原材料や成分などからおすすめドッグフードを紹介

ドッグフードの評価

ブッチドッグフードを原材料から評価|口コミや評判を紹介

投稿日:2018-09-26 更新日:

犬
全犬種オールステージ対応のチルド型ミートフード「ブッチ」。

ブッチは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか?

この記事では、ブッチドッグフードを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。

実際に購入した飼い主の方の口コミやお得な購入方法なども紹介しているので、今後のドッグフード選びの参考にしてみてください。

ブッチドッグフードの概要

ブッチドッグフード

総合ポイント4.4pt

評価基準
原材料   :
安全性   :
栄養バランス:
コスパ   :
食いつき  :
商品名 ブッチ・ドッグフード
販売業者 株式会社ブッチジャパンインク
フードのタイプ チルド型ミートフード
価格 2,600円(税抜)
容量 2.0kg
100gあたり価格 130円
合成酸化防止剤 不使用
合成保存料・合成着色料 不使用
穀物 コーン・トウモロコシ種皮(グルテン除去)・玄米
原産国 ニュージーランド
対象年齢 全年齢対象
賞味期限 開封後は密閉し冷蔵で7〜10日以内

ブッチドッグフードの特徴

生肉と同じ水分含有量

犬は現在でも肉食動物の特徴を持ち合わせているので、生肉に近い高タンパクな食事を必要とします。

ブッチは、原材料に対する肉類の割合が最大92%と非常に高タンパクです。

水分含有量も生肉と同じ70%を目指して作られているので、消化吸収に優れています。

高タンパクで消化吸収に優れたブッチは、犬の健康に最適なフードと言えます。

グルテンフリー

原材料には、アレルギーに原因になりやすいグルテンが含まれていません。

グルテンとは麦類に含まれるタンパク質の一種のことで、犬はグルテンにアレルギーを持っていることが多いです。

ブッチはグルテンフリーなので、グルテンにアレルギーのあるワンちゃんにも安心して利用することができます。

厳選したヒューマングレードを使用

食材

使用されている原料は、すべてヒューマングレードのものを使用しています。

ヒューマングレードとは、人間が食べることができる品質だということです。

原材料は、環境規制が世界一厳しいニュージーランド産なのでとても安全性が高いです。

人工添加物無添加

ブッチは、合成保存料や合成着色料などの人工添加物は一切使用していません。

人工添加物を使用しているドッグフードは、アレルギー反応を引き起こしたり健康に悪影響を与える恐れがあります。

愛犬の健康を考えると、人工添加物は無添加のものが望ましいです。

優れた栄養バランス

贅沢に肉類を使用しているブッチは、高タンパクで低脂肪となっています。

また、適量の野菜や海藻等を配合することで、肉類だけでは摂取することができない栄養を補っています。

必須脂肪酸のオメガ3とオメガ6のバランスも良いので、健康を内側からサポートしてくれます。

冷蔵・冷凍保存が可能

ブッチは、必要な分だけフィルムごと切り取って使用しますが、残った分は保存しなければなりません。

冷蔵保存する必要がありますが、専用のキャップがついているので保存が楽です。

また、冷蔵保存では7〜10日程度が賞味期限の目安ですが、消費しきれない場合は冷凍保存が可能です。

小分けにしてラップなどで包んで冷凍すれば、半年程度は保存できます。

食いつきが良い

ブッチドッグフードは、100℃未満の低い温度で15分以内に加熱・冷凍保存されているので、製造過程で風味を損なうことがありません。

食材本来の香りや味わいを損なうことなく製造されているので、とても食いつきが良いです。

3種類からお好みで選べる

ブッチドッグフードは、ブラックレーベル、ホワイトレーベル、ブルーレーベルと3種類あるので、お好みで好きなフードを選ぶことができます。

また、サイズも800gと2kgの2種類があるので、体格等に合わせて選ぶことができます。

✔︎ブラックレーベル

ブッチドッグフード
主原料は、ビーフ・ラム・チキンを使用しています。

一番人気のフードで、赤身肉や野菜などをバランスよく配合しています。

どの種類を購入するか迷っている人や初めて購入する人などは、こちらを選んでみると良いでしょう。

✔︎ホワイトレーベル

ブッチドッグフード
チキンを主原料として80%使用しています。

赤身肉が苦手なワンちゃんにも安心して与えることができます。

消化器官や皮膚が弱いワンちゃんのために開発されたフードとなっています。

✔︎ブルーレーベル

ブッチドッグフード
チキンとフィッシュを主原料としたフードです。

チキンやムロアジ等の魚、野菜などをバランスよく配合しています。

全犬種、全猫種対応となっているので、犬と猫を両方飼っている方や魚が好きなワンちゃんにおすすめです。

ブッチドッグフードの原材料

好ましくない原材料は赤色で表示しています。

危険な原材料についてはこちらを参照ください。

ビーフ(生)33%、ラム(生)25%、チキン(生)18.5%、大豆 8.5%、野菜類(ニンジン、コーン、エンドウ豆)7.7%、穀類(トウモロコシ種皮/グルテン除去・繊維源)2.5%、玄米(破砕・ゆで)2.3%、魚油(オメガ3脂肪酸)1.3%、凝固剤(カラギーナン、ローカストビーンガム、カシアガム、グアーガム)1%、ビタミン・ミネラル類(ビタミンA、ビタミンB1[チアミン]、ビタミンB2、ビタミンB3[ナイアシン]、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、葉酸、パントテン酸カルシウム、カルシウム、リン、ナトリウム、マグネシウム、塩化コリン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン)0.1%、ケルプ(海藻)0.1%
※ブラックレーベル参照

ビーフ

ビーフに含まれているタンパク質は、アミノ酸のバランスが良く消化吸収に優れています。

肉類の中でも脂質やカロリーは高めですが、適度な脂質はエネルギーを効率よく摂取する働きがあります。

脂質の代謝や粘膜・皮膚の健康維持に効果があるビタミンB2、赤血球を作るのに欠かせない鉄分なども多く含まれています。

ラム

ビタミンB2などのビタミン類も豊富で、鉄分などのミネラルも多く含まれています。

ラムは他の肉類より脂肪の融点が高いので、体内で脂肪が吸収されにくいためヘルシーです。

脂肪燃焼を促進する作用のあるL-カルニチンも豊富に含まれています。

チキン

筋肉や皮膚、内臓など体の組織を作るのに欠かせないタンパク質が豊富に含まれています。

ビタミンも豊富で、ビタミンAは粘膜や皮膚を健康に保つ効果があり、ビタミンB2は脂質の代謝をサポートしてくれます。

ナイアシン(ビタミンB3)も多く含まれ、酵素の補酵素として働きます。

大豆

大豆は豆類の中でもタンパク質は多く含まれていて、さらにアミノ酸の組み合わせが動物性タンパク質に似ています。

大豆に含まれるイソフラボンは、コレステロールを下げる効果があります。

また、カルシウムや食物繊維も多く含まれています。

玄米

ビタミンB群が豊富で、ビタミンB1は糖質の代謝や疲労回復、ビタミンB2は脂質の代謝や粘膜・皮膚の健康維持に効果があります。

セルロース(不溶性食物繊維)も多く含まれているので、便通をよくする効果が期待できます。

カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルも豊富に含まれています。

ブッチドッグフードの成分表

粗タンパク質 10.5%以上、粗脂肪 8.0%以上、粗繊維 1.0%以下、粗灰分 3.1%、カルシウム 0.67%、リン 0.53%、水分 70%以下、塩分 0.3%以下
カロリー:121.4kcal/100g
※ブラックレーベル参照

成分表を見ると、タンパク質の数値が低く感じる方がいるかもしれません。

AAFCOのタンパク質の最低要求量は成犬で18%なので、約10%程度のブッチは確かに低く感じてしまいます。

しかし、パッケージに記載されているのは水分を含んだ数値である点に注意してください。

AAFCOの最低要求量と比較する場合には、乾燥重量比(水分量を引いた数値)に計算し直す必要があります。

計算式は、「数値÷(100-水分量)」となります。

ブッチのタンパク質を乾燥重量比にすると約33%となり、非常に高タンパクなドッグフードであることが分かります。

口コミ

このタイプのドッグフードは初めて利用しましたが、美味しいみたいであっという間に食べてしまいます。
すごい食べっぷりがいいので、見てるこっちまで嬉しくなります。
これまで購入したドッグフードの中で一番食いつきが良いです。
口コミで食いつきが好評だったので購入してみました。
評判通りの食いつきで、いつも嬉しそうに食べています。
好き嫌いが激しくて困っていたので、これからもリピートしたいと思います。
ドライフードだけだと食いつきが悪いので、ブッチを混ぜてあげています。
ブッチを混ぜると食いつきが良くなるので、とても重宝しています。
ブッチを利用してから毛並みが良くなったように感じます。
いつもは手作り食をあげていますが、多忙な時にはブッチをあげるようにしています。
専用キャップがついているので保存しやすいのも嬉しいポイントです。

食いつきに関しては、ほとんどの飼い主の方が満足しているようです。

毛並みや毛ツヤが改善されという意見もありました。

専用キャップがついているのも、利便性が良いと評判です。

お得な購入方法

ブッチドッグフードは、いくつか購入方法がありますが、どの方法が一番お得なのでしょうか?

  公式サイト Amazon 楽天
価格(税込) 1,404円(300g)
2,808円(2kg)
なし 1,404円(300g)
2,808円(2kg)
割引 あり なし なし
送料 無料※1 なし 無料※2

※1…6,480円以上で送料無料
※2…5,000円以上で送料無料

ブッチドッグフードは、公式サイトや楽天、ごく一部ですが店頭で販売されていることもあります。

しかし、公式サイトから購入することで、割引や特典がありますので、公式サイトからの購入をおすすめします。

定期コースで10%OFF

定期コースを利用して購入すると10%OFFで購入することができます。

定期コースとは、フードが切れるタイミングで定期的に商品を届けてくれるサービスです。

定期コースでは、2週間、1ヶ月、2ヶ月の中でお届けの周期を選択することができます。

選択した周期で選択した個数のフードを届けてくれる仕組みとなっています。

周期と個数はいつでも自由に変更することができますし、休止や再開の設定もできるので安心して利用できます。

初回限定のトライアルセットがお得

ブッチドッグフード初めて購入する方限定で、ブラック・ホワイト・ブルーレーベルの三本セット(各800g)がお得に購入することができます。

通常であれば三本で4,347円(税込)ですが、特別トライアルセットなら3,000円(税込)で購入することができます。

三種類すべて試すことができますし、送料が無料となりますので、初めての方はトライアルセットを試してみることをおすすめします。

まとめ


ブッチは、原材料は安全性が高く、嗜好性もとても高いドッグフードとなっています。

多少費用がかかるのは事実ですが、それだけの価値がある完成度の高いフードです。

主食としてもおすすめですが、偏食のワンちゃんのために普段のフードに混ぜて与えても良いと思います。

気になる方は、ぜひ初回限定のトライアルセットを試してみてください。

こんな方におすすめ・フードの好き嫌いが多くて困っている
・添加物は不使用のフードがいい
・愛犬がグルテンにアレルギーを持っている
・原材料はヒューマングレードがいい
・愛犬の毛並みを改善したい

-ドッグフードの評価

          

関連記事

犬

ウェルネスを原材料から評価|口コミや評判を紹介

ウェルネスを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 ここでは、「ウェルネス 小型犬 成犬用 骨抜き七面鳥&オートミール」を例に紹介していきます。 実際に購入した飼い主の方の口コミな …

犬

ドットわんを原材料から評価|口コミや評判を紹介

日本全国の厳選された食材で作られたドッグフード「ドットわん」。 ドットわんは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。 ここでは、「ドットわんごはん Red Mind」を原材料や成分表などか …

ベストバランスを原材料から評価|口コミや評判を紹介

ベストバランスを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 ここでは、「ベストバランス カリカリ仕立て トイ・プードル用 成犬用 チキン・野菜・小魚・玄米入り」を例に紹介していきます。 実際に …

犬

愛犬元気を原材料から評価|口コミや評判を紹介

愛犬元気を原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 ここでは、「愛犬元気 ビーフ・緑黄色野菜・小魚入り」を例に紹介していきます。 実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、今後 …

犬

ソルビダを原材料から評価|口コミや評判を紹介

ソルビダを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 ここでは、「ソルビダ 室内飼育成犬用 インドアアダルト」を例に紹介していきます。 実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、 …