を必要と言われています。

体作りに重要なタンパク質は、25%以上含まれているドッグフードが望ましいです。

良質な肉類がメイン

子犬と成犬と比べて消化器官が未発達なので、消化吸収に優れたドッグフードを選ぶ必要があります。

もともと肉食動物だった犬は、動物性タンパク質の消化に適した体の構造をしています。

そのため、穀物(植物性タンパク質)がメインのドッグフードよりも肉類(動物性タンパク質)がメインのドッグフードの方が望ましいです

また粗悪な肉類は消化吸収が悪いので、高品質な肉類を使用しているドッグフードを選ぶようにしてください。

カナガンドッグフードは子犬にもおすすめ

犬

カナガンドッグフードは全年齢対象となっていますが、子犬に適したドッグフードなのでしょうか?

カナガンドッグフードの成分表を見てみると、タンパク質は33%となっています。

非常に高タンパクなドッグフードで、子犬の健康維持にも十分なタンパク質を摂取することができます。

主原料には肉類であるチキンを使用し、原材料のうち51%を占めています。

肉類をメインに使用しているので、動物性タンパク質を豊富に摂取することができます。

ヒューマングレードの良質なチキンを使用しているので、消化吸収にも優れています。

高タンパクで高品質な肉類を使用しているカナガンは、子犬にも最適なドッグフードだといえます。

子犬に与える量

公式サイトで推奨している子犬の1日あたりの給与量は以下になります。

【トイ(1〜5kg)】

年齢 1日の給与量
2〜3ヶ月 65g
4〜5ヶ月 85g
6〜7ヶ月 95g
8〜9ヶ月 85g
10〜11ヶ月 65g
12〜13ヶ月 成犬
14〜15ヶ月 成犬
16〜17ヶ月 成犬

【小型(5〜10kg)】

年齢 1日の給与量
2〜3ヶ月 145g
4〜5ヶ月 165g
6〜7ヶ月 180g
8〜9ヶ月 165g
10〜11ヶ月 155g
12〜13ヶ月 145g
14〜15ヶ月 成犬
16〜17ヶ月 成犬

【中型(10〜25kg)】

年齢 1日の給与量
2〜3ヶ月 215g
4〜5ヶ月 235g
6〜7ヶ月 255g
8〜9ヶ月 255g
10〜11ヶ月 235g
12〜13ヶ月 225g
14〜15ヶ月 215g
16〜17ヶ月 成犬

【大型(25〜45kg)】

年齢 1日の給与量
2〜3ヶ月 385g
4〜5ヶ月 405g
6〜7ヶ月 425g
8〜9ヶ月 440g
10〜11ヶ月 425g
12〜13ヶ月 405g
14〜15ヶ月 395g
16〜17ヶ月 385g

上記の数値を参考に与えるようにしましょう。

ただし、個体差によって適切な給与量はかわるので目安として考えるようにしてください。

体重の増減や便の状態などを見ながら調整することも必要です。

子犬への与え方

3〜4回に分けて与える

子犬には、1日あたりの給与量を3〜4回に分けて与えることをおすすめします。

小さい時期は、空腹の時間が長いと嘔吐したり低血糖になることがあります。

特に小型犬の場合はその傾向があるので注意してください。

生後6ヶ月を過ぎたあたりから1日2回にしていくと良いでしょう。

ふやかしてから与える

幼い時期は、ふやかしてから与える方が望ましいです。

ふやかすことで、消化器官が未発達の子犬でも消化しやすくなります。

また、食いつきが良くなったり喉に詰まらなくなるメリットもあります。

ふやかし方は以下になります。

  • ドッグフードをぬるま湯につける
  • 15〜30分ひたす
  • 冷ましてから与える

熱湯やお水ではなく、ぬるま湯を使用するようにしてください。

熱湯を使うとフードの栄養が壊れ、水を使うとふやかすことができず腹痛になることがあります。

生後3〜4ヶ月頃になると歯が生え揃ってくるので、徐々にふやかし具合を減らしていくと良いでしょう。

少しずつぬるま湯の量を減らしていき、10日程度かけてドライフードに移行するようにしてください。

食いつきが悪くなったら

ふやかしていた時は食べていたのに、ふやかし具合を減らした途端食いつきが悪くなることがあります。

食いつきが悪くなったらどうすれば良いのでしょうか?

食いつきが悪くなったらドライフードへの移行をやめて、ふやかしたドッグフードを与えるようにしてください。

パピー期は栄養摂取が最優先なので、ドライフードへの移行よりも食いつきを優先する方が望ましいです。

まとめ

犬

子犬に与えるドッグフードは、肉類がメインで高タンパクなものが理想です。

また、良質な原材料を使用している消化吸収に優れたフードを選ぶことも重要です。

高タンパクでヒューマングレードを使用しているカナガンは、子犬へ与えるのに最適なドッグフードだといえます。

脂質やカロリーも高過ぎずに適量となっています。

子犬を飼っている方は是非利用してみて欲しいドッグフードです。

カナガンドッグフードを評価|口コミや評判を紹介

-お役立ち

          

関連記事

犬

モグワンドッグフードの原材料を徹底分析|安全性は高い?

モグワンといえば、チキンとサーモンを使用したイギリス産のドッグフードです。 ドッグフードに迷っている方の中には、モグワンを検討している人もいるのではないでしょうか? ドッグフードを選ぶ際には、原材料を …

犬

犬がチョコレートを食べてしまった時の症状や対処法は?

チョコレートは、犬が食べてはいけない食べ物の一つです。 チョコレートを与えてはいけないということはとても有名で、犬の飼い主であれば知っている方がほとんどだと思います。 しかし、症状や対処法などを知って …

犬

犬にキシリトールはダメ?食べた時の症状は?

犬にキシリトールを与えてはいけないことを知っていましたか? 玉ねぎやチョコレートがダメなことはほとんどの方が知っていると思いますが、キシリトールは知らなかった方もいると思います。 キシリトールも、玉ね …

犬

犬のお座りの教え方・しつけ方|注意点や効果的なトレーニング方法

犬のしつけには様々な種類がありますが、その中の一つに「お座り」があります。 お座りは、利用頻度が高い動作の一つであり、覚えさせると実用的でとても便利です。 ここでは、お座りの教え方について紹介していき …

玉ねぎ

犬に玉ねぎはなぜダメなのか?食べてしまった時の症状は?

犬に玉ねぎを食べさせてはいけないということは、とても有名ですよね。 飼い主であればほとんどの方が知っていますし、飼っていない方でも知っている人が多いと思います。 しかし、与えてはいけない理由や症状につ …