原材料や成分などからおすすめドッグフードを紹介

お役立ち

初心者向けの飼いやすい大型犬ランキング

投稿日:2018-10-07 更新日:

犬大型犬を飼ってみたいけど、たくさんの犬種があって、どの種類の犬を飼ったらいいのか迷ってしまいますよね。

愛犬を選ぶのは様々な基準があると思いますが、飼いやすい犬種が良いという人もいると思います。

ここでは、初心者におすすめの飼いやすい大型犬ランキングを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

No.1 ラブラドールレトリバー

ラブラドールレトリバー盲導犬としても有名なラブラドールレトリバー。

性格は、忍耐強く、温厚で人懐っこい特徴があります。

人間が大好きなので、番犬には向きませんが、人間や他の動物とも仲良くすることができます。

賢く従順なので、しつけはしやすいです。

比較的寒さには強いですが、暑さには弱いので気温の調整に注意してください。

No.2 ゴールデンレトリバー

ゴールデンレトリバー金色の綺麗な毛並みをしているゴールデンレトリバーは、優しく穏やかな性格をしています。

人懐っこいので、初めての人にも警戒心を抱かず接することができます。

寂しがりやな一面がありますので、コミュニケーションは多めにとってあげてください。

賢く忍耐強いので、しつけはしやすいでしょう。

寒さには強いですが、暑さに弱いので、熱中症には気をつけてください。

No.3 バーニーズマウンテンドッグ

バーニーズマウンテンドッグスイス原産のバーニーズマウンテンドッグは、とても温厚で人懐っこいです。

人間とコミュニケーションを取るのが大好きな一方で、寂しがりやな一面があります。

攻撃的になることはほとんどなく、我慢強い性格をしています。

子犬期は遊ぶのが大好きでやんちゃですが、成犬になると落ち着いてのんびりとして過ごすようになります。

暑さに弱いので、室内温度を調整したり、涼しい時間帯に散歩に行くようにしましょう。

No.4 スタンダードプードル

スタンダードプードルフランスの国犬であるスタンダードプードルは、もともと水猟犬として改良されました。

好奇心が旺盛で活動的なので、運動をするのが大好きです。

おおらかな性格をしていますが、見知らぬ人には吠えるので番犬としても活躍できるでしょう。

様々な犬種の中でもとても賢い部類なので、しつけや芸を早く覚えることができます。

被毛がシングルコートなので抜け毛は少ないですが、絡まりやすいので定期的にブラッシングをするようにしてください。

No.5 秋田犬

秋田犬国の天然記念物であり、忠犬ハチ公としても有名な秋田犬。

賢く従順なので、しつけはしやすいでしょう。

飼い主に対しての忠誠心は強いですが、見知らぬ人には警戒心が強いので、番犬の役割もできます。

ダブルコートで抜け毛が多いので、被毛のお手入れは定期的に行ってください。

肥満になりやすいので、運動不足には注意しましょう。

スポンサーリンク

No.6 シベリアンハスキー

シベリアンハスキーロシアのシベリアを原産とするシベリアンハスキーは、オオカミのような外見が特徴です。

社会性が強いので、人間や他の動物と仲良くすることができます。

好奇心が旺盛で、子犬期はいたずら好きですが、攻撃性は低いので人間に噛み付くことはほとんどありません。

極寒に耐えるだけの皮下脂肪と被毛を持っているので寒さには強いですが、暑さに弱いので熱中症に注意してください。

運動不足になると強いストレスを抱えるので、毎日1〜2時間程度の運動をさせてあげましょう。

No.7 ドーベルマン

ドーベルマンドイツ原産のドーベルマンは、警察犬としても有名です。

とても賢く忠誠心が強いので、飼い主に対しては従順です。

一方で、警戒心が強いので、番犬としての活躍も期待できます。

穏やかな性格ですが、猟犬としての一面も持っているので、しっかりとしつけを行う必要があります。

被毛は短いので、お手入れはしやすいです。

No.8 ダルメシアン

ダルメシアンダルメシアンは、綺麗な純白の毛並みに黒色の斑点が特徴の大型犬です。

陽気で活発な性格ですが、警戒心が強く人見知りな一面もあります。

アクティブで運動が大好きなので、毎日1〜2時間の散歩が必要です。

抜け毛が多いので、ブラッシング等のケアをしっかり行ってください。

また、尿路結石になりやすい犬種ですので、食事バランスに気をつける必要があります。

No.9 ラフコリー

ラフコリーフサフサの体毛で覆われたラフコリーは、名犬ラッシーに登場する犬種としても知られています。

性格は、優しく攻撃性が低いので、初心者でも飼いやすいです。

賢く我慢強いので、しつけもしやすいです。

穏やかで友好的ですが、神経質な部分があるので叱りすぎには注意してください。

ダブルコートで抜け毛が多いので、こまめなケアを意識しましょう。

No.10 フラットコーテッドレトリバー

フラットコーテッドレトリバーイギリスが原産のフラットコーテッドレトリバーは、直毛のブラック(レバー)の毛並みと垂れた耳が特徴の大型犬です。

明るく陽気で、とてもアクティブな性格をしています。

レトリバーの中でも特に活発なので、毎日の運動を欠かさず行いましょう。

ダブルコートの被毛なので、定期的なブラッシングを行う必要があります。

白内障などの目の病気になりやすいので注意しましょう。

まとめ

ここでは、抜け毛、体臭、無駄吠え、運動量、コスト、しつけのしやすさなどから総合的に大型犬の飼いやすさを評価しました。

もちろん、犬の性格には個体差があり、育った環境等によっても変わるので注意が必要です。

しかし、犬種によって性格の傾向があることも事実なので、愛犬選びの際に犬種それぞれの特徴を知っておくことは重要です。

特に、初めて犬を飼う方は、飼いやすさを重視することもあると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

-お役立ち

          

関連記事

犬

パピー・子犬向けのおすすめドッグフード|選び方のポイントは?

犬を飼い始めると、ドッグフード選びに迷う方も多いと思います。 離乳してから1歳前後までは、子犬が成犬へ成長するために最適なドッグフードを与える必要があります。 ここでは、子犬におすすめ成長スピードのな …

犬

犬のお座りの教え方・しつけ方|注意点や効果的なトレーニング方法

犬のしつけには、様々な種類がありますが、その中の一つに「お座り」があります。 お座りは、利用頻度が高い動作の一つであり、覚えさせると実用的でとても便利です。 ここでは、お座りの教え方について紹介してい …

犬

シニア犬・老犬向けのおすすめドッグフード|選び方のポイントは?

愛犬がシニア犬になったタイミングで、ドッグフードの切り替えを検討する飼い主の方は多いと思います。 愛犬が高齢になっても健康を維持するためには、日頃の食事がとても重要となってきます。 ここでは、シニア犬 …

二匹の白い犬

犬の散歩は食前と食後どちらの方が良いのか?

犬を飼っていると、散歩に連れて行くことがあると思います。 散歩をしてあげると、犬にとっても良い運動になりますし、とても喜んでくれますよね。 しかし、犬の散歩は、行くタイミングによっては、犬の体に負担が …

玉ねぎ、ニンニク

犬に玉ねぎはなぜダメなのか?食べてしまった時の症状は?

犬に玉ねぎを食べさせてはいけないということは、とても有名ですよね。 飼い主であれば、ほとんどの方が知っていますし、飼っていない方でも知っている人が多いと思います。 しかし、与えてはいけない理由や症状に …