原材料や成分などからおすすめドッグフードを紹介

ドッグフードの評価

アーテミス(フレッシュミックス)を原材料から評価|口コミや評判を紹介

投稿日:2018-12-08 更新日:

犬
こだわりの新鮮素材だけを使用したドッグフード「アーテミス ・フレッシュミックス 」。

アーテミス・フレッシュミックスは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。

ここでは、「アーテミス フレッシュミックス スモールブリードアダルト」を原材料や成分表などから評価していきたいと思います。

実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、今後のドッグフード選びの参考にしてみてください。

アーテミス(フレッシュミックス)の概要

総合ポイント4pt

評価基準
原材料   :
安全性   :
栄養バランス:
コスパ   :
食いつき  :
商品名 アーテミス フレッシュミックス スモールブリードアダルト
販売業者 株式会社ケイエムティ
フードの目的 総合栄養食
フードのタイプ ドライタイプ
価格 4,042円(税込)※Amazon参照
容量 3.0kg
100gあたり価格 134円
合成酸化防止剤 不使用
合成保存料・合成着色料 不使用
穀物 玄米、黍
原産国 アメリカ
対象年齢 成犬期 1〜7歳
賞味期限 開封前は製造後12ヶ月

アーテミス(フレッシュミックス)の特徴

肉類メインで高タンパク

主原料には、チキンやターキーといった肉類が使用されています。

そのほかにも、フレッシュサーモンやドライ魚肉など複数の動物性タンパク質をベストなバランスで配合しています。

動物性タンパク質を豊富に摂取することができるので、健康を維持するのに十分な栄養を摂ることができます。

ヒューマングレードを使用

原材料は、ヒューマングレードの品質のものを使用しています。

ヒューマングレードとは、人間が食べることができる品質という意味です。

粗悪な原料は使用せず、良質な原材料のみで作られています。

人工添加物無添加

原材料には、人工添加物が一切使用されていません。

人工添加物を使用しているドッグフードは、アレルギー反応を引き起こしたり健康に悪影響を与える恐れがあります。

愛犬の健康を考えると、人工添加物は不使用のドッグフードが望ましいです。

アレルギー性の低い穀物を使用

原材料には、玄米や黍といった穀物が使用されています。

犬は穀物を消化しにくいと言われることがありますが、製造過程で消化しやすい状態になっているので問題ありません。

アレルギーの心配をする方もいると思いますが、フレッシュミックスで使用している穀物はアレルギー性が低いものなので過度な心配はいりません。

穀物は有用成分を多く含んでいるので、適量であれば犬にとってメリットの多い食材です。

アーテミス(フレッシュミックス)の原材料

好ましくない原材料は赤色で表示しています。

危険な原材料についてはこちらを参照ください。

フレッシュチキン、ドライチキン、フレッシュターキー、玄米、黍、えんどう豆、えんどう豆粉、卵、豆タンパク質、鶏脂肪(混合トコフェロールによる保存処理済)、トマト搾り粕(リコピン)、フレッシュダック、フレッシュサーモン、ドライ魚肉、フラックスシード、チキンスープ(天然風味料)、サーモンオイル(DHA源)、塩、塩化カリウム、塩化コリン、乾燥チコリ根、ケルプ、人参、リンゴ、トマト、ブルーベリー、ほうれんそう、クランベリー、ローズマリーエキス、パセリフレーク、グリーンティエキス、大麦エキス、L-カルニチン、ラクトバチルスアシドフィルス菌、ビフィドバクテリウム アニマリス、ラクトバチルスロイテリ、ビタミンE、キレート鉄、キレート亜鉛、キレート銅、硫酸第一鉄、硫酸亜鉛、硫酸銅、ヨウ化カリウム、チアミン硝酸塩、キレートマンガン、酸化マンガン、アスコルビン酸、ビタミンA、ビオチン、パントテン酸カルシウム、硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、ビタミンB12、リボフラビン、ビタミンD、葉酸

フレッシュチキン、ドライチキン

筋肉や皮膚、内臓など体の組織を作るのに欠かせないタンパク質が豊富に含まれています。

チキンのタンパク質は必須アミノ酸のバランスが良いので、消化吸収に優れています。

粘膜を強くするビタミンA、皮膚の健康を助けるナイアシン(ビタミンB3)など健康に効果のある栄養素が多く含まれています。

フレッシュターキー

ターキーは、タンパク質がササミを上回るほど高く、脂質やカロリーは控えめとなっています。

皮膚の健康を助けるナイアシンやタンパク質や脂質の代謝に効果があるビタミンB6などが多く含まれています。

パントテン酸も豊富で、タンパク質・脂質・炭水化物の代謝を助けたりストレスへの抵抗力を高める働きがあります。

玄米

ビタミンB群が豊富で、ビタミンB1は糖質の代謝や疲労回復、ビタミンB2は脂質の代謝や粘膜・皮膚の健康維持、ビタミンB6はタンパク質や脂質の代謝に効果があります。

セルロース(不溶性食物繊維)も多く含まれているので、便通をよくする効果が期待できます。

カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルも豊富に含まれています。

えんどう豆

糖質の代謝を助け疲労回復に効果のあるビタミンB1、脂質の代謝をサポートし皮膚や粘膜の健康に効果のあるビタミンB2を多く含みます。

抗酸化物質として働くβ-カロテンも豊富に含まれています。

また、カルシウムやマグネシウム、リンなどのミネラルも多く含んでいます。

フレッシュサーモン

サーモンに含まれるアスタキサンチンは強い抗酸化作用を持っているので、細胞を健康な状態に保ち免疫力をキープすることができます。

DHAやEPAと呼ばれる必須脂肪酸は、血液をサラサラにする働きがあり血管の若返りにも効果的です。

糖質の代謝を促進するビタミンB1、脂質の代謝を助けるビタミンB2、骨の健康をサポートするビタミンDなどビタミン類も多く含まれています。

アーテミス(フレッシュミックス)の成分表

成分表の見方についてはこちらを参照ください。

粗蛋白質25.0%以上、粗脂肪15.0%以上、粗繊維4.5%以下、粗灰分6.8%以下、水分10.0%以下、オメガ6脂肪酸2.4%以上、オメガ3脂肪酸0.4%以上、カルシウム1.47%、リン1.00%、ナトリウム1.50%、マグネシウム0.35%
エネルギー(100gあたり):368.3kcal

口コミ

初めて購入してみましたが、嬉しそうに残さず食べています。
便の硬さもちょうどよく、臭いも少なくなりました。
気に入っているようで、あっという間に食べてしまいます。
以前と比べて、毛並みが綺麗になりました。
色々なフードを試してみましたが、これしか食べません。
少し高い気がしますが、原材料の質を考えると納得です。
うちの子には合わなかったようで食いつきが悪いです。
他のフードと混ぜてあげると食べてくれます。

便の状態が良くなった、毛並みが改善されたなど健康面での効果を感じている方が多数みられました。

食いつきも高評価が多いですが、一部合わない子もいるようなので小さいサイズから試してみるのも良いかもしれません。

まとめ

犬
アーテミス(フレッシュミックス)を評価しました。

ヒューマングレードや人工添加物無添加など、原材料の質はとても高いフードです。

穀物を使用していますが、アレルギーになりにくいものなので過度な心配はいりません。

安全性も高く、安心して与えられるドッグフードとなっています。

-ドッグフードの評価

          

関連記事

犬

アランズナチュラルドッグフードを原材料から評価|口コミや評判を紹介

自然素材にこだわって作られた「アランズナチュラルドッグフード」。 アランズナチュラルドッグフードは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか? この記事では、アランズナチュラルドッグフードを原 …

犬

グランデリドッグフードを原材料から評価|口コミや評判を紹介

グランデリを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 ここでは、グランデリ(ふっくら仕立て 全成長段階用ビーフ・鶏ささみ・緑黄色野菜・チーズ・角切りビーフ粒入り)を例に紹介していきます。 実 …

犬

いぬのしあわせを原材料から評価|口コミや評判を紹介

いぬのしあわせを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 ここでは、「いぬのしあわせ 小粒 1歳から」を例に紹介していきます。 実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、今後の …

犬

いぬひかりを原材料から評価|口コミや評判を紹介

国産・無添加のプレミアムドッグフード「いぬひかり」。 いぬひかりは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。 ここでは、いぬひかりを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 実際に …

犬

UMAKA(うまか)を原材料から評価|口コミや評判を紹介

ここでは、UMAKAを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 実際に購入した飼い主の方の口コミやお得な購入方法なども紹介しているので、今後のドッグフード選びの参考にしてみてください。 目次 …