原材料や成分などからおすすめドッグフードを紹介

ドッグフードの評価

ファーストチョイスを原材料から評価|口コミや評判を紹介

投稿日:2018-11-28 更新日:

犬
獣医師によって栄養バランスが考えられたドッグフード「ファーストチョイス」。

ファーストチョイスは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。

この記事では、「ファーストチョイス 成犬 小粒チキン」を原材料や成分表などから評価していきたいと思います。

実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、今後のドッグフード選びの参考にしてみてください。

ファーストチョイスの概要

総合ポイント3.1pt

評価基準
原材料   :
安全性   :
栄養バランス:
コスパ   :
食いつき  :
商品名 ファーストチョイス 成犬 小粒チキン
販売業者 アース・バイオケミカル
フードの目的 総合栄養食
フードのタイプ ドライタイプ
価格 2,145円(税込)※Amazon参照
容量 6.7kg
100gあたり価格 32円
合成酸化防止剤 不使用
合成保存料・合成着色料 不使用
穀物 コーン、米、コーングルテンミール
原産国 カナダ
対象年齢 成年齢
賞味期限 開封前は製造から1年半、開封後は4週間

ファーストチョイスの特徴

人工添加物無添加

原材料に、合成酸化防止剤や合成着色料などの人工添加物を使用していません。

人工添加物は、与え続けることによって犬の健康に悪影響を与える恐れがあります。

愛犬の健康を考えるのであれば、人工添加物無添加のフードを選ぶのが好ましいです。

酸化防止剤についても、天然由来のものを使用しているので安全性が高いです。

第一主原料がコーン

ファーストチョイスは、第一主原料にコーンを使用しています。

コーンは穀物なのでアレルギーの心配をする方もいると思いますが、アレルギーを持っているワンちゃんは全体の5%以下なのでそれほど多くありません。

コーンはGI値が高いので、血糖値が上がりやすく過剰に摂取すると肥満のリスクが上がります。

もともと肉食動物である犬にとって、第一主原料は動物性タンパク質を含む肉類が好ましいです。

脂肪が控えめ

ファーストチョイスは、脂肪が控えめに作られています。

日本は室内で飼っている小型犬が多いので、消費するカロリーも少なくなります。

低脂肪設計のファーストチョイスは、日本で飼われている多くのワンちゃんに最適な脂肪量となっています。

ビートパルプを使用

原材料に、ビートパルプが使用されています。

ビートパルプとは、甜菜(砂糖大根)から糖分等を搾り取った残りカスです。

製造過程で使用した薬剤が残留している可能性や過剰摂取で便秘になる恐れがあります。

ファーストチョイスの原材料

好ましくない原材料は赤色で表示しています。

危険な原材料についてはこちらを参照ください。

コーン、鶏肉、米、コーングルテンミール、鶏脂、ビートパルプ、たん白加水分解物、大豆レシチン、魚油(DHA源)、乾燥トマト(リコピン源)、酵母、全粒亜麻仁(オメガ3・6脂肪酸源)、マンナンオリゴ糖、乾燥チコリ(イヌリン源)、ユッカ抽出エキス、L-カルニチン、ビタミン類(A、D3、E、C、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン)、ミネラル類(リン、ナトリウム、クロライド、カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛、マンガン、セレン、ヨウ素)、酸化防止剤(ビタミンE) 

コーン

必須脂肪酸のリノール酸多く含んでいるので、血中コレステロール値や中性脂肪値を抑える働きがあります。

ビタミンB1やビタミンB2といったビタミンB群が豊富で、カルシウム・マグネシウム・カリウム・鉄分など各種ミネラルも多く含んでいます。

高GI値なので血糖値が上昇しやすく、摂りすぎると肥満等のリスクが上がります。

鶏肉

筋肉や皮膚、内臓など体の組織を作るのに欠かせないタンパク質が豊富に含まれています。

鶏肉のタンパク質は必須アミノ酸のバランスが良いので、消化吸収に優れています。

粘膜を強くするビタミンA、皮膚の健康を助けるナイアシン(ビタミンB3)など健康に効果のある栄養素が多く含まれています。

エネルギーの源となる炭水化物をはじめ、タンパク質・脂質・食物繊維などを豊富に含んでいます。

ビタミンも豊富で、疲労回復に効果のあるビタミンB1や抗酸化作用のあるビタミンEなどを多く含みます。

鉄分やカルシウム、亜鉛など各種ミネラルも多く含んでいます。

コーングルテンミール

コーングルテンミールとは、トウモロコシからデンプンを取り除いた残りカスのことです。

トウモロコシよりも高タンパクですが、お肉に比べるとアミノ酸のバランスが悪いです。

糖質が高いので、過剰に摂取すると糖尿病などのリクスが上がります。

鶏脂

鶏脂は他の動物性脂肪よりもコレステロールが少なめで、抗酸化作用の高いビタミンEが多く含まれています。

体に有毒な活性酸素を抑制するセレンも豊富なので、筋肉や肌、血管などの老化を防ぐ効果があります。

ファーストチョイスの成分表

成分表の見方についてはこちらを参照ください。

粗たん白質24%以上、粗脂肪9%以上、粗繊維5%以下、粗灰分9%以下、水分10%以下
エネルギー(100gあたり):333kcal

口コミ

前からずっとこのフードを与えています。
食いつきがとてもよく、健康状態も問題ありません。
三匹の犬を飼っていますが、みんな嬉しそうに食べています。
価格も安いので満足です。
こちらのフードに切り替えてから涙やけがなくなりました。
うちの子には合っているようなのでこれからも買い続けます。
好き嫌いが多い子ですが、よく食べてくれます。
下痢や嘔吐も特にありません。

口コミは高評価が多く、ほとんどの飼い主が満足しているようです。

人工添加物を使用せず、価格も比較的リーズナブルな点が評価されているようです。

まとめ

犬
ファーストチョイスについて評価しました。

第一主原料にコーンを使用している点は残念ですが、人工添加物を使用していない点は評価できます。

価格がリーズナブルなので、コストパフォーマンスを重視するのであれば選択肢の一つにしても良いかもしれません。

-ドッグフードの評価

          

関連記事

フィッシュ4ドッグ(スーペリア)を原材料から評価|口コミや評判を紹介

フィッシュ4ドッグ(スーペリア)を原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 ここでは、「フィッシュ4ドッグ スーペリア アダルト」を例に紹介していきます。 実際に購入した飼い主の方の口コミな …

犬

ブッチドッグフードを原材料から評価|口コミや評判を紹介

全犬種オールステージ対応のチルド型ミートフード「ブッチ」。 ブッチは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか? この記事では、ブッチドッグフードを原材料や成分表などから評価していきたいと思い …

犬

オリジンドッグフードを原材料から評価|口コミや評判を紹介

ペットフード・オブ・ザ・イヤーを3年連続で受賞するなど国際的に高い評価を得ている「オリジン」。 オリジンは、愛犬の健康維持に最適なドッグフードなのでしょうか。 ここでは、オリジンドッグフードを原材料や …

ケーナインヘルスを原材料から評価|口コミや評判を紹介

ここでは、「ドクターハーヴィーズ ケーナインヘルス」を原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 実際に購入した飼い主の方の口コミなども紹介しているので、今後のドッグフード選びの参考にしてみて …

ボッシュを原材料から評価|口コミや評判を紹介

ボッシュを原材料や成分表などから評価していきたいと思います。 ここでは、「ボッシュ ハイプレミアム ミニアダルト ラム&ライス」を例に紹介していきます。 実際に購入した飼い主の方の口コミなども …